2022年の日めくり

私のお気に入り(レビュー)

2022年版、フランス語学習用カレンダー(日めくり)の感想:テーマは場所。

毎年買っているフランス語の勉強になるかもしれないカレンダー(日めくり)の紹介です。

去年、買うのが遅れたので、今年は比較的早めに購入しました。



日めくり:基本情報

このカレンダーの正式な名前は、Living Language: French 2022 Daily Phrase & Culture Calendar

Living Language はアメリカのランダムハウス傘下の、語学教材専門の出版社です。

創立は1946年。昔は本やCDを出していましたが、最近はオンラインコースを提供しています。しかし、今、サイトを見たら、「オンラインコースはもう購入できない」となっていました。今年の分の販売は終わった、ということなんでしょうか?

語学教材の出版は続いていると思います。

そういう教材の中から、毎年テーマを決めて、カレンダーにしたものがこの日めくりです。対象はフランス語を上達させたい人です。

それぞれの日めくりに、短いフランス語の文章とその英訳がのっています。カレンダーなのでもちろん日付もあります。土日は、1枚で2日分をカバーしています。

私の知る限り、類似の商品はありません。もちろん、フランスの出版社は、フランス人向けにいろいろな日めくりを出しているからフランスのアマゾンに行けば、さまざまな卓上カレンダーや日めくりを購入できます。

毎年テーマがあります(歴史、スポーツ、ファッション、美術など)。

2022年版の特徴

例文は平易

全部の文章を見たわけではありませんが、1月の文章を全部見たところ、全般に平易で、文章も短いです。

初心者でも大丈夫です。

名言・ことわざがない

毎回、名言やことわざが混じっていますが、2022年の日めくりにはありません。まあ、100%見たわけではないので、もしかしたら、1つや2つはあるかもしれませんが、あったとしても、例年のカレンダーに比べるとずっと少ないです。

今年のテーマは場所

月に1回ぐらい、例文ではなく、文化的な事象を英語で説明しているページがあります。

今年のテーマは場所です。

これはモン・サン・ミッシェルの説明。
日めくりのサンプル

ほかにパリやリヨン、ベ・ド・ソンム(Baie de Somme)などが取り上げられています。ジュネーブもあります。ジュネーブはスイスですが、フランス語圏なので、仲間に入っているのでしょう。

文化の説明は、文字が小さくて、読む気になれないので、私は全く読んでいません。

若い人はふつうに読めるのでしょうか?

なお、日めくりに出てくる例文も、その年のテーマに意識していることが多いのですが、今年は、それほどでもありません。

出てくるフランス語の短文の例

ランダムに写真を撮ったので紹介します。

5月10日:私はいろいろなスポーツをしています。特に屋外でするスポーツです(Je pratique de nombreux sports, surtout en plein air.)

5月10日の日めくり

8月30日:セキュリティには長い列ができている。(Il y a une longue file d’atttente à la sécurité.)

8月30日の日めくり

9月1日:日常のちょっとした行動がより健康な生活に貢献します。(Ces petits gestes quotidiens contribuent à une vie plus saine.)

9月1日の日めくり

12月1日:彼女はとてもあたたかい人なんだ。きみに紹介するよ。(C’est une personne très chaleureuse, je vais te la présenter.)

12月1日の日めくり

この日めくりは、たまに、日常使えそうなイディオム表現がのっているので、毎年買っていますが、過去には、難しい文学的な文章が多いときもありました。

2022年版は難しい文はいっさいない感じです。

本当に短い文章ばかりで、1行か2行におさまっています。3行の文章もありますが、きわめてまれです。



補足情報

私はパソコンのハードディスクの上に乗せています。

日めくりを置いたところ

トイレに置いているという人もいました。

小さいのでどこにで置けるでしょう。

日めくりとぬいぐるみ

もたれかかってみた。

買っていきなりバラす人もいます(日めくりとして使わず、例文集として使っている?)

日めくりは正方形で、11.4ミリ四方です。

大きさがわかるように、ラジオ講座のテキスト(A5)と並べて写真を撮ってみました。

ラジオ講座のテキストと日めくり

日めくりの裏は白紙だから、その日が終わったら、メモ紙として使えます。

私はそうしています。

日めくりで作ったメモ帳

メモ帳も買うと高いですからね。日本は100均やホームセンターで、いくらでも安価なメモ帳やノートを購入できるでしょうが、カナダは文房具全般、とても高いです(pen基準)。

なお、このカレンダーを印刷している会社は環境に配慮していて、FSC認証の紙にソイインクで印刷しているそうです。

FSC認証の説明

FSC(Forest Stewardship Council 森林管理協議会)は、責任ある森林管理を世界に普及させることを目的に設立された国際的な非営利団体。

FSC認証の紙は、リサイクル紙ではなく、バージンペーパーですが、持続可能な開発を意識して、森林資源を使った紙です。生産、加工、流通すべての段階で認証を受ける必要があります。

持続可能な開発とは? ⇒ 持続可能な開発とは何か?(子どもむけの簡単な説明)

この日めくり、日本ではアマゾンで注文できます。

販売、出荷はブックデポジトリー(Book Depository)です。

ということは、ブックデポジトリーでも買えます⇒Book Depository: Free delivery worldwide on over 20 million books

ただ、今見たら、23カナダドルだったので、アマゾンで買ったほうが安いかもしれません。

私はカナダのアマゾンで、20.99カナダドルで購入しました。

2000円は高いと思うかもしれませんが、1年中使えますからね。1日あたりにすると6円しません。

去年のカレンダーの紹介はこちらです⇒2021年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。テーマはファッション。

毎年レビューを書いています。

同じ体裁の日めくりが、イタリア語、ドイツ語、スペイン語でもあります。

******

来年の日めくりの紹介をしました。

私は、ここ数年、フランス語の本や問題集はほとんど買っておらず、この日めくりの購入だけを続けています。

そういえば、春にラジオ講座のテキスト(電子版)を買いましたが、全然見ていません^^;

まあ、リアルタイムで勉強する必要もないですし、数年後に、のんびり勉強する予定です。

私のもう1つの趣味は塗り絵ですが、去年、皆が、ロックダウンでいろいろなところに旅行に行けなかったせいか、去年から今年にかけて、名所や旅をテーマにした塗り絵本がいろいろと出版され、人気を集めています。

Living Language の日めくりのテーマが、「場所」なのも同じ理由からかもしれません。






コレーズÀ nos souvenirs (僕たちの思い出に): Trois Cafés Gourmands : 歌と訳詞前のページ

多国籍企業の税率、最低15%で136カ国が合意。次のページ高層ビル

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2022年版、フランス語学習用カレンダー(日めくり)の感想:テーマは場所。
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. 2018年フランス語日めくりカレンダー

    私のお気に入り(レビュー)

    2018年版、フランス語と英語の勉強用カレンダーのご紹介。

    今年もまた、LIVING LANGUAGE(リビング・ランゲージ社)の…

  2. 2021年の日めくり

    私のお気に入り(レビュー)

    2021年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。テーマはファッション。

    ここ10年、毎年買っている、フランス語学習用のカレンダー、来年の分も買…

  3. 星の王子さま

    フランスにまつわるあれこれ

    もう読んだ?「星の王子さま」出版70周年

    1943年4月6日にアメリカで「星の王子さま」が出版されて70年たちま…

  4. Living Language: French 2016 Day-to-Day Calendar

    私のお気に入り(レビュー)

    2016年版、フランス語が勉強できるカレンダーのレビュー。Daily Phrase & C…

    毎年買っているフランス語学習者向けのカレンダー(日めくり)、2016 …

  5. Augustine

    フランス語を読む練習

    オーギュスティン(Augustine)~私の好きな絵本

    きょうは私の好きな絵本をご紹介します。実を言うと特に絵本が好き…

  6. 日めくりとpen

    私のお気に入り(レビュー)

    2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。

    2020年用の、フランス語勉強用カレンダーを買いましたので紹介します。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

コメントありがとう。

アーカイブ

PAGE TOP