欧州連合の旗

時事ニュース

2019年、欧州議会議員選挙の結果はいかに?

2019年5月23日から26日にかけて、欧州連合(EU)の加盟国で、欧州議会の議員を決める選挙が行われました。

この選挙の結果を伝える子供新聞記事を和訳します。

ごく簡単に書かれていますが、今回の選挙の特徴はすべておさえてあります。



欧州議会選挙:結果はいかに?

Élections européennes : quels sont les résultats ?

5月26日の夜、欧州議会選挙の結果が明らかになりました。どの政党が、新しい欧州議会の議員751人を送り込むのかわかったのです。

予想通りの勝利もありましたが、予想外のことも起きました。1jour1actuが2019年欧州議会選挙の結果をお伝えします。

ヨーロッパ市民それぞれが、自分と同じ考えをもっている議員のリスト(それぞれの政党)に投票しました。このリストをたくさん獲得すればするほど、欧州議会に議員を送り込むことができます。

新選挙が終わって、議席を失った政党もあれば、獲得した政党もあります。

反欧州連合の政党が伸びた

欧州連合の存在に批判的な政党が751の議席のうち173議席を獲得しました。

いまや彼らは議会で、2番目に大きな勢力です。

イタリア、ハンガリー、イギリス国民が、おもにこうした政党に投票しました。

反欧州連合の政党の議員は、内側から、彼らの言葉によれば、欧州連合のうまくいっていないところを変えたいのです。

フランスはどうでしょうか?

マリーヌ・ル・ペンが率いる国民連合(e Rassemblement national)がこうした政党ですが、この政党が、首位に立ち、22の議席を獲得しました。

与党は弱体化

欧州議会は以前よりも分離しました。40年以上議会の中心になっていた2つの大きなグループが、80人の議員を失いました。

今後、彼らが法律を通すことはより難しくなります。

フランスはどうでしょうか?

共和国大統領の政党である、共和国前進(la République en marche)が国民連合にわずかに及ばず2位でした。

エマニュエル・マクロンの政党にとっては残念なことですが、それでも欧州議会に21人の議員を送り込むことができます。

緑の党の躍進

この選挙ではとても驚くことがありました。

フィンランドやドイツなどたくさんの国で、ほとんどの国民が緑の党に投票したのです。

このような政党は、環境に配慮した法律をより提案したいと考えています。緑の党は全部で77人の議員を送り込むことができ、前に比べると25人増えました。

フランスはどうでしょうか?

フランスでも、環境保護者の躍進は同様に目を見張るものでした。ヨーロッパ・エコロジー=緑の党(Europe écologie-Les Verts)が第3位で、2014年の選挙のときより、ずっと多くの議席を獲得しました。

高い投票率

世論調査の数字とは裏腹に、たくさんの有権者が投票しました。欧州連合の28カ国で、2人のうち1人以上が投票したのです。

ヨーロッパの政治に関する関心の高さを物語っています。

フランスはどうでしょうか?

やはり2014年のときより、たくさんの国民が投票し、2人に1人以上が投票所に行きました。

元記事 → Élections européennes : quels sont les résultats ? – 1jour1actu.com

単語メモ

à l’issue de  ~のあとで

anti-européens  反欧州連合、欧州連合懐疑派

hongrois  ハンガリーの

déception  失望

écolo  エコロジスト、環境保護を主張する人

2019年欧州議会選挙の特徴

■ 投票率が高かった

今回の投票率51%弱で、1994年、56.7%を獲得して以来、50%以下にさがっていた投票率が50%を上回りました。

記事にもあるように、現在、より多くの人がヨーロッパの政治(欧州連合の動き)に興味を持っているからです。

いま、イギリスがEUを脱退することに決めた(Brexit)のに、国内での意見がまとまらず、なかなか脱退しない、という問題があります。

また、全体的に、既存の中道の政党の人気が落ちているし、移民は困った存在である、という半グローバルな動きもあり、欧州連合にとっても転換期だからだと思います。

■ フランスでは極右政党が1位を獲得

マリーヌ・ル・ペンの国民連合が得票率23.3%で首位を獲得。その次が、マクロン大統領の政党の22.4%です。

まあちょっぴりしか違いません。

3位が緑の党で13.5%。

■ 緑の党の躍進

異常気象が続いているし、このままでは地球が大変なことになる、という危機感を持っている人が多いので、緑の党が得票を伸ばしたのでしょう。

私も危機感を持っている1人です。



欧州議会選挙関連動画

欧州議会選挙って、そもそも何なの? なんで、そんなに大騒ぎしているの? という人の参考になる動画を紹介します。

A quoi servent les élections européennes ?

欧州議会選挙はどんな役割を果たしているのか?

イラストで説明しているし、とてもゆっくり話しているのでわかりやすいです。

3分47秒

欧州議会は欧州連合の国会みたいなもので、各国から選出された議員が、EUの法律を考えて通したり、予算を決めたりします。

欧州連合で決まった法律は、加盟国全部に適用されるから、重要なのです。

議席は全部で751。議員の任期は5年。

本会議はフランスのストラスブールで行われ、各種委員会はベルギーのブリュッセルで行われます。

現在、EUには28カ国が参加していて、各国から議員が送り込まれますが、送る議員の数は、その国の人口によって違います。

一番人口の多いドイツは89人、その次のフランスは74人、その次はイギリスで73人送り込みます。人口の少ないマルタは6人です。

イギリスはもうすぐ脱退するはずなのに、議員を送り込むのかい、と思うわけですが、もしかしたら、また国民投票があるかもしれないので、なんともいえません。

選出された議員は、政治的な主張によって8つのグループに分けられ議論をします。

それぞれの国で、選挙をして、どの政党の議員を送り込むか決めます。

先に書いたように、フランスでは極右の政党が僅差ではありましたが、首位でした。

最近、マクロン大統領の人気は落ちていますから、こうなってしまうのも無理はないのかもしれません。

こちらは、欧州議会選挙に投票する人たちって誰? という1jour1questionの動画です。

先に紹介した動画と同じことを話していますが、子供むけなのでずっとわかりやすいと思います。

最後に今回の結果を説明している大人向けのニュースクリップです。

5分2秒。

これだけ見れば、欧州議会については、だいたいのことはわかるのではないでしょうか?

*****

今回は、2019年の欧州議会選挙の結果をお伝えしました。

欧州議会では、大きな国の発言権が大きいですね。まあ、それはEUじゃなくても同じですが。






ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. 女の子とラップトップ

    時事ニュース

    手書きは消滅してしまうのでしょうか?

    ごく近い将来、文字を手で書くことはなくなってしまうかもしれないという記…

  2. 火星

    時事ニュース

    火星には水がある。NASAが発表

    火星には水があることをNASAが発表したニュースを紹介します。…

  3. グアム島

    時事ニュース

    アメリカ軍が2000匹のネズミをグアム島に投下~その心は?

    JDEという子ども新聞から、環境問題に関する記事を読みました。…

  4. 雪

    時事ニュース

    ニューヨーク州バッファローで記録的な大雪

    ニューヨーク州バッファローの大雪のニュースをご紹介します。バッ…

  5. ユニオンジャック

    時事ニュース

    ジョージ王子:世界で一番有名な赤ちゃん

    イギリス王室シリーズ第3弾は、子ども新聞に掲載されたジョージ王子の記事…

  6. 勉強している少女

    時事ニュース

    バカロレア 2013年

    今週、フランスではバカロレア(Baccalauréat)という試験が行…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. 1918年の11月11日に起きたこと。
  2. サンジェルマン・デ・プレの歴史と名所
  3. いろいろな箱やケース:かわいいフランス語教えます(140)
  4. ハロウィンって何ですか?(子供むけの簡単な説明)
  5. 夏時間と冬時間。年に2度の時間の変更は、意味があるのか、ない…
  6. ヴェルサイユ宮殿って何ですか?
  7. マリー・アントワネット、世界のイコン
  8. 2019年のノーベル文学賞発表、2人の受賞者が象徴するもの。…
  9. パリのボン・マルシェ百貨店の歴史 (後編)
  10. 男と女 人生最良の日々(2019):予告編のフランス語

おすすめ記事いろいろ

  1. 謎のマレーシア航空370便の海中捜査打ち切り
  2. アレクサンドリ・アレクサンドラ~クロード・フランソワ(歌と訳…
  3. ハロウィンにまつわる単語 その3 魔女
  4. プチ・ニコラの夏休み・予告編のフランス語
  5. ラジオ講座と絵本とお風呂で勉強~入門日記第28回
  6. 歌と訳詞:故郷の九月~ジルベール・ベコー その2
  7. フランス語のことわざ52~クマを殺す前に皮を売る
  8. フランス語学習で大切な3つのPとは?
  9. 時間の表現~フランス語の数字【第54回】
  10. かわいいフランス語教えます~その52 ソーイング(裁縫)の単…

おすすめのまとめ記事

  1. 翻訳者養成講座関連記事の目次
  2. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(2)
  3. フランス語のことわざ~目次 その1
  4. かわいいフランス語、教えます~目次 その4
  5. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)
  6. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話
  7. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その2(1課…
  8. 動画教材『不思議の国のFrance』関連記事の 目次
  9. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(1)
  10. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その3(48…

フランス語の勉強法とか

  1. フランス語の日めくり
  2. 星の王子さまの本
  3. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP