昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

私がカナダに来た理由~penのプロフィール(2014年版)~前編

レトロスーツケースを持って旅立つ女性

こんにちは。フランス語愛好家のpenです。
ブログ開設1周年を記念して、きょうは私の自己紹介です。

え、自己紹介?
はじめまして~フランス語愛好家とは?にあるじゃん?

そう思う方はこのブログを、すみずみまでごらんになっていますね。
ありがとうございます。

きょうはその中の「昭和のOL時代」にある1行、
会社をやめたあとカナダに留学。
このあたりの事情を書いてみます。

というのも、今私がフランス語を学んでいるのはこれがきっかけ。

毎日わくわくしながら暮せているのは、
ここにつながっているな~、と思うからです。

語学には関係ありませんが、興味のある方はごらん下さいね。
ちょっと長いですよ。

20代後半のころ。

私は息苦しさを感じていました。
未来が感じられなかったから。

「このままじゃだめだよね。」

ても、何も行動が起こせませんでした。

会社では貿易関係の事務員。
時に、海外から来たお客さまのアテンドをしたり。

多少英語ができたのです。
短大で英語を専攻していたから。

とはいえ私はただのOL。
自分の仕事以外に、雑用が多かったです。
どんどん雑用を受けました。

なまじ、仕事ができたのです。

毎朝のお茶くみはほかの女子社員と交代で。
お客さん用に果物の盛り合わせを作ったり。

どんなに熱心に働いても、昇給や、昇進とは関係ない。

男子社員に頼まれ近所に買い物に出た時のこと。
同じ会社のデザイナーさんに会いました。
彼は私にこう言ったのです。

「あ、お使い?」

そう、お使い。

私は親にお駄賃をもらってお使いをする子ども。
隣に座っている男子社員の使い走り。

これから、何十年も使い走りなのかな?
給料も上がらない雑用係?

むなしい気持ちでいっぱいでした。

仕事は嫌いではなかったです。
でも、正当に評価されていないと思っていました。

キャリアアップめざし、資格を取ったこともあります。
簿記やワープロの検定は2級まで。
英語も続けていました。

ある日趣味で習っているピアノの先生に、
「検定に受かりました。」
と報告しました。

先生はこう答えました。

「すごいわね。
でもそうやっていろいろ資格をとっても、
仕事に活かせないのね。」

・・・確かにそうです。
いくら資格をとっても、
虚しい気持ちに変わりなし。

結局は自己満足。

「どうしよう。このままじゃだめだ。
もっと何か決定的なことをしないと。
決定的なことって?・・・今の会社をやめる?」

会社では、夏ごろ上司が女子社員に質問します。
「まだやめませんよね?」と。

女子は結婚で退職する可能性があるから。
欠員が出るなら採用しなければなりません。

「来年もお世話になります。」

そう私は答えていました。

ある雨の朝、出勤してくる上司を待ちぶせしました。
折りたたみ傘を畳んでいる上司に、突然

「すみません。やっぱりやめます。」

言い放ちました。
驚いていた上司の顔をまだ覚えています。

私は27歳でした。

    ***

会社をやめて派遣社員になりました。
でも、状況は変わりません。
派遣先で便利に使われる存在になっただけ。

派遣は専門職だと思っていたのに。
前にもましていろんな仕事をしました。

「penさんは、何でもこなされるね。」
派遣先では、重宝されました。

でも、それだけです。

時給はあがりました。
が、社会保険とボーナスがないぶん、
年収はマイナス

10ヶ月の契約で入ったある派遣先。
契約更新が続き3年以上いました。

となりに座ってる正社員より働いていました。

次の契約更新はしませんでした。
「お願いだから続けて!」
先方にも派遣会社にも懇願されたけど。

突然私が、わがままでやめたかのようでした。

前の会社の雨の日と同じ。
あの時から5年もたっていたというのに。

契約を切られるときは文句は言えない。
でも、更新を断るときは、
そんなに簡単ではない。

「これじゃだめだ。
正社員より、もっと先が見えない。」

    ***

派遣社員はやめ、また正社員になりました。
勤務先は小さな会計事務所。
雑用係に戻ったのです。

ある日千種駅で、チラシを手渡されました。
パソコンスクールのチラシです。
当時は1990年代。Windowsが出たばかりの頃。

「パソコンスキルを身につけて、何かやれるかも?」

仕事のあと、ここに通い始めました。
中区にある高層ビルです。
できたてのビルはキラキラしていました。

ここでベーシックを学びました。
プログラミング言語です。

学んだといっても、パソコンに向い、
説明をどんどん読んでいくだけ。

なんにも頭に残りません。
しかもすごく退屈。
途中からわけがわからなくなりました。

質問できるインストラクターはいました。
けれど、質問を思いつきません。
ほどなくベーシックは挫折。

次にグリーティングカード作りにチャレンジ。

すぐにできました。

「カードを作って、それでどうするの?
「パソコンスクールに入ったのは失敗だったかも。」

ふと見渡すとワープロや英会話のクラスがあります。
そこはワンフロアで3つ教えていたのです。

1年分の授業料を払っていた私。
ワープロを試すことにしました。
すでに、経験があったけど。

ワープロはお年を召した先生。
ソリがあわず、数回で辞めました。

「パソコンはもういやだし、英会話をやるしかないか。」

しばらくご無沙汰していた英語。
再開することにしました。

ここで、いい先生に出会いました。
私より8歳年下のD先生。

「それまで会った先生の中で教え方が一番うまい。」

そう思いました。
相性がよかったのかもしれません。

D先生とお話をするのが楽しみでした。
私のレベルはどんどん上がりました。
レベルといっても、英語のスキルではありません。

単に、この学校のクラス分けのレベル。

一番上のレベルになりました。
プライベートレッスンが多くなります。

社会に失望してることを話しました。
自分に自信がないことも。勇気がないことも。
どうしたらいいのかわからないことも。

先生には英文日記の添削もしてもらっていました。

「penは書く力があるから、そっちに進んだら?」
「え?間違いだらけでしょう?」

「文法が正しくてもつまらない文はいくらもある。
penの文章はおもしろいから。
そうだ、カナダに留学しなさい。」

D先生はカナダ出身なのです。
カナダなら日本社会より女性が活躍できるから、と。

「それならば」、とカナダに行くことにしました。

私は留学の準備を始めました。
下宿先は先生の弟さんの家。

半年後カナダに旅立ちました。

18年前の1996年の3月15日。
あと1ヶ月ほどで37歳でした。

この続きはこちら⇒カナダには試練が待っていた~penのプロフィール(2014年版)~後編



    • にゃんチキ ただいま37歳!
    • 2014年 3月 14日

    読んでいて、わくわくしました!続きが気になります!

      • フランス語愛好家
      • 2014年 3月 15日

      にゃんチキさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      あら、37歳でしたか。お若いです。

      続きはきのう書きましたよん。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^