昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

歌と訳詞:ラ・セーヌ~ヴァネッサ・パラディとM

エッフェル塔

ヴァネッサ・パラディとM(マチュー・シェディッド)の歌う
ラ・セーヌ」をご紹介します。
この曲は2011年の«Un monstre à Paris»という3Dのアニメーション映画の挿入歌。

邦題は「モンスター・イン・パリ 響け! 僕らの歌声」。「僕らの歌声」なんてつけると、「中学生日記」みたいになってしまう気がするのですが。

日本では公開はされませんでしたが、フランス映画好きの間では話題になっていました。

では、まず曲を聞いてください。
ひじょうに覚えやすい曲ですし、フランス語もどちらかというとやさしいです。
映画のシーンとパラディとMの実写をうまく編集しています。
3分15秒

※YouTubeで見る方はこちらから⇒ラ・セーヌ~ヴァネッサ・パラディとM

この映画の時代背景は1910年のパリです。
ベル・エポックの時代ですね。

では訳詞に挑戦!

La Seine ラ・セーヌ 訳詞

それは川床から流れ出る
確かな流れよ
ラ・セーヌ、ラ・セーヌ、ラ・セーヌ
ものすごくきれい、私に魔法をかけた
ラ・セーヌ、ラ・セーヌ、ラ・セーヌ
神秘的な月が映っているわ
ラ・セーヌ、ラ・セーヌ、ラ・セーヌ
あなたは酔ってるわけじゃない
パリの下に
ラ・セーヌ、ラ・セーヌ、ラ・セーヌ

Je ne sais, ne sais, ne sais pas pourquoi
On s’aime comme ça, la Seine et moi
Je ne sais, ne sais, ne sais pas pourquoi
On s’aime comme ça la Seine et moi

★私にはなぜかはわからない、わからない、わからない
こんなふうに好きになっちゃうの。ラ・セーヌと私
私にはなぜかはわからない、わからない、わからない
こんなふうに好きになっちゃうの。ラ・セーヌと私★

Extra Lucille quand tu es sur
La scène, la scène, la scène
Extravagante quand l’ange est sur
La scène, la scène, la scène

流れに乗っているときは、とりわけ光輝いている
ラ・セーヌ、ラ・セーヌ、ラ・セーヌ
常識じゃはかりしれない、天使が降りている時は
ラ・セーヌ、ラ・セーヌ、ラ・セーヌ

★~★繰り返し

アール橋の下で
私の心はゆれる
2つの水の流れの中で
空気がとっても心地いい

とても純粋な空気
私は息を吸う
私たちの影は高いところに
橋の下の

こんなふうに好きになっちゃうの。ラ・セーヌと私

※歌詞はこちらを参照しました
Vanessa Paradis – La Seine Lyrics | MetroLyrics

※単語メモ
ensorcelle < ensorceler ~に魔法をかける en+sorcier(魔女) extralucide 女占い師、千里眼 saoul = soûl 酔った、陶酔した vacille < vaciller 揺れる perché 高いところにとどまった Lucille はヒロインの名前ですが、luciは光なので、「光輝いている」と訳しました。 2行あとのangeも彼女のことだと思いますが(天使の羽をつけてるから)、「天使」と訳しておきました。

こちらはCDです。
Monster in Paris
画像クリックでアマゾンに飛びます。

実はチェックした複数の歌詞がそれぞれ微妙に違うので、
自分の耳をたよりに訳してみました。

映画の中でいくつか違うバージョンで歌っているのかもしれません。

特に大きく違っていたところ3つ

la seineと la scène

La seine, la seine, la seine
のラ・セーヌはセーヌ川です。
しかし、曲の最後に
ラ・セーヌ、ラ・セーヌ、ラ・セーヌ
と出てくるところを
La scène, la scène, la scène
としてる歌詞がありました。
これは、
舞台、舞台、舞台
あるいは
ステージ、ステージ、ステージ
です。
la seine とla scèneは発音が同じなのです。

つまり、このパリのモンスターと恋人の天使の羽をつけてる女性歌手はセーヌ川に魅せられていると同時に、舞台にも魅せられています。

これは充分ありえることです。

surと sûre

sur ~の上に
sûre ~については確かである 男性形は sûr

両方とも出てくるのですが、場所が微妙に違っていました。

発音記号を見ると、長音があるかどうかの違い。
もちろん私には聞き分けられません。

なので意味の通るほうで訳しておきました。

On s’aime comme ça と C’est comme ça

これは場所によっては、C’est comme ça
と歌っている気がしましたが、
すべてOn s’aime で訳しておきました。

日本で発売される洋楽のCDは歌詞がついていますが、
欧米ではどちらかというとつけないのが普通です。

フランス語は同音異義語が多いので、
ネイティブですら、違った単語で聞き取っているときがあり、
こっちの歌詞とあっちの歌詞が違う
ということがたまにあります。

そのようなわけで、音を確認したくて、10回は聞きましたが、
効果はあまりなかった気がします。

この歌は英語版もあるので動画を貼っておきます。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒ラ・セーヌ(英語版)

※英語の歌詞はこちらにあります
La Seine Lyrics (English Version) – A Monster In Paris – Fanpop

歌っている内容はほとんど同じです。

★日本ではDVDは発売されています。
しかし、インターナショナル版なのか、
音声は英語で、字幕が日本語です。

「大人も充分楽しめる」とレビューは好評です⇒モンスター・イン・パリ 響け! 僕らの歌声 [DVD]



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^