ライティング

フランス語脳プロジェクト

仏作文力養成講座 第1回 表現モデルの大切さ

きょうからフランス語脳プロジェクトの作文力養成講座の受講メモを書いていきます。

これは、先週まで書いていた翻訳者養成講座の清水先生の授業で、2012年の9月に始まったもの。

この講座は直接コースとフォローコースがあり、直接コースの人は、実際に課題を提出して添削を受けていました。

私はフォローコースに申し込んでいたので、受講が途中で止まっています^^;

毎週30分ほど最初からぼちぼちとやっていきます。興味のある方はおつきあい下さい。

第1回めの講義は「イントロダクション」で、実際の授業ではなく、考え方や、勉強の仕方、授業のすすめ方など話されています。

きょうのメニュー

  • 表現モデル
  • ネイティブのスピードについていけない理由
  • 表現モデルを身につける最適の方法は
  • 作文の勉強はリスニング力をアップさせる
  • 補足~おすすめサイト、参考図書


  • 表現モデル

    表現モデルとは、ある意味をもった語彙のまとまり。決まった表現、定石です。大賀正喜先生が「現代仏作文のテクニック」という本で書かれています。

    英語ではコロケーションと呼ばれますが、この単語の前後にはこういう単語がつくという一定の形。

    日本語で例をあげると「寝る時、ふとんをひく」と言いますが、これを「寝る時、ふとんを床に置く」と言うと、意味はわかるけれど、誰もそんなふうには言わなし、何か変です。

    この「布団を」と「ひく」は切り離せない意味の単位であり、こういうのが表現モデルです。

    仏文の例:
    metteur en scène de cinéma japonais
    日本の映画監督

    metteur は
    metteur en scène de cinéma 演出家、映画監督
    metteur au point (彫刻や機械の)修正者、調整者
    metteur en cartes 織物の意匠図案家
    metteur en œuvre 組立工、宝石職人
    という表現でしか用いられない、と辞書にあります。

    つまりこのかたまりで覚えておくべき「表現モデル」なのです。

    これを知らないと、最初の例を「日本映画の監督」と訳してしまうかもしれませんが、これは誤りです。

    仏作文などでフランス語を発信するにはこういった表現モデルに習熟することが一番大切なのです。

    自分の使える表現モデルを増やしていく、ということですね。

    ネイティブのスピードについていけない理由

    ネイティブがフランス語を話しているときは、無意識に、情報をこの表現モデル単位で処理しています。

    たとえば
    Le but de cet article consiste à mettre en lumière la notion d’existence chez Sartre.
    この論文の目的はサルトルの実存概念を明らかにすることである。

    という文を目にした場合、ネイティブは
    le but de cet article consiste à
    を1つの意味の単位として処理しています。

    表現モデルを知らない学習者は
    le but
    de cet article
    consiste à
    と3つの意味のまとまりを考えて処理するので、ネイティブのスピードに追いつけません。

    単語レベルでブツブツ区切っているので、なんだかネイティブがすごく早く話しているように思えるのです。

    表現モデルを身につける最適の方法は

    仏作文をします。そしてできればネイティブに添削をしてもらい、自分の間違いを確認して、知らなかった表現モデルを洗い出し、覚えていきます。

    これは、独学でも作文の問題集などで、ある程度はできると思います。

    私は昔、ある期間、英語の日記を書いていて、先生に添削してもらっていましたが、返ってきた日記を全然読んでいませんでした。書きっぱなしだったわけです。

    意識して間違いから学ぶということをしていなかったのですが、それでもだんだん英文が書けるようになっていきました。

    効率は良くないかもしれませんが、「とりあえず書く」、というのは大事だと思います。

    仏作文が上達したかったら、仏作文する、ということです。

    作文の勉強はリスニング力をアップさせる

    作文をして表現モデルを身につけていくと、リスニングするときに、意味のかたまりとして拾えるものが増えていくので、聴解力もアップします。

    リスニングの勉強法として、ラジオを聞いたり、映画をみたり、ネイティブと話したりするのは、あまり効果的ではありません。

    というのは、聞いているとき、意味のかたまりとして耳に入ってくるのは、すでに自分のよく知っている単語や表現だからです。

    授業では、森有正の「作文で書けることしか、聞き取ることはできない」という仮説が紹介されました。

    つまり、聞き取れるのは自分が習熟している単語と「表現モデル」のみ、ということです。

    リスニングの勉強と称して、ぼーっと聞いていても、わからないものはわからないまま流れて行くだけなので、勉強になりません。

    よって、リスニングをやるなら、聞き流しはNGで、スクリプトとつきあわせて聞くべきです。

    まあ、7,8割がたわかる内容で、「あれ、これって何?」とわからないところに気づくことができ、音からつづりを辞書で調べて、意味を確認できる、といった素材なら勉強になると思います。

    私は、ラジオ講座の『百合のFranceウォッチング』のポーズカフェはこの方法でやっています。シルヴィ先生の話された内容を藤田先生が日本語で言い直してくれているので、それも手がかりになりますしね。



    補足~おすすめサイト、参考図書

    この講座は仏検やDELFの作文の試験問題を解く力をつけるのが1つの目的です。

    受験者で、余力のある方に対して、参考サイトの紹介などありましたので、書いておきます。

    清水先生の推薦なので、すでにこのブログに何度か書いていますので、重複しているものもあります。

    ★以下のサイトの記事を、表現モデルに注意して読みます。

    こども新聞のサイト 1jour1actu

    1jour1actu.com – L’actualité à hauteur d’enfants !

    NHK World French

    NHK WORLD – French

    日本のニュースをフランス語で発信。
    日本にいるフランス人むけのニュースなんだと思いますが、このスクリプトは簡潔でよいお手本になるそうです。音声もあるので、リスニングの勉強にもなりますね。

    ★仏検・DELFを受験する人は、これに加えて問題集(特に読解問題)を解きます。

    ★参考書籍
    第1回の授業でふれられていた本

    講談社の現代新書って知らないうちに装丁が変わったのですね。前のほうがよかったと思います。

    いかがでしたか?

    第1回の授業のスライドの一番最初にスピノザの

    「事物の正しい認識は、正しい実践を生む。」

    という言葉が書かれていました。

    ここでいう「自分の正しい認識」とは仏作文の力をつけようとするときに、何を身につけることが大事なのか、ということだと思います。

    答えは「表現モデル」ですね。

    これは『7つの習慣』に出てくるパラダイムの話に似ています。

    つまり、シカゴのどこかに行きたいのに、デトロイトの地図(何かの間違いで表紙には「シカゴの地図」と書いてある)を使って、必死に運転しても、目的地には到達しない、ということです。

    どんなにスピードの出る高級車にどんなにたくさん石油を入れて、毎日がんがん運転しても、です。

    それでは、次回の仏作文力養成講座の記事をお楽しみに。






    関連記事

    1. ノート

      フランス語脳プロジェクト

      鳥の目になろう~翻訳のコツ

      翻訳者養成プロジェクトの第3回の授業を聞きました。今回私が学ん…

    2. カブトムシ

      フランス語脳プロジェクト

      昆虫食は食糧難を救う

      フランス語脳プロジェクトの翻訳講座、第6回の課題は昆虫食に関する本の一…

    3. 鉛筆削り

      フランス語脳プロジェクト

      d’ailleurs の訳し方のコツ~翻訳講座第12回前半

      清水先生の翻訳講座、第12回の受講メモです。この回は、水林章先生の「メ…

    4. フランス語を学ぶpen

      フランス語の勉強法

      フランス語の達人になるために~その1

      わたしの受講しているフランス語脳プロジェクトで、今週から仏語の達人養成…

    5. 辞書

      フランス語の教材

      フランス語の翻訳力をつけるには~オススメの勉強法

      翻訳者養成プロジェクトの第2回めの授業を聞きました。総合力の試…

    6. pen old book

      フランス語脳プロジェクト

      主題文とセンテンスの違い~翻訳講座第8回後半

      フランス語脳プロジェクトのオプション講座である、翻訳講座の受講メモ、第…

    コメント

      • uzumaki
      • 2013年 12月 20日

      「達人力養成講座」で仏作文を提出するのに、
      本当は「仏作文力養成講座」をじっくり復習したいのですが、
      そこまでなかなかできません。

      とても良い復習になりました。
      (案の定、忘れていることだらけです)

      ありがとうございます!

        • フランス語愛好家
        • 2013年 12月 20日

        uzumakiさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
        uzumakiさん、仏作文力養成講座、受講されていたんですね。
        私はこの講座は途中で止まっているんです。これを機会に、全部やろうと思ってます。また半年ぐらいかかるかも?

    1. 最近、全く講座自体を受けていない私。
      「現代仏作分のテクニック」は、とてもいい本だと思って、私も途中まで勉強してたんですが、だんだん難しくなってきました(/_;)

      確かに、かたまりで覚えていると、聞き取ってても楽になりますね。
      特に、duとdeは非常に苦手なので、もうちょっと勉強しなくては・・・。

        • フランス語愛好家
        • 2013年 12月 22日

        木蓮さん、こんにちは。
        お忙しいのに、ブログをごらんいただき、ありがとうございます。
        「現代仏作文のテクニック」私も、まだ読んでおりません。
        ちょっとまだレベルがあわないというか^^;

        私もかたまりで覚えてようとしていますが、単語が出てこなくてかたまるばかりです。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね♪

    CTL+D でお気に入りに登録。

    Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

    follow us in feedly

    更新情報をメールで配信中

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    おすすめ記事いろいろ

    1. 冬(季節の単語)~フランス語の暦(4)
    2. 映画:「タイピスト!」Populaire(ポピュレール)予告…
    3. フランスで成功したいアーティストへの3つのアドバイスとは?
    4. 富士山頂の無料Wi-Fiサービスが外国人登山客に人気
    5. フランスの幸運のお守り:かわいいフランス語教えます(113)…
    6. かわいいフランス語、教えます~その13 生地、布
    7. 自由作文の型とコネクターロジック~仏作文力養成講座第6回 後…
    8. ノンノン人形~ミッシェル・ポルナレフ、歌と訳詞
    9. ジャン・フェラ「季節」:歌と訳詞。季節の単語の復習をしよう
    10. 音楽、楽譜にまつわる単語:かわいいフランス語教えます~その3…

    新しく書いた記事です。

    1. プチ・ニコラの夏休み・予告編のフランス語
    2. 犬の名前、特に短い名前(2音節)特集:かわいいフランス語教え…
    3. 8月13日は左利きの日。なぜ左利きの人がいるのか?
    4. 家庭で作る簡単アイスクリーム4種:フランスのお菓子(26)
    5. シャーベットができるまで。カルカソンヌのアイスクリーム工場ル…
    6. 趣味に関する単語:かわいいフランス語教えます(117)
    7. パリのエッフェル塔の楽しみ方。
    8. フリーダ・ボッカラ、Cent mille chansons …
    9. 第二次世界大戦で起きた奇跡の救出作戦、「ダンケルクの戦い」と…
    10. アラン・ドロンのダーバンのCMでフランス語を学ぶ。

    おすすめのまとめ記事

    1. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(2)
    2. フランス映画の予告編の記事のまとめ
    3. ニュースの記事のまとめ(2)
    4. 『タイトルのフランス語』の記事の目次
    5. ハロウィン関連記事の目次
    6. 翻訳者養成講座関連記事の目次
    7. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話
    8. かわいいフランス語、教えます~目次 その4
    9. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3
    10. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その1

    フランス語の勉強法とか

    1. ペンディクテ中
    2. 黒板
    3. penのイラスト
    4. 星の王子さまの本
    5. 黒板

    お問い合わせはこちらから

    お問い合わせはこちらからどうぞ

    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ


    お気軽に^^

    ☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

    アーカイブ

    1. フランス国旗

      時事ニュース

      パリの同時多発テロ:何が起きたのか理解するために
    2. 大福

      パッケージのフランス語

      大福はフランス語で何というか? 【第17回】
    3. フランス語を学ぶpen

      百合のFranceウォッチング

      L12 郵便局~フランスには宅急便がない!?
    4. 色とりどりの花

      かわいいフランス語

      続・ガーデニング、庭に関係のある単語:かわいいフランス語教えます(114)
    5. penとiPod touch

      虎と小鳥のフランス日記

      「虎と小鳥のフランス日記」の電子書籍をようやく読めた件~電子書籍考
    PAGE TOP