昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

なぜイースターにウサギが出てくるのか?

イースターバニー

毎日フランス語を勉強したい人へ⇒2017年版、フランス語学習用日めくりカレンダーのレビュー。

もうすぐイースター。イースターは別名復活祭で、イエス・キリストの復活を祝うキリスト教で一番古い祝日です。

移動祝祭日で、毎年春分のあとの最初の満月の次の日曜日です。

2016年は3月27日。こんどの日曜日ですね。イースターというのはキリスト教圏の国では、かなり大事な祝日です。

カソリックの国であるフランスでは、イースターは家族や親戚が集まってごちそうを食べる日です。イースター用のドレス(ちょっと素敵な外出着)なども、2月から販売されております。

以前、日本について読んでみましたでも使った、ネイティブの小さな子どもむけの読み物のサイトでイースターに関する短い記事を読みました。

ちなみにイースター(Easter)は英語由来で、フランス語ではPâques(パック)といいます。

Lire l’histoire : Pâques – Documentaires – Il était une histoire

以下にざっと和訳しました。

2012年のイースターにふれているので日付が違いますが、そのまま訳してあります。

2012年の4月8日、それはイースターの日曜日です!
キリスト教徒の国では、イースターは、キリストの復活を祝う日です。この祝日はその年によって、3月か4月にあります。

この時期、お菓子屋さんは、チョコレートのウサギ、卵、めんどり、そして鐘の形をしたチョコレートを用意します。

イースターの日は、家の中や庭にこのようなお菓子を隠します。

小さな食いしん坊さんたちが、探して食べる光景がみられるでしょう。

ちょっと意訳してますが、だいたいこんな感じです。

※単語メモ
résurrection 復活
poule 雌鳥 雄鶏はcoq
cloche 鐘
devront < devoir の未来形 ~することになっている

この文章、とても短く簡単ですので、初心者の方におすすめです。以前も書きましたが、こういうノンフィクションのほうが、フィクションより読みやすいのです。

お菓子を探すのは、イースターのエッグハントと呼ばれるもので、子どもたちのお楽しみです。家庭によっては大人もお菓子を探すかもしれません。

家の娘も小さいころは、庭や家の中でエッグハントしていました。

卵にきれいな色を塗ったり柄をつけて楽しむ習慣もあり、これまた娘が学校や家でやっていました。最近はまったくやりませんが。

色付き卵

この時期、ウサギのぬいぐるみも街に出回ります。ウサギはぬいぐるみにするとかわいいですし。

さて、イースターはキリストの復活を祝うものですが、なぜウサギや卵が出てくるのでしょうか?

それについて説明している短いビデオがあるのでご紹介します。

1分50秒

※YouTubeで見る方はこちらから⇒D’où vient le lapin de Pâques ?

多産のウサギは古くから、春と豊作のシンボルだと言ってますね。

昔、ドイツにエオストラ(Eostra)という繁殖の女神がいて、この女神のシンボルもウサギだったそうです。ウサギ、卵、雌鳥は、繁殖、命、再生、そして春のシンボルなのですね。

また、鐘は教会の鐘で、イエスの復活を祝って高らかに鳴らされるのだと思います。最後に上に書いてないもので、イースター関連の基本的な単語を少しあげておきます。

couleur 色
lapin ウサギ
œuf 卵
œuf teint 色付き卵
œuf de Pâques イースターの卵
vendredi saint グッドフライデー

イースターおめでとう(英語でHappy Easter!)は
Joyeuse Pâques です。

*グッドフライデーは「聖大金曜日」とも呼ばれるイエス・キリストの受難と死を記念する日です。イースターの前の金曜日なので、2016年は3月25日です。

イエスは13日の金曜日に十字架に架けられ、3日後の日曜日(イースター)によみがえったとされています。

イエスが十字架にかけられたことによって、万人に救いが与えられたから、英語ではgood(良い)と言うそうです。

dotline470

私がイースターの習慣を知ったのは、スヌーピーの漫画ででした。このコミックスが好きで、小学校5年のときから、谷川俊太郎の訳で読んでいました

スヌーピーがかごに入っている卵をみんなに配ってるエピソードを見て不思議に思ったものです。

大人になってからそれがイースターだとういうことを知りました。

イースターのシーンの動画がありましたのでご紹介します。
セリフはありません。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒Happy Easter from PEANUTS! (Official)

日本はキリスト教の国ではないので、イースターは別にお祝いしないはずですが、最近は卵の形をしたチョコレートなどお店に並んでいるでしょうか?

さすがにそれはないですよね。

☆関連記事もどうぞ☆
イースターに卵の形をしたチョコレートを食べる理由~前編

イースターに卵の形をしたチョコレートを食べる理由~後編

かわいいフランス語、教えます~その62 イースターの単語







関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

アーカイブ

このブログの中を検索

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^