昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

火星には水がある。NASAが発表

火星

毎日フランス語を勉強したい人へ⇒2017年版、フランス語学習用日めくりカレンダーのレビュー。

火星には水があることをNASAが発表したニュースを紹介します。

これまで火星は全面的に砂漠だとされていました。ただ、火星に水があるのではないか、という憶測はずっと前からありましたね。

火星は赤いのですが、たまに暗い青色のところがあったり、端っこが白かったりします。これは一体何であろうか、と研究者たちは不思議がっていたのです。

これまでは水の存在の裏付けが取れませんでしたが、最近の観測により、これを証明することができたそうです。

ニュースはこちら。動画のあとにスクリプトと和訳、単語メモをつけます。


De l’eau liquide (et très salée) sur Mars 火星に水(とても塩辛い)が存在する

De l’eau liquide sur Mars, il y a des preuves ! La Nasa a annoncé ce lundi que des ruisseaux de saumure, soit de l’eau saturée en sel, coulaient à la surface de la planète rouge, leur observation étant désormais suffisamment documentée par un spectomètre de l’agence américaine.

火星の表面に水があることが証明されました。この月曜日、NASAが、たぶん地表から染み出てきている塩水が、赤い星(火星のこと)の表面を流れていることを発表しました。彼らの観測が、アメリカのエージェンシーの分析器によって裏付けられました。

Très visibles lors de l‘été martien, elles sont moins en automne et en hiver.

水の流れは、火星の夏によく見られ、秋や冬はあまり見られません。

Les rumeurs étaient de plus en plus pressantes mais désormais comme l’ont dit les ingénieurs de la Nasa, le mystère de Mars est percé :

“Ces découvertes sont très importantes, mais elles ne sont qu’une partie du cycle hydrologique de Mars, que nous commençons seulement à comprendre. Ce que nous annonçons aujourd’hui, c’est que Mars n’est pas cette planète sèche et aride, comme nous l’avons cru dans le passé”.

水の存在のうわさは、次第に有力になってきていましたが、NASAのエンジニアが発表したように、火星の神秘が解明されたのです。

この発見はとても重要です。しかし、これは火星の水の循環のほんの一部に過ぎません。糸口をつかみ始めたばかりなのです。

きょう、私たちが皆さんにお伝えすることは、火星はこれまで考えられていたような、乾いた惑星ではないということです。

Y a t-il, ou y a t-il eu de la vie à la surface de Mars ? L’hypothèse, désormais, ne peut plus être exclue.

火星に生命体が存在するのか否か?今後は、この仮説を除外することはできません。

☆元記事は削除されたのでリンクをはずしました(2016/10/24)。

単語メモ

ruisseau de  ~の流れ、流出

saumure  塩水

documenter  資料で裏付ける

spectromètre  分光計、ここでは分析器としました。

pressante   執拗な

percer  解明する

L’hypothèse, désormais, ne peut plus être exclue.
この仮説は、今後は、もう除外することはできない。
つまり、水の存在が明らかになったので、生命体の可能性も充分あるということです。


同じニュースの英語版

スクリプトはこちら⇒Is there life on Mars? NASA announces liquid water discovered | euronews, world news

火星に水があるということがわかったので、生命体(微生物とか)がいる可能性も出できました。火星は大昔は地球のような星だっと言われています。

現在の火星はいつも氷点下で、大気も少なくほとんど死んだ星に見えますが。昔は火星人の出てくるSFがよくありましたが、人間が火星人となることも、遠い将来には起こりうるかもしれませんね。







関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

アーカイブ

このブログの中を検索

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^