ホットドリンク

時事ニュース

1月はお酒を飲まないチャレンジをする月~ドライ・ジャニュアリー

1月にお酒を飲まないチャレンジをするDry Januaryに取り組む人が年々増えています。

もともとイギリスで始まったキャンペーンですが、フランスでも広がっています。

実際に、やっている人のニュースを紹介します。

タイトルは、mois sans alcool, un pari gagnant ? (アルコールなしの1ヶ月、勝てる賭け?)



mois sans alcool

2分13秒。

2021年1月のニュースです。

トランスクリプション

Les Français en consomment presque 12 litres par an et pourtant, l’alcool tue chaque année plus de 40 000 personnes.

Au mois de janvier, certains, comme Rémy Domrane choisissent de s’en passer. Depuis le dernier confinement, il avait pris l’habitude de finir ses journées de télétravail par une bière ou un verre de vin.

Oui, il y avait toujours une petite excuse : « bon ben là c’était lundi soir, donc la journée a été dure ; ah cool c’est jeudi, c’est bientôt la fin de semaine, ça remplace les afterworks * ; mercredi la réunion a été compliquée avec mon directeur, on prend un petit verre… ». Enfin voilà, tous les jours il y avait un petit truc à rationaliser.

Depuis le 1er janvier, il a choisi de remplacer les verres d’alcool par du thé glacé.

Ça aidait à mieux dormir, ça aidait à se sentir plus reposé, plus frais, bon, sinon le problème sur le long terme, et aussi pour voir si je pouvais le faire.

Une opération soutenue par les associations de prévention en alcoologie.

Un mois sans alcool, ça donne des bénéfices immédiats, c’est-à-dire qu’on se sent mieux, on dort mieux, on est plus concentré, on a aussi la peau qui redevient lisse, tendue, enfin donc, il y a des bénéfices immédiats.

Et ce défi permet de modifier les comportements sur le long terme.

Une étude menée au Royaume-Uni le montre : plusieurs mois après l’expérience, le nombre de jours de consommation d’alcool passe de 4,3 à 3,3 par semaine. Cette diététicienne a déjà expérimenté le mois sans alcool l’année dernière.

C’était compliqué, quand on sortait avec les amis, les copains, mais après on s’habitue petit à petit à se dire « ben non, je vais prendre un cocktail sans alcool ». Et après on se rend compte qu’en fait ce qui est agréable, c’est d’être avec ses copains, de parler, de rire avec ses copains, c’est pas forcément de boire avec ses copains.

Comme l’an dernier, avec une collègue, elle va créer chaque jour une illustration et donner sur les réseaux sociaux des conseils pour ne pas craquer.

C’est donner des idées de boissons, comment faire, quoi faire, comment refuser aussi quand on se dit « mais allez, prends quand même un verre ». Des petites astuces comme ça.

En 2019, près d’un quart des Français dépassaient les recommandations de consommation d’alcool.

☆トランスクリプションの引用元⇒7 jours sur la planète – Enseigner le français langue étrangère (FLE) avec l'actualité – Fiches pédagogiques gratuites

アルコールなしの一ヶ月:和訳

フランス人は、年間12リットル近くのアルコールを消費していますが、毎年、4万人以上の人が、アルコールのせいで亡くなっています。

1月、ある人たちは、レミ・ドムランヌのように、アルコールなしで過ごす選択をします。

去年のステイホーム(confinement)以来、彼は、テレワークをした1日を、ビールやワインを飲んで終えるのが習慣になっていました。

– ええ、いつもお酒を飲む言い訳があったんです。月曜の夕方だ。きょうは大変だったから、ああ、木曜だ、もうすぐ週末だから、これはアフターファイブのお酒代わりだ、水曜は、上司との会議が大変だったから、ちょっと飲もうか、というふうに。

結局、毎日、飲むことを正当化していました。

1月1日から、彼は、お酒の代わりにアイスティーを飲んでいます。

– よく眠れるようになりました。疲れがよく取れるし、リフレッシュできます。長期的な問題でないとしても、自分が達成できるかどうか知りたいのもあります。

これは、アルコールの問題を防止する協会によって、サポートされているキャンペーンです。

– 1ヶ月アルコールなしですごすと、すぐにいい効果が現れますよ。つまり、より気分がよくなり、より眠れるようになり、より集中できます。

肌にもなめらかさや張りが戻りますし、すぐに効果があります。

このチャレンジをすると、長期的に行動を変えることができます。

イギリスで行われた研究によると、実験から数カ月後に、飲酒する日数が、集に4.3日から3.3日に減少しています。

この管理栄養士は、すでに昨年、アルコールなしで1ヶ月過ごしてみました。

– 友人と出かけるときは、困ったりもしましたが、だんだん、「じゃあ、私は、アルコール抜きのカクテルを飲むわ」と言うことに慣れていきました。

そして、楽しいのは、友人と一緒に話したり、笑ったりすることであり、必ずしも友人とお酒を飲むことではないんだと気づきました。

昨年同様、彼女は、同僚と一緒に、毎日、イラストを作成し、ソーシャルメディアで、挫折しない方法を発信します。

– 飲み方に関することです。どうすべきか、何をすべきか、「まあ、いいじゃない、1杯飲もうよ」と言われたとき、どうやって、断るかといったことについて、ちょっとしたコツを伝えていきます。

2019年、フランス人の4分の1近くの人が、政府が推奨する飲酒の量を越えています。

単語メモ

se passer de qc/qn  ~なしで済ます、をやめる

prendre l’habitude de  ~の習慣がつく

afterworks   仕事のあと同僚とお酒を飲むこと

rationaliser  ~を正当化する

craquer  挫折する、失敗する



ドライ・ジャニュアリー・関連動画

Dry January : comment passer un mois sans boire d’alcool(ドライ・ジャニュアリー:飲酒せず、どうやって一ヶ月過ごすか)

この人は、1ヶ月の禁煙に成功したことがあるので、飲酒を1ヶ月しないのもできると思う、と言っています。

*****

フランスの人は、12月に半端なく、飲んだり食べたりしますから、1月に禁酒するのは胃腸を休めるためにもとてもいいことですね。

甘いアイスティーを飲むより、紅茶かハーブティを飲んだほうがいいと思いますが、いきなりハードルをあげると失敗するから、アイスティーあたりがいいのかもしれません。

きょう紹介したニュースは、去年、2021年のニュースですが、再度クリップを見ながら、「もう1年、たってしまったんだ」と驚いています。

1年たつのがこんなに早いので、1ヶ月なんてあっという間でしょう。






お酒を飲んでいる女性アルコール依存症から立ち直ったカミーユ(前編)前のページ

フランス語のスラング、ヴェルラン(le verlan、逆さ言葉)とは?(前編)次のページ高校生たち

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2022年版、フランス語学習用カレンダー(日めくり)の感想:テーマは場所。
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. ヒトコブラクダ

    時事ニュース

    韓国でMERS(マーズ:中東呼吸器症候群)の感染が拡大

    韓国でMERS(中東呼吸器症候群)の感染者が増えているニュースをご紹介…

  2. pen新聞

    時事ニュース

    ニュースの記事のまとめ(1)

    ニュースの記事の目次を作りました。ニュースの記事とは子ども新聞やEur…

  3. ホワイトハウス

    時事ニュース

    ヒラリー・クリントン、アメリカ大統領選に立候補~私はチャンピオンになりたい

    ヒラリー・クリントンが2016年のアメリカの大統領選に出馬表明したこと…

  4. リメンブランスデイのポピー
  5. アフリカの子供

    時事ニュース

    もうすぐマラリアのない世界になるか?

    2021年の10月に、WHOが、マラリアのワクチンをアフリカの子どもた…

  6. ノルマンディー

    時事ニュース

    なぜノルマンディー上陸作戦は伝説となったのか?(1)

    ノルマンディー上陸作戦がテーマのミニドキュメンタリー(8分程度の動画)…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP