黄色い花

時事ニュース

伝説の歌手、シャルル・アズナブール、94歳で亡くなる。

フランスの人気歌手(シンガーソングライター)、シャルル・アズナブール(Charles Aznavour)が、2018年10月1日に、心不全及び呼吸不全により、南フランスの自宅で亡くなりました。

アズナブールは言わずと知れた、フランスの誇る偉大な歌手です。

きょうは、彼の死と経歴を伝える子供新聞の記事を紹介します。アズナブールを全く知らない人むけに書かれた、「シャルル・アズナブール入門」的な記事です。

アズナブールは1924年5月22日生まれです。



伝説の歌手、シャルル・アズナブール逝く

この月曜日、フランスの有名歌手で俳優のシャルル・アズナブールが94歳で亡くなりました。きみの両親は、必ずこの歌手の歌を聞いたことがある、と知っていますか?

ラ・ボエーム(La Bohème)、世界の果て(Emmenez-moi)、希望に満ちて(Je m’voyais déjà)、こうした歌を君もたぶん聞いたことがあるでしょう。学校で、ラジオで、家族と。君も気づくでしょう。私たちは、ずいぶんアズナブールに恩恵を受けていると。

アルメニア人の歌手

アズナブールは、1924年、フランスのパリで生まれました。2つの世界大戦の合間のことです。彼は、アルメニアの国籍も持っていました。

実は、彼が生まれる前、両親はアルメニアから逃げなければならなかったのです。アルメニアはトルコの隣国で、それは戦争時代のできごとでした。

アズナブールの両親は、フランスに亡命しました。アルメニア人であるということは、アズナブールにとって、とても大切なことであり、彼はスイスでアルメニアの大使を勤めたほどです。

記録的な70年のキャリア

アズナブールはとても有名でした。特に、「年をとった」フランスの歌手として。

彼は70年のキャリアを残し、月曜に亡くなったのです。これは記録です。彼は9歳になるかならないかで、初めての舞台に立ちました。

ですがフランスの有名歌手になるのは、そのずっとあとで36歳のときのことです。

彼は、背が低いことでも有名でした。たった160センチしかなかったからです。けれども、歌手としての素晴らしい才能でもって、世界中に知られていました。

彼は、全部で1億8000万枚のアルバムをセールスしました。これは、フランス人1人ひとりが、最低3枚、彼のレコードを持っていることになります。

ですが、アズナブールはとくにステージで活躍しました。80カ国以上の国で何千というコンサートをしました。9月には、94歳で日本で2回コンサートをしています。

1400曲の歌を作った

アズナブールはとりわけ、歌を書くのが好きでした。自分やほかの歌手のために、全部で1400曲作りました。

彼は、フランスシャンソン界の巨人たちのかたわらで仕事をしました。たとえば、エディット・ピアフ(ピアフは彼を有名にしました)や、友人でもあったジョニー・アリディたちと。

シャルル・アズナブールは、俳優としての才能もあり、60近くの映画に出演しました。

84歳で、アニメ映画のLà-haut (原題:Up、邦題:カールじいさんの空飛ぶ家)の吹き替えをしました。昨年、93歳のとき、伝説的なロスアンジェルスのハリウッドのブールバードに星型のプレートを刻みました(pen注:殿堂入りした、ということです)。

単語メモ

devoir qc à qn/qc   ~に~の恩恵をうけている、のおかげで~である。
Je lui dois tout.  私は万事彼のおかげをこうむっている。

se réfugier  避難する、逃げる

à peine  ほとんど~ない、かろうじて

par-dessus tout  とりわけ

doublage   声の吹き替え

アズナブール逝去、関連動画

TV5 の Décès de Charles Aznavour, une vie pour la chanson(シャルル・アズナブール死す、歌とともにあった人生)という動画です。

4分38秒に彼のキャリアがうまくまとめられています。インタビューもたくさんあります。

このクリップでは、お父さんは歌手、お母さんは俳優、と言っています。

芸能一家だったのですね。

両親は、ともにアルメニアからフランスに亡命して、パリで知り合い1922年に結婚したそうです。最初はアメリカに亡命する予定だったのですが、なかなか手続きが進まなかったため、パリに落ち着きました。

もし両親がアメリカに行っていたら、アズナブールは、シャンソン界の大御所にはならなかったわけですね。

フランク・シナトラみたいな歌手になっていたかもしれません。



アズナブールについて

彼が小さいときから舞台にたっていたのは、親の意向だったようです。お金も稼がなければならなかったのでしょう。

記事にあったように、1946年、ピアフに認められて、彼女のコンサートで前座をつとめ、じょじょに名を上げていきました。

ピアフはいろいろと彼をサポートしました。

彼が最初にブレイクしたのは1953年、カサブランカ(モロッコ)の舞台でのことだ、とフランスのWikipediaに書かれています。

総じて、フランスメディアは、初期の彼には冷たかったようです。背が低いとか、声が変だとか、洗練されていないとか、いろいろ言われていました。

子供新聞の記事によると、彼が有名歌手になったのは、36歳のときです。つまり1960年です。

1960年代は、映画にもたくさん出演しています。

以前、紹介した「アイドルを探せ」にも出演していますね⇒アイドルを探せ:シルヴィ・バルタン(歌と訳詞)

シルヴィ・バルタンの超有名曲、La plus belle pour aller danser(アイドルを探せ)の作詞はアズナブールです。

トリュフォー監督の「ピアニストを撃て(Tirez sur le pianiste)」(1960)でも主演しています。考えてみると、トリュフォーは1932年生まれなので、アズナブールより年下だったのですね。

シャルル・アズナブールはずっと現役で、90代になっても世界ツアーをしていました。

最後のコンサートになってしまったのは、記事にもあったように、2018年9月19日、大阪のNHKホールでのものです。

フランス音楽界の大御所なので、もう仕事をする必要はなかったはずです。税金対策のためか、スイスに家がありました。彼は歌を作って、それをステージで歌うことがねっから好きだったのでしょうね。

生涯現役で歌いつづけるその姿は、多くの人を勇気づけていたのではないでしょうか。

彼はべつに病気だったわけではなく、南フランスの自宅のお風呂で亡くなっているところを発見されました。一瞬の心臓麻痺みたいな感じで、そんなに苦しまずに亡くなったのではないか、そうだったらいいなあ、と思っています。

****

このブログでは今のところ彼の曲を訳していません。大御所なので、ほかのブログでいくらでも訳詩を読めそうなのと、個人的にロックっぽい曲のほうが好きだからです。

この記事は彼の歌を聞きながら、書きましたが、いい曲がいっぱいありますね。

機会があったら、訳そう、と考えています。

すばらしい歌をたくさん残してくれたシャルル・アズナブールに感謝をこめて。






ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. 花輪

    時事ニュース

    5月8日はヨーロッパの終戦記念日

    フランスにおける、第二次世界大戦終戦を記念する日についての短い記事を、…

  2. ベルリンの壁

    時事ニュース

    ベルリンの壁とは?~崩壊から25周年 前編

    2014年11月9日はベルリンの壁が崩壊してから25周年にあたります。…

  3. パリ

    時事ニュース

    エマニュエル・マクロンが新大統領に:2017年フランス大統領選挙終了。

    2017年5月7日の日曜日、フランスの大統領選挙(決選投票)が行われ、…

  4. カメルーンの国旗

    時事ニュース

    ヤウンデ(カメルーン)の心のレストラン。カメルーンの歴史つき。

    さまざまなフランス語の学習教材を提供しているTV5 Monde の E…

  5. 北極のクマ

    時事ニュース

    アメリカのトランプ大統領、パリ協定離脱を発表。

    2017年6月1日、アメリカのトランプ大統領が、選挙中の公約どおり、ア…

  6. アメリカのマップ

    時事ニュース

    アメリカ・ラスベガスで起きたアメリカ史上最悪の銃撃事件。

    2017年10月1日(現地時間)、アメリカのネバダ州、ラスベガスで起き…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. なぜ、フランスでは7月14日が祝日なのか?
  2. オ・ボヌール・デ・ダム、デパートの発明:予告編のフランス語
  3. フランスの猛暑(2019年6月)のニュース
  4. Le pouvoir des fleurs(花のちから)ロラ…
  5. いやし、リラックスに関する言葉:かわいいフランス語教えます(…
  6. おとぎ話に出てくる言葉(その2):かわいいフランス語教えます…
  7. フランスの試験、バック(バカロレア)とは何か?
  8. フェット・ド・ラ・ミュジーク(音楽祭)の起源
  9. 黒い森のさくらんぼケーキの簡単レシピ:フランスのお菓子34
  10. 深い愛(Un amour profond):アクセル・レッド…

おすすめ記事いろいろ

  1. チョコレートに関係のある単語:かわいいフランス語教えます(1…
  2. シャネルを物語る5つの色(後編)
  3. 「まいにちフランス語」48:L70フランス語6文型その1
  4. 文学や小説に関する言葉:かわいいフランス語教えます(120)…
  5. フルーツのアップサイドダウンケーキ3種のレシピ:フランスのお…
  6. フランス語のことわざ4~去ることは少し死ぬこと
  7. 歌と訳詞:カーラ・ブルーニの『ケルカン・マ・ディ ~ 風のう…
  8. 学校に関するフランス語~かわいいフランス語教えます(86)
  9. 学校は終わった~シェイラ、歌と訳詞。
  10. ローマ数字(前編)~フランス語の数字【第52回】

おすすめのまとめ記事

  1. 猫に関連する記事の目次~猫好きさんに捧ぐ
  2. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
  3. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1
  4. フランス語のことわざ~目次 その3
  5. フランス語のニュースの記事のまとめ(4)
  6. ニュースの記事のまとめ(2)
  7. 動画教材『不思議の国のFrance』関連記事の 目次
  8. フランス映画の予告編の記事のまとめ
  9. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その1(概要…
  10. masausaさんのカレンダー収録曲の記事の目次

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. フランス語の日めくり
  3. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP