チェロ

時事ニュース

第15回チャイコフスキー国際コンクールの優勝者は?

先ごろ終了した第15回チャイコフスキー国際コンクールを取り上げているEuronewsをご紹介します。

第15回は2015年6月15日から7月4日まで開催されていました。2015年はチャイコフスキー(1840~1893)の生誕175周年なので、いつにも増してもりあがっていたようです。

まずニュースの動画をごらんください。

コンクールの説明を軽くして、あとは今年の優勝者(グランプリとった人)を紹介する、ごくシンプルな構成です。

数字の聞き取りの練習にいいかも。

では訳します。



Concours Tchaïkovski : la fine fleur de la musique classique a moins de 35 ans チャイコフスキー国際コンクール:35歳以下の人のクラシック音楽の最高峰

Le 15ème concours international Tchaïkovski organisé tous les quatre ans à Moscou a rendu hommage cette année au célèbre compositeur russe dont on fête le 175ème anniversaire de la naissance.

4年に1度行われるチャイコフスキー国際コンクールは、今年、第15回のコンクールで、有名なロシアの作曲家であるチャイコフスキーの生誕175周年をお祝いしました。

Le jury, l’un des plus prestigieux du monde a sélectionné les finalistes dans les catégories piano, violon, violoncelle et chant parmi les candidats venaient de 45 pays.

世界中の権威ある人々で構成される審査員は、45カ国からの参加者の中から、ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、声楽の優勝者を選びました。

A 32 ans, la mezzo soprano russe Yulia Matochkina, a remporté le premier prix dans la catégorie de chanteuse d’opéra.

32歳のロシアのメゾ・ソプラノの歌手、ユリア・マトチュキーナが、女声の声楽部門で1位になりました。

A 27 ans, le concurrent mongole Ariunbaatar Ganbaatar, s’est vu offrir le titre suprême dans la catégorie chanteur d’opéra.
Ce baryton a été élu meilleur chanteur de Mongolie en 2012 et a remporté plusieurs concours internationaux.

男声部門では、27歳のモンゴルのアルアンバター・ガンバターが、優勝しました。

バリトンの彼は、2012年に、モンゴル最高の歌手として選ばれており、数々の国際コンクールでも賞をとっています。

“Celui qui remporte le concours international Tchaïkovski se destine à être au plus haut niveau mondial (…) Daniil Trifonov, le dernier vainqueur, a connu le succès partout où il est allé”.

「コンクールの優勝者は、世界最高の地位が約束されます…前回の優勝者のダニール・トリフォノフは、行くところすべての場所で、成功しています。

Ce jeune prodige roumain de 20 ans, Andrei Inonita, a reçu un prix spécial pour son interprétation au violoncelle d’un morceau de Giovanni Battista Rogeri datant de 1671.

このルーマニアの神童、20歳のアンドレー・イオニタはチェロで優勝。彼は1671年にイタリアのジョヴァンニ・バティスタ・ロジェーリが作った楽器を演奏しました。

Parmi les pianistes, un autre russe talentueux de 27 ans, Dmitry Masleyev s’est distingué. Il a aussi remporté le prix spécial pour la meilleure performance de concert avec orchestre de chambre, diplomé du conservatoire de Moscou, poursuit ses études à l’académie internationale de piano du lac de Côme.

ピアノ部門では、ロシアのドゥミトリ・マスレイエフが卓越した演奏をきかせました。彼はコンチェルトを演奏し優勝しました。

マスレイコフはモスクワの音楽院を卒業し、コモ湖国際ピアノ・アカデミーで学習を続けています。

Les vainqueurs de cette compétition aussi surnommée, les “Jeux Olympiques de la musique,” ont chacun gagné une médaille en or et 30.000 euros.

「音楽のオリンピック」とも呼ばれるこのコンクールの優勝者は、金のメダルと30000ユーロ(1ユーロ135円として、405万円)の賞金が送られます。

元記事 → Concours Tchaïkovski : la fine fleur de la musique classique a moins de 35 ans | euronews, le mag

☆単語
remporter  勝ち取る、獲得する

バイオリンの優勝者の話が出ていませんが、英語版によると、今回のコンクールではバイオリンの優勝者はいませんでした。

優勝するには、審査員の票をたくさん集めなければいけないみたいです。3人のヴァイオリニストが3位を獲得したそうです。

同じニュースの英語版

英語版のほうが情報量が多いです。やはりフランス語は同じことをしゃべるにしても、単語の数が増えてしまうのでしょうか?

スクリプトはこちら⇒International Tchaikovsky Competition a life- changing accolade | euronews, le mag



チャイコフスキー国際コンクール

1958年から始まったモスクワで行われる国際音楽コンクール。4年おきに開催されています。

現在は、ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、声楽部門のコンクールがあります。

エリザベート王妃国際音楽コンクール、ショパン国際ピアノコンクールと並ぶ、世界三大コンクールの1つです。

日本でも有名ですね。

冷戦の頃に始まったこのコンクール、当初はソビエトの文化の素晴らしさを誇示する面もあり、国をあげてがんばって開催していました。

今も、ロシアの国家的行事で、第15回のコンクールにも10億円ぐらい国家予算をかけています。

すごく大掛かりなコンクールなのです。

ちょっと歌がうまいとか、楽器が上手ぐらいでは本戦までたどりつけません。

しかし優勝すると、ニュースでコンクールの責任者(?)が言っていたように、ひじょうに権威がつきます。

今年のピアノ部門本戦では、一晩に協奏曲を2曲演奏させたらしいです。けっこう過酷ですよね?

へたな人は優勝させないせいか、これまで世界一流のソリストを生み出しているコンクールです。

ピアノ、ヴァイオリン、チェロでは6位まで賞がもらえ、声楽は4位まで賞がもらえます。

賞金はとてもよいです。公式サイトによると

Grand Prix US$ 100,000 in addition to the First Prize amount
1st Prize US$ 30,000 and the Gold Medal
2nd Prize US$ 20,000 and the Silver Medal
3rd Prize US$ 10,000 and the Bronze Medal
4th Prize US$ 5,000 and a Diploma
5th Prize US$ 3,000 and a Diploma
6th Prize US$ 2,000 and a Diploma

グランプリというのは各部門の優勝者の中からさらに1位を選びます。

今年のグランプリは、モンゴルのアルアンバター・ガンバター。名前の読み方、これであってるかどうかわかりませんが、この方が獲得しました。

確かに、この方、声いいですね。

つまりグランプリになると、13万ドルの賞金です。1600万円です。すごいですね。日本ではコンクールの賞金も課税されるみたいですが、モンゴルではどうでしょうか。

ちなみに、3万ドルは、370万円です(1ドル123.91円で換算)。

コンクール優勝者の演奏などは公式サイトにのっている動画で見られます⇒The XV International Tchaikovsky Competition

ダニール・トリフォノフは1991年生まれで、2011年のチャイコフスキー・コンクールに出たときは20歳ぐらい。日本でも人気みたいです。

レコードジャケットみると、「貴公子」みたいな雰囲気で映っていますが、ニュースに映ったチャイコフスキー・コンクールの映像ではメガネをかけていてちょっとおたくっぽいですね。

一瞬、誰だかわかりませんでした。

それでは次回のニュースの記事をお楽しみに。






テーブルの上キッチンにあるもの~かわいいフランス語(79)前のページ

ローマ数字(後編)~フランス語の数字【第53回】次のページローマ数字の時計の文字盤

ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 2021年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。テーマはファッション。
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. 冬時間

    時事ニュース

    夏時間と冬時間。年に2度の時間の変更は、意味があるのか、ないのか?

    フランスを含め、欧州連合の国々は2019年10月27日(日)の未明に、…

  2. キャンドル

    時事ニュース

    神戸の震災から20年

    1月17日は阪神・淡路大震災からちょうど20年。日本各地で黙祷が行われ…

  3. モナリザ
  4. パリ

    時事ニュース

    2017年フランス大統領選挙入門

    フランスの子ども新聞、jde.fr から、フランスの大統領選挙に関して…

  5. リメンブランスデイのポピー
  6. 生理用品

    時事ニュース

    世界初、スコットランドで生理用品を無料で提供する法案が可決された。

    2020年11月24日、スコットランドで生理用品を、必要な人にに無料で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP