アニメの女の子

フランス語を読む練習

初音ミクがパリでデビュー

こども新聞の26日のニュースで初音ミクを取り上げていたので訳してみました。

実は私、初音ミクという名前は知っていたものの、実態を知らないでいました。

アニメの登場人物なんだろうか、それにしてはやたらといろんな歌を歌っているな、と思っていたのです。

ですが、今回の記事を読み、ようやく彼女の正体がわかりました。歌手なんですね。



Hatsune Miku : chanteuse, japonaise, et virtuelle

26 novembre 2013

初音ミク:歌手、日本人、そしてヴァーチャル

なぜこれがきょうの話題なのでしょうか?

「ジ・エンド」、これがオーケストラもなければ、肉声も入っていない初めてのデジタル・オペラのタイトルです。

パリでデビューしたこのユニークなショーのヒロインは初音ミクです。

パリのシャトレ劇場で肉声のないオペラが公開されました。でも、誰が歌っていたのでしょうか?日本のヴァーチャルポップスター、初音ミクです。声はデジタルなプログラムで作られています。初音ミクをごらん下さい。その名前はフランス語で「未来の初めての音」という意味です。

29秒

初音ミクって誰?

初音はボーカロイド(vocaloïd)です。ボーカロイドは « voix(声) » と « androïde(アンドロイド) »からできた言葉です。ヤマハという会社が2000年にコンピュータから人の声を再現することができるソフトウエアを開発しました。

その後、この声を具象化するために、クリプトン・フィーチャー・メディアという会社が3Dの人の形をデザインして形にしました。

それが大きな青い瞳を持ち、長い髪をたばねたかわいい歌手です。

リアルの世界での成功

ヤマハの予想を超えて、このボーカロイドはみるみるうちに成功しました。日本では、大勢のファンが、このターコイズブルーの瞳の16歳の少女の魅力のとりこになりました。

初音の3Dのホログラムが、ハイテクの映写機で映しだされるコンサートが開かれ、大勢の観客が彼女に拍手喝采をするためにかけつけました。

大衆にとって初音は生きているのです。こうしてポップスターが誕生しました。

オペラを歌うポップスター

しかし、今回初音が国境を超えて、パリでショーをするのは、甘いポップソングを歌うためではありませんでした。彼女はオペラの歌姫として登場しました。

事実、渋谷慶一郎とう有名な音楽家が初音のために哀愁のあるオペラを作曲しました。

初音は、彼女の幻想的だと言われる声で、皆を魅了しました。それは、人生の危うさをテーマにした「ジ・エンド」に見事なまでに調和した声なのです。

単語メモ

numérique デジタルの

logiciel ソフトウエア

à partir de ~から

incarner 具現化する

couette 髪の束
 
réel 実在の

précipiter 急ぐ

en tant que + 無冠詞名詞 ~として、~の資格で

cantatrice 歌劇、声楽曲の女流歌手、歌姫



関連動画

このオペラはシャトレ劇場で11月12,13,15日に行われました。

こちらは観客へのインタビューです。

初音ミクになりきっている人がいましたね。

元記事 → Hatsune Miku : chanteuse, japonaise, et virtuelle – 1jour1actu | L'actu pour tous les enfants !

27日(フランス時間)の記事に替わるまでは、全文読めますので興味のある方はお早めにチェックしてください。

初音ミクはボーカロイドだったのですね。彼女には猫耳がついています。だから、アニメの女の子にはよく猫耳がついているのでしょうか?

それとも先にアニメの女の子に猫耳がついていたので、初音ミクも猫耳がついているのでしょうか?

ホログラムといえば、以前ABBAの美術館で、メンバーのボーカロイドとファンが舞台で一緒に歌う趣向があり、なかなかうまくできているな~と思いました。

将来は、自分の近親者のボーカロイドを作ってもらって、亡くなったあとも、一緒にご飯を食べたり、テレビを見たりできる、なんてサービスが誕生するかもしれませんね。






電話で話す女の子L20 バイリンガルになるには?前のページ

L21 日本人女性は若く見える次のページクリーム

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。

関連記事

  1. 著作権について学ぶpen

    フランス語を読む練習

    ブログと著作権法について その4

    著作権について考えるきっかけになる、こども新聞の記事の和訳の続きです。…

  2. パソコンに向かっている少女

    フランス語を読む練習

    ブログと著作権法について その3

    著作権について考えるきっかけになる、こども新聞の記事の和訳の続きです。…

  3. ファッショナブルな男性

    フランス語を読む練習

    アラン・ドロンのダーバンのCMでフランス語を学ぶ。

    身近にある簡単なフランス語からフランス語の世界になじんでいくシリーズ。…

  4. 鳩時計

    フランス語を読む練習

    アニメ:『ジャックと機械じかけの心臓』~その2

    現在フランスで公開されているアニメーション映画、『ジャックと機械じかけ…

  5. はちみつ

    フランス語を読む練習

    プロヴァンス産のラベンダーのはちみつ

    南フランスのプロヴァンス地方で、ラベンダーのはちみつを作っている女性を…

  6. ボートをこぐ人

    フランス語を読む練習

    小さな舟で(Dans un petit bateau):ロベール・デスノスの詩

    当ブログでは、ごくまれに、私でも訳せそうなフランス語の詩を訳しています…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. 自由の女神像は、フランスからアメリカへの贈り物(前編)
  2. サマータイム(le changement d’h…
  3. 夜間外出禁止令にショックを受けるフランスのレストランのオーナ…
  4. 魔女の指クッキーの作り方:フランスのお菓子43
  5. なぜ雄鶏がフランスのシンボルなのか?
  6. 子供の質問(フランスのスーパーのCM)
  7. 死刑って何ですか?
  8. Les Fleurs (花々):クララ・ルチアーニ(歌と訳詞…
  9. パリで初のシャネルの回顧展、始まる。
  10. ギロチンの歴史(後編)

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 日めくりとpen
  3. 黒板

アーカイブ

PAGE TOP