昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

カナダには試練が待っていた~penのプロフィール(2014年版)~後編

空港

こんにちは。フランス語愛好家のpenです。
ブログ開設1周年記念の自己紹介、後編です。

前編はこちら⇒私がカナダに来た理由~penのプロフィール(2014年版)~前編

きょうもちょっと長いですよ。

初日は散々でした。

1時間20分遅れで飛行機が出発。
バンクーバーのイミグレ通過に2時間かかる。
乗り換えの便を逃しました。

予定の飛行場に行く便はもうありません。
別の飛行場に行くしかなくなりました。

「先生の弟さんに電話しなくちゃ。」
空港で待ってくれているはずでした。

小銭がいります。
「トラベラーズチェックを現金にしよう。」
銀行の出店の窓口に行きました。

窓口の女性はすんなり両替しません。
「買い物すればいい」と言うのです。
しかも、途中からヘタな日本語で話してきます。

こっちは英語で話してるのに。

買い物して小銭を作り、電話ボックスへ。
どれがいくらの硬貨なのかわかりません。

「足りません。」

公衆電話のテープの声が言います。
冷や汗が出てきました。

やっと留守電にメッセージを残しました。
翌日、ようやく空港に降り立ちます。
先生のおばあさんが出迎えてくれました。

風が強い日の午後遅い時間。
季節はちょうど今頃です。
雪が溶けかけていました。

    ***

4月から大学つきのESL(語学学校)へ。
夏に私立の語学学校にも通いました。

この頃、先生の弟さんの結婚が決定。
古い大きな家に引っ越しました。
複数の学生を受け入れている下宿屋です。

9月からコミュニティ・カレッジに進学。
「太平洋沿岸諸国のビジネス」プログラム。
ビジネス+アジア諸国の文化を学びます。

新規で開講されたばかりのコース。
たまたま新聞で見つけたのです。

生徒は25人。
私より若い人も年上の人もいました。
みんな気さくでそこそこ親切です。

女子は7人だけ。
私より10歳ほど若い3人と仲良くなりました。

3人ともすでに、大学の修士号保持者。

週に3回中国語を学びました。
マンダリンです。
語学はきついです。

他の科目も大変でした。
とにかく読む量と書く量が膨大です。

他の生徒との英語力の差は歴然。

日本で英語関係の資格は制覇していました。
でも試験はあくまでも試験。
放課後は毎日死ぬほど勉強です。

特に苦労したのは法律とアジアの歴史。
教科書のボリュームが半端ではなかったから。
留学生だからといって特別扱いは一切なし。

内容はどれも面白かったのですが。

このコースの売りは卒業前の海外研修。
6週間、アジアの企業で働けるのです。

香港かシンガポールに行こう。
気に入れば、現地で就職のあたりをつけて。

そう思っていました。

でも卒業間際に妊娠してしまいました。
もちろん当時は未婚。
一気にいろんな問題に直面しました。

・産むのか産まないのか?
・産むならどこで産むのか?
・ビザはどうするか?
・お金はどうするか?
・生んだあとどこに住むのか?

当時は学生ビザで滞在していました。
卒業したら観光ビザに切り替えです。
お金は留学で使い果たしていました。

諸事情で父親側には頼れません。
すべての問題を自分で解決せざるを得ない。
そんな状況でした。

もう海外研修には行けない。
これははっきりしていました。

キャリアアップのために留学したのに。
完全に予定が狂いました。

考えた末、産むことにしました。

研修先はカナダ国内の企業に変更。
「英語圏で仕事をしたいので。」
嘘をつきました。

電話帳で医者を見つけました。
州の保険にもあわてて加入。

国際ビジネス法の講師に相談。
彼の本業は弁護士でした。

妊娠を打ち明けたのはこの講師だけ。

もう勉強どころではありません。
それまで良い成績を取っていました。
でも、最後の学期はぼろぼろです。

幸い経過は順調でした。
おなかもあまり目立ちません。

5月、妊娠は内緒にして研修先へ。
まじめに働いていたせいでしょうか?
正社員のお誘いを受けました。

しぶしぶ妊娠を告げ、断りました。
6週間の研修は無事終わりました。

予定日は9月の終わり。
この2週間前に学生ビザが切れます。
ビザが切れると健康保険が使えない。

早く産まれてきてもらわなければ…

私にできることと言えば、
天に祈ること、
そして歩くこと。

「出産を軽くするには運動が最適」
立ち読みした雜誌のアドバイスです。

なるべく体を動かしました。

研修も終わり、学校も卒業。
時間はあります。
用事をこなす時はとにかく歩きました。

時は初夏から夏。
日が長くさわやかで、緑が美しい。
一年中で最も気持ちのいい季節。

住む家の当座のめどはたちました。
「ベイビーと住んでもいいよ。
半年ぐらいならね。」

大家さんのご好意です。

予定日の数日前にドラッグストアへ。
紙おむつ、おしり拭き、ベビーパウダー。
必要なものを買い整えました。

資金不足でベビーベッドは買えず。
「最初は乳母車に寝かせよう。」

財布がカラになりました。

出産は予定日より早く訪れました。
夜中の一時過ぎに出血。
電話でタクシーを呼んで病院へ。

緊急患者用の入り口で車椅子に。
待合室のような所へ運ばれました。

この時すでにかなり出産に近い状態。
ほどなく、産室のベッドへ。

親切な看護婦さんがついてくれました。
とても明るくて、しっかり者ふうの人。

「マタニティのクラスに行ってません。」
「大丈夫よ。呼吸法なんて。
今ここで私が教えてあげる。」

笑顔で答えてくれました。

産室に入ったのは午前2時ぐらい。
子どもは6時13分に生まれました。

数時間後。
病室に透明のケースが運ばれてきました。
生まれたての赤ちゃんが入っています。

低い鼻が私とそっくりの女の子。

私のベッドの横で静かに眠っていました。
それはまるで小さな仏陀のようでした。

こんな私のところに来てくれた。
行き当たりばったりの私のところに。
感謝の気持ちでいっぱいでした。

    ***

8年後、この赤ちゃんは小学生。
学校でフランス語を学び始めました。

宿題をみてあげたい。
そう思って私もフランス語を始めました。

小学生は高校生になりました。
もうフランス語を勉強していません。
でも私は続けています。

〈終わり〉

長いプロフィールを読んでいただき、ありがとうございました。



  1. やっぱり最後少し泣けました。
     PENさんがとつとつと語る物語になぜか、自分を重ねてしまうのです。(私は仕事も出来ないし、英語もフランス語もだめですが)
     私も30代のころは色々自分の仕事で悩みました。そして大阪から上京して、整体の勉強を始めたのに、結婚してフランスに来てしまいました。
     こちらのページには、勉強の為、毎日お世話になっていますが、又ご自身のストーリーを乗せて頂けたら嬉しいです。

      • フランス語愛好家
      • 2014年 3月 15日

      あくびさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      20代後半から30代って迷いますよね。
      まあ、みんな悩んで年をとっていくのかな。

      >ご自身のストーリー
      どんな話がいいでしょうか?またリクエスト聞かせてくださいね。
      「penのこと」というカテゴリー、作ろうかな~。

    • Chika
    • 2014年 3月 15日

    初めまして。
    私も一児(…といっても、もう大学生ですが)の母です。
    Penさんの勇気と頑張り、お子さんへの愛情に心打たれました。

      • フランス語愛好家
      • 2014年 3月 15日

      Chikaさん、はじめまして。
      長いプロフィールを読んでいただき、ありがとうございます。

      おお、大学生のお子様がいらっしゃるのですね。
      もう安心ですね。

      勇気と頑張りってほどでもないですけど、まあ
      自分で引き起こしたことだから、自分で後始末をしなければならなかったというか。

      私、それまでは結婚したいとか、子どもがほしいとか、
      まったく、考えていなかったんですね。

      でも、子どもを授かりまして、よかったと思ってます。
      幸運でしたね。

    • tina
    • 2014年 3月 15日

    こんにちは
    道は自分の歩いた後にしか出来ないのだなぁと感じました。
    さあ、私も頑張ろう!という気持ちになって
    また今日もフランス語に向かい合います。

    私も毎日Penさんにお世話になっています。
    いつもありがとうございます。

      • フランス語愛好家
      • 2014年 3月 15日

      tinaさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      そうですね。道って自分の歩いた後にできますね。
      つまり過去。過去があって今がある。
      過去にどんなことがあったとしても無駄なことはなかったのかもしれません。

      こちらこそ、いつもブログを見ていただきありがとうございます。
      これからもよろしくお願いします。

    • アン
    • 2014年 3月 15日

    昔は(?)便利なツールが無くて、外国は今よりずっと遠かったですよね。
    PENさん、カナダとご縁があったんですね。やっぱ、運命の恋人みたいな~?

      • フランス語愛好家
      • 2014年 3月 15日

      アンさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      昔・・・こっちにきたの1996年なんでそんなに前でもない気がするけど、
      前世紀だし、やっぱインターネットのない頃だから昔ですかね~。

      ネットで一気にグローバルになりましたから、やっぱり外国は遠かったのかな。

      ご縁があったんでしょうかね?ずっとトリュフォーの映画などが好きで、ヨーロッパ系の人だと友だちに思われていたらしく、みんな、なんで北米なの?って驚いてました。

    • johnnie kazuo sekiya
    • 2016年 10月 07日

    Penさん、こんにちは。フランス語を勉強するにいたった個人的なお話を興味深く読ませて頂きました。人生の機微色々と考えさせられます。ペンさんは、学習期間が短いのにもかかわらず、到達度が早いし、随分と勉強させて頂いています。僕も実生活では何の役にも立たないフランス語を学んでもう半世紀以上です。シャンソンが好きになってその延長線上でフランス語が好きになり、大学時代は経済学を学びながらフランス語の観光通訳をアルバイトとしたり、そんな面ではフランス語も少しは役に立ったかなーと思います。現在は全くフランスとは関係ない環境なのですが、勉強は細々と続けています。そんな点ではペンさんの存在は大変貴重です。刺激になり、学習意欲を盛りたててくれます。今後とも宜しくお願いします。

      • フランス語愛好家
      • 2016年 10月 08日

      johnnie kazuo sekiyaさま

      こんんちは。penです。
      プロフィール読んでいただき、ありがとうございます。

      johnnieさんは、フランス語学習の
      大先輩ですね。

      私は、全然たいしたことありません。

      フランス語は実生活に役立たないとは
      思いません。日本語だけしゃべっていると
      わかららない視点が得られるのではないでしょうか?

      私はかなり細々とフランス語を学習していますが、
      以前より、日本語力がつき、英語のことも
      よくわかるようになりました。

      最近ひじょうにスローな更新で
      申し訳ありません。

      こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^