浅草寺

フランス語でガイドする日本

神社でおみくじをひく。おみくじには長い歴史あり。

フランスダイレクトスクールの動画教材、Voyage au Japon(日本の旅)シリーズの第3話の受講メモです。

第1話⇒古き街、浅草~日本の旅 #1

第2話⇒東京スカイツリーへ~日本の旅 #2

今回は仲見世通りを歩いて浅草寺に行きおみくじを引きます。

字幕なしの動画が公開されていますのでごらんください。

■きょうのメニュー

  • 3つのキーフレーズと解説
  • 豆知識:おみくじ
  • それでは復習、行ってみよう!



    3つのキーフレーズと解説

    いいわね

    今回のキーフレーズはすべておみくじをひくシーンから。
    「おみくじ、ためしてみる?」とケンに言われて。

    ええ、やってみたいわ。
    おみくじを引く

    Oui, pourquoi pas ?

    pourquoi pas ? は人に何か提案されたとき、同意するときの表現。
    直訳すると、「なぜそうしないのか?」⇒「もちろんやるよ。」

    Tu viens avec nous ? –  Pourquoi pas ?
    一緒に来る? – もちろん。

    英語の ”Why not?” と全く同じ表現です。

    最悪

    ティファニーがひいたおみくじは「末吉」でした。
    これをケンは moins bien (より少ない幸福)と言っています。
    それに対して

    最悪ってこと?
    おみくじ

    C’est le moins bien?

    le moins bien と定冠詞をつけると、最上級になるので、「1番幸福が少ない」となります。

    それはおみくじで言えば、大凶ですね。「吉」とついてるのは、まだよいのです。

    ティファニーがこのあと
    Ça, c’est intermédiaire en fait ?
    中間ぐらい?

    と聞いてますが、「末吉」はまさしくちょうどまんなかあたり。
    このあと「末小吉」がある神社もあります。

    フランス語でいえば、ni bon, ni mauvais あるいはcomme ci comme ça ですかね。

    最上級についてはこちらをどうぞ⇒「まいにちフランス語」20:L42~最上級

    全部悪いわけではない

    おみくじの説明が続きます。
    願い事は叶うけれど、時間がかかると紙に書いてあるようです。

    それに対して
    全部悪いわけじゃないのね?
    おみくじを結ぶ

    Tout n’est pas négatif ?

    ポイントは部分否定と全否定。
    ここ、難しいですね。

    まず、フランス語の否定文はその文中で活用している動詞をne~pasではさみます。

    tout,toute,tous,toutes の否定は部分否定を表します。
    Je ne sais pas tout.
    私はすべてを知っているわけではない。

    Tous les étudiants n’apprennent pas l’anglais.
    すべての学生が英語を学んでいるわけではない。

    これを全否定にすると
    Je ne sais rien.
    私は何も知らない。

    Aucun étudiant n’apprend l’anglais.
    学生は誰一人として英語を習っていません。

    ビデオにでてきた Tout n’est pas négatif.
    を全否定にすると、Rien n’est négatif. となります。

    rien は neと一緒に使って「何も~ない」という意味。

    もしこれにpasを入れて、Rien n’est pas négatif. とすると、「全部悪いわけではないこともない」という二重否定になります。

    まぎらわしいですね~。



    豆知識:おみくじ L’Omikuji

    おみくじ

    おみくじをフランス語で何と説明するか?

    おみくじは、お+御籤(みくじ)で、みくじを丁寧に言った言葉。みくじは神社に祭られている神さまのくじ。

    ケンはc’est pour prévoir l’avenir. 未来を占うもの、としています。これは用途を説明していますね。

    おみくじをそのまま仏訳すると、« l’honorable loterie des dieux »。神のお告げですから、l’oracle と言ってもよさそうです。

    おみくじの歴史

    おみくじは神の心を聞く方法。古来から政治など大事なことをきめる局面で利用されていました。

    日本書紀には、天智天皇が部下が反逆者なのかどうか、「ひねりぶみ」というおみくじのようなもので、占った記述があります。

    また、13世紀には天皇を決めるのに、おみくじを使ったという記録も残っています。

    現在のおみくじの原型を作ったのは、良源(りょうげん)(通称、元三大師(がんざいだいし)という平安時代の天台宗のお坊さんだと言われています。

    一般人が、神社に参拝して、おみくじを引くようになったのは、鎌倉時代初期から。

    おみくじの引き方

    浅草寺のおみくじのひき方はごく一般的で、おみくじの棒の入っている筒から、1本取り出し、棒に書いてある数字と同じ番号の引き出しから紙を取り出します。

    その紙に、運勢が書いてあります。

    紙には吉凶が書いてありますが、このレベルわけは神社によって違います。また、吉と凶の比率も神社で違うそうです。

    浅草寺のおみくじは「凶」が多いそうですが、古来の「おみくじ」そのままとのこと。浅草寺のQ&Aにそう書いてありました。

    浅草寺のホーム・ページ⇒聖観音宗 あさくさかんのん 浅草寺 公式サイト

    引いたあと、神社の木の枝に結ぶのは、縁談が結ばれるように、とか、よい運勢が結実するように、という願いをこめています。

    今は、どんなおみくじも結んで帰る人が多いですが、本来は凶以外のおみくじは、持ち帰り、時々読むものだとか。

    おみくじは和歌である

    たいていのおみくじは和歌がついていて、それに吉凶と、健康、金運、待ち人、願望など書いてあります。

    明治神宮のおみくじには、吉凶はありません。明治天皇が詠んだ和歌の中から、日々の心がけとしてふさわしい歌がおみくじになっています。これは「大御心(おおみごころ)」と呼ばれるもの。

    明治天皇はなんと9万3千もの和歌を詠んでいるそうです。

    参考⇒明治神宮-ご参拝・ご祈願される方へ- おみくじの歴史も書いてあります。

    おみくじの製造シェア日本一は女子道社

    明治の中頃までは、各神社が自前で作っていたおみくじ。

    現在は、山口県周南市の女子道社という会社が全国のおみくじの6割以上を製造しています。

    この会社は二所山田神社(にしょやまだじんじゃ)という山口県周南市にある神社が作った会社。

    この神社の明治時代の宮司が、女性解放運動を推進する組織を作り、明治39年(1906年)に「女子道」という機関紙を発刊したのです。

    おみくじ製造はこの新聞の資金源として考案されました。

    明治時代のおみくじはたぶん手書きですよね?印刷でしょうか?手書きなら、そのフェミニズムの組織の女性が書き、折って納品していたと思われます。

    現在も、この会社では、近所の主婦がおみくじを手作業で折っています。特に、おみくじがたくさん必要な繁茂期には、パートで増員。今も主婦に副業の機会を与えているわけですね。

    この続きはこちら⇒浅草の甘味処にて~日本の旅 #4(フランスダイレクト)

    浅草寺のおみくじ、1本100円もしますから、すぐに木に結ばず、持って帰ってじっくり和歌を味わいたいですよね。

    英訳もついてたみたいだし。






    関連記事

    1. 東京スカイツリー

      フランス語でガイドする日本

      東京スカイツリーへ~日本の旅 #2(フランスダイレクト)

      フランスダイレクトスクールの動画教材、Voyage au Japon(…

    2. パリ

      フランス語でガイドする日本

      動画教材『不思議の国のFrance』関連記事の 目次

      フランスダイレクトスクールが毎週配信している動画教材の受講メモのまとめ…

    3. 浅草

      フランス語でガイドする日本

      浅草の甘味処にて~日本の旅 #4(フランスダイレクト)

      フランスダイレクトスクールの動画教材、Voyage au Japon(…

    4. スカイツリー

      フランス語でガイドする日本

      古き街、浅草~日本の旅 #1(フランスダイレクト)

      フランスダイレクトスクールの動画教材、Voyage au Japon(…

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね♪

    CTL+D でお気に入りに登録。

    Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

    follow us in feedly

    更新情報をメールで配信中

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    おすすめ記事いろいろ

    1. 映画『シェルブールの雨傘』のテーマの訳詞
    2. シャンドルールの起源~なぜクレープを食べるの?クレープの作り…
    3. 孤児、ガブリエル・シャネルはいかにしてココ・シャネルになった…
    4. ハイジも大好きスイス生まれのラクレットの作り方と食べ方。
    5. 第15回チャイコフスキー国際コンクールの優勝者は?
    6. ロング・エンゲージメント:予告編のフランス語
    7. バレンタインデーのフランス語~その2 プレゼント
    8. フランス語の会話で日本人が1番苦手なこととは?~『不思議の国…
    9. 広く好かれれば好かれるほど、深くは好かれないものだ(スタンダ…
    10. Dansons la capucine parフランス語をし…

    新しく書いた記事です。

    1. クロード・モネの「睡蓮」がオランジュリー美術館に寄贈されるま…
    2. アメリカ・ラスベガスで起きたアメリカ史上最悪の銃撃事件。
    3. 初心者向け:英語とフランス語の発音で大きく違う5つのポイント…
    4. アリゼ:À cause de l’automne…
    5. このブログの更新の通知を受け取る方法
    6. 美食の祭典(フェット・ド・ラ・ガストロノミー)とは?
    7. 一口サイズがかわいい、ペ・ド・ノンヌの作り方:フランスのお菓…
    8. ヨーロッパ文化遺産の日とはどんな日でしょうか?
    9. 2017年秋季仏検受付開始~仏検関連記事とおすすめサイト
    10. 学校からでてきたら:ジャック・プレヴェールの詩を読んでみた

    おすすめのまとめ記事

    1. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話
    2. フランス語入門日記~目次を作りました
    3. かわいいフランス語、教えます~目次 その3
    4. フランス語のことわざ~目次 その2
    5. フランス語の名言の記事の目次
    6. フランス語のCMの記事のまとめ。ディクテに最適。
    7. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話
    8. クリスマス関連記事の目次 2013年版
    9. 動画教材『不思議の国のFrance』関連記事の 目次
    10. 猫に関連する記事の目次~猫好きさんに捧ぐ

    フランス語の勉強法とか

    1. 黒板
    2. 星の王子さまの本
    3. penのイラスト
    4. ペンディクテ中
    5. 黒板

    お問い合わせはこちらから

    お問い合わせはこちらからどうぞ

    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ


    お気軽に^^

    ☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

    アーカイブ

    1. cheaper by the dozen

      数字

      概数(がいすう)とは?~フランス語の数字【第48回】
    2. ラニングシューズ

      ファッション

      冬場のスポーツウエアの選び方 その1
    3. ちょうちょ

      フランス映画

      映画 Le Papillon(パピヨンの贈りもの)予告編のフランス語 その2
    4. ギャラリー・ヴィヴィエンヌ

      虎と小鳥のフランス日記

      『虎と小鳥』2014年パリ新年会@ビストロ・ヴィヴィエンヌ その1
    5. ベルシーのペニッシュ

      虎と小鳥のフランス日記

      ああ、愛の南京錠「虎と小鳥のフランス日記」第112話
    PAGE TOP