鯉のぼり

フランス語を読む練習

子どもの日の由来~前編:鯉のぼり

子どもの日について書かれたフランス語を読んでみました。

日本文化をフランス語で紹介しているサイトはたくさんありますが、比較的文章が短く、構文も簡単そうなところを選びました。

それでもちょっと長いので、2回にわけて訳しますね。
きょうは鯉のぼりについて書かれたところです。



Kodomo no hi 子供の日

Carpes aériennes 空中の鯉

5月5日、日本の庭に、色とりどりの鯉がたなびきます。古い男の子のお祭りは、子どもたちみんなのものになりましたが、今も伝わっています。

女の子のお祭りから2ヶ月後、桜が散ってしまった頃、春の暦を飾るのは男の子の番です。

5月5日は、中国の行事と侍(さむらい)の文化が合わさった古くからある祭日です。このよく知られたお祭りは端午の節句と呼ばれ、日本人は大々的にお祝いします。

Le jour du koi nobori 鯉のぼりの日

Sur les balcons, dans les jardins, au-dessus des rivières, les symboles de ce jour particulier flottent alors dans la brise de printemps : des carpes multicolores de papier ou de soie, accrochées par les foyers ayant eu au moins un garçon.

La carpe, ce poisson qui remonte les rivières à contre-courant en période de ponte, est un symbole de courage et de persévérance, que les parents japonais aimeraient inculquer à leur progéniture masculine.

特別なこの日にバルコニーや庭、川の上で春風に乗ってたなびくのは紙や布でできたカラフルな鯉です。男の子が1人でもいる家で飾ります。

鯉は産卵のとき、川の流れに逆らって登りますが、勇気と忍耐の象徴です。この2つは日本の親が息子に教え込みたいと願っていることなのです。

鯉のぼりは竹の竿に飾ることが多いです。何匹か一緒になって風に吹かれています。大きな黒い鯉はお父さん、赤い鯉はお母さん、つぎにその家の子どもの鯉です。

元記事 → http://www.guidejapon.fr/a-savoir/comprendre-le-japon/kodomo-no-hi-fete-enfant-koi-nobori-sekku ☆サイトを改装中のようなのでリンクをはずしました(2018/02/26)



単語メモ

aérienne 空中の

à peine やっと~したばかりだ
J’ai à peine fini mon devoir.
宿題を今終えたところだ。

avoir les honneurs de la première page
第1面を飾る

s’enthousiasmer pour  ~に熱狂する、熱をあげる、感激する
Elle s’enthousiasme pour la musique. 彼女は音楽に夢中だ。
Il s’enthousiasme aisément. 彼はすぐ熱くなる。

ponte 産卵

inculquer à 教えこむ

progéniture (人、動物の)子、子孫

mât 竿

au gré de ~のままに、に任せて
Il décorait sa chambre au gré de sa fantaisie.
彼は思いつくままに部屋の飾り付けをした。
flotter au gré des courants 流れのままに漂う

patriarche 家長

仏文を読むと言ってることはわかるのですが、とても訳しにくかったです。そのまま訳すと変になるので、かなり意訳しました。

日本語の単語、1語ですむところをフランス語では3~5語ぐらい使っているような印象です。

patriarcheは辞書によりますと、(旧約聖書におけるイスラエル民族の)族長、家長;(大家族の)長老、古老。

昔は大家族でしたから、「家父長」というコンセプトがありました。今はあまりないかもしれません。

女性のステイタスは低かったので、お父さん鯉の次にお母さん鯉が並んでいるのがちょっと意外な気もします。が、武家では、母親は大事な存在だったのでしょうね。家を守る人であり、男の子を産む存在ですから。

私は弟がいますが、家に鯉のぼりはなかったです。
きわめて庶民なサラリーマン家庭でしたから、鯉のぼりなんてぜいたくだったのかもしれません。

私のお雛様も、ガラスのケースにお内裏様とお雛様が入っているものでした。

でもこれでよかったと思います。8段飾りなんて所有してしまった日には、場所もとるし、メンテナンスも大変ですからね。






ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. ヘッドフォン

    フランス語を読む練習

    音週間~耳の健康に気をつけて

    こども新聞(JDE)から音週間に関する短い記事を読みました。音…

  2. 竹取物語

    フランス語を読む練習

    映画『かぐや姫の物語』~その1

    きょうから、2014年の6月から公開されている、スタジオ自分の『かぐや…

  3. 野菜サラダ

    フランス語を読む練習

    ベジタリアンがホリデーシーズンを乗り切るために その1

    ごちそうが並ぶ年末年始に、ベジタリアンはどう対応したらいいのかという記…

  4. レッド・カーペット

    フランスにまつわるあれこれ

    カンヌ国際映画祭のパルムドールの起源

    第66回カンヌ国際映画祭が26日の夜に終了しました。コンペティ…

  5. かぐや姫

    フランス語を読む練習

    『かぐや姫の物語』~その4

    『かぐや姫の物語』について書かれた記事の和訳の4回めです。記事…

  6. 黒猫

    フランスの暦、年中行事

    13日の金曜日恐怖症

    先週の13日は金曜日でしたね。もう過ぎてしまいましたが、13日の金曜日…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. 風に関する単語:かわいいフランス語教えます(132)
  2. スザンヌ:フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)
  3. 国際女性デーが生まれた背景。
  4. マルディグラ(カーニバル)の起源とお祝いの仕方(2019年版…
  5. なぜ日本は捕鯨をやめないのか?
  6. ファッション界の大物、カール・ラガーフェルド、85歳で亡くな…
  7. アラビア語由来の単語:かわいいフランス語(131)
  8. ポワソン・ルージュ(サン・プリヴァ)の歌と訳詩、映画「シンプ…
  9. 黄色いベスト運動の終結をめざし、マクロン大統領が国民討論会を…
  10. ラ・シャンドルール(聖燭祭でありクレープの日)ってどんな日?…

おすすめ記事いろいろ

  1. かわいいフランス語、教えます~その13 生地、布
  2. あまい囁き(Parole parole)、ダリダとアラン・ド…
  3. 青い鳥・タイトルのフランス語第8回
  4. 学校からでてきたら:ジャック・プレヴェールの詩を読んでみた
  5. フランス語の数字【第2回】~1(アン)
  6. ジャン・フェラ「季節」:歌と訳詞。季節の単語の復習をしよう
  7. カンヌ国際映画祭にまつわる数字~期間中の市の人口は?
  8. 混乱しがちな plus の発音:プリュとプリュスの使い分け
  9. 簡単チョコレートムース(ムース・オー・ショコラ)の作り方:フ…
  10. ミスユニバース2015でびっくりのハプニング,優勝者の名前を…

おすすめのまとめ記事

  1. かわいいフランス語 目次 その5:ネーミングの参考に
  2. 翻訳者養成講座関連記事の目次
  3. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その1
  4. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話
  5. 数字の記事のまとめ その1 0から18まで
  6. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3
  7. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その2(L26~L…
  8. かわいいフランス語、教えます~目次 その2
  9. フランス映画の予告編の記事のまとめ
  10. ニュースの記事のまとめ(1)

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. 星の王子さまの本
  3. フランス語の日めくり

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP