昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

歌と訳詞:エルトン・ジョンの「僕の歌は君の歌」のフランス語版

緑の葉

こんにちは。penです。
きょうは私の大好きな曲のフランス語のカバーをご紹介します。

エルトン・ジョンのYout Song。
邦題は「僕の歌は君の歌」1970年のヒット曲です。

フランス語版は C’est Ta Chanson 「これは君の歌」

歌っているのはミシェル・デルペッシュ。
この人は「青春に乾杯」という歌で有名ですね。

では、まず聞いてください。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒ミシェル・デルペッシュ「僕の歌は君の歌」

フランス語バージョンはエルトン・ジョンのロックな感じが抜け落ちてますが、それほど悪くはないと思います。

それでは訳詞に挑戦。

C’est Ta Chanson これは君の歌

ずっと言わなければと思っていたんだ
僕の気持ちを
隠すのは得意なほうじゃないし
あのさ
僕、お金はそんなにない
でも、もしお金があれば
家を買って
二人で住むよ

もし彫刻家だったら…
いや、違うな、
旅回りの劇団の
手品師だったら
たいしたことじゃないんだ
僕の贈り物は、僕の個人的なもの
ただの歌なんだ
でも、これね
これはきみのための歌だよ

★Tu peux le dire à tout le monde
C’est ta chanson
Elle est peut-être simple mais
Fais pas attention
Oh ne m’en veux pas (2x)
Tout ce que j’ai voulu faire
C’est dire que je suis heureux
Que tu sois sur la terre

みんなに言っていいよ
この歌のこと
シンプルすぎるかもしれないけど
気にしないで
悪く思わないでほしい 
悪く思わないでほしい
僕がしたかったのは
君にこう言うこと
僕は幸せなんだ
君がこの世界にいてくれて★

芝生の上にすわって
草を引っこ抜いてた
少しばかり
気に入らないフレーズもあったけど
でも、ほら、これはきみのだよ
僕が作ったこの歌は
太陽が僕にヒントをくれたんだ

ああ、忘れてごめん
全部は覚えてないんだ
僕たちにはわからない
人生が灰色かバラ色かなんて
とにかく、大事なことは
今夜、僕が君に言いたいこと
君の瞳は世界で一番
やさしいってことなんだ

★~★繰り返し

米歌詞はこちらを参照しました⇒Paroles C'est Ta Chanson – Michel Delpech

単語メモ

ambulant 移動する、巡回する
cirque ambulant 旅回りのサーカス

en vouloir à qn/qc 人を恨む、悪く思う

Elle en veut à son mari de l’avoir trompée.
彼女は浮気をされたことで夫を恨んでいる

Tu m’en veux ?
私のこと怒ってる?

Ne m’en veuille pas.
悪く思うなよ。

pelouse 芝生

arracher 根本から引き抜く

s’énerver いらだつ

補足

Oh excuse-moi d’oublier
Les mots de toutes ces choses
Tu vois, on ne sais jamais
Si la vie est grise ou rose

「忘れてごめん」とあやまっていますが、何を忘れたかというと「こういうことすべての言葉」

ここがよくわからなかったのですが、「うまく言えなくてごめん」ぐらいの意味だと思います。自分の気持ちを歌にしてみたけど、自分でも気に入らない箇所があると言ってますから。

フランス語版の歌詞はだいたいオリジナルと同じですが、オリジナルでは芝生ではなくて、屋根に座ってこの曲を作っています。

I sat on the roof and kicked off the moss

そして、苔を蹴散らしていたと。

フランス語で「芝生」なのは、roof と pelouse の「うー」という音が一緒だからでしょうね。

芝生の上には苔がないので、「草を引き抜いた」となったのでしょう。そして、そのあといきなり、人生が灰色かバラ色かなんてわからない、なんて言ってます。

屋根に座る箇所は、オリジナルの詩のほうがずっといいんです。

I sat on the roof and kicked off the moss
Well a few of the verses well they’ve got me quite cross
But the sun’s been quite kind while I wrote this song
It’s for people like you that keep it turned on

屋根の上で、彼女に捧げる曲の詩を考えている。
うまい言葉が見つからなくて、いらついて、苔を蹴散らす。
でも、曲を書いてるあいだ中、太陽の光がふりそそいでくれた。この歌は君みたいな人のための歌。太陽みたいにいつも元気をくれるような人の。

てな感じでしょうか。

エルトン・ジョン「僕の歌は君の歌」

オリジナルはこちら。歌詞つきをご紹介します。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Your Song – Elton John lyrics

作詞はバーニー・トーピン。作曲がエルトン・ジョンです。

いかがでしたか?
太陽ってありがたいですね。

私、この曲が好きで、もう何回聞いたかわかりませんけど、あきませんね。いろんな方がカバーしていますが、オリジナルを超えるものはできないと思います。

それでは、次回の歌の記事をお楽しみに。



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^