歴史

  1. リメンブランスデイのポピー

    時事ニュース

    なぜ赤いケシの花(ポピー)を身につけるのか?11月11日はリメンブランスデイ(戦没者追悼記念日)(後…

    11月11日のリメンブランスデイに関する記事の後半を紹介します。前半では、第一次世界大戦の戦没者追悼記念日である、リメンブランスデイにイギリスやイギリス…

  2. ケシの花

    時事ニュース

    11月11日はリメンブランスデイ(戦没者追悼記念日)。赤いケシの花の日です(前編)

    リメンブランスデイ(Remembrance day)について書かれたEuronewsの記事を紹介します。リメンブランスデイは日本ではあまり知られていない…

  3. 自由の女神像

    フランスにまつわるあれこれ

    自由の女神像は、フランスからアメリカへの贈り物(後編)

    自由の女神に関する動画、Statue de la Liberté - Le monument le plus célèbre des États-Unis fê…

  4. 自由の女神像

    フランスにまつわるあれこれ

    自由の女神像は、フランスからアメリカへの贈り物(前編)

    ニューヨークにある『自由の女神像』は、アメリカ合衆国の独立、100周年を記念して、フランスがアメリカに贈呈したものです。フランス人の寄付によって作ら…

  5. 雄鶏

    フランスにまつわるあれこれ

    なぜ雄鶏がフランスのシンボルなのか?

    フランスのナショナルチームのユニフォームに雄鶏がついていることがありますが、これは、雄鶏がフランス共和国のシンボルの1つだからです。しかし、マリアンヌの…

  6. パリ

    フランスにまつわるあれこれ

    ギロチンの歴史(後編)

    ギロチンの歴史を説明している動画の後編です。後半ではは、フランス以外の国、とくにドイツでのギロチンの使用について説明されています。ギロチンの利用…

  7. パリ

    フランスにまつわるあれこれ

    ギロチンの歴史(前編)

    フランスで1792年から1977年まで使われていたギロチンを解説している動画を紹介します。ギロチンは、フランス革命時代に開発され、特にその頃よく利用され…

  8. コインの中のマリアンヌ像

    フランス語を読む練習

    フランスの象徴、マリアンヌ像はどのようにして生まれたか?

    フランスという国を象徴するとき、マリアンヌという名前の若い女性の胸像がよく使われます。このマリアンヌは実在の人物ではなく、単なる象徴です。マリア…

  9. 洞窟

    フランス語を読む練習

    ラスコー洞窟はどんなふうにして発見されたのか?

    いまから80年前の、1940年9月12日に、南フランスのモンティニャックの近くで旧石器時代の洞窟が発見されました。ラスコー洞窟です。動物の壁画で…

  10. フランスにまつわるあれこれ

    ギャンゲットへのいざない。

    ギャンゲット(guinguette)の説明をしている4分の動画を紹介します。ギャンゲットは、18世紀~19世紀にパリの郊外で、たくさんの人が楽しんだ、野…

更新情報をメールで配信中。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ
お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP