ボートをこぐ人

フランス語を読む練習

小さな舟で(Dans un petit bateau):ロベール・デスノスの詩

当ブログでは、ごくまれに、私でも訳せそうなフランス語の詩を訳しています。

きょうは、ロベール・デスノスという詩人の、Dans un petit bateau(小さな舟の中で)という詩を紹介します。

短いし、使われている単語はとても簡単なので、初心者でも楽しめます。



Dans un petit bateau

Dans un petit bateau
Une petite dame
Un petit matelot
Tient les petites rames

Ils s’en vont voyager
Sur un ruisseau tranquille
Sous un ciel passager
Et dormir dans une île

C’est aujourd’hui Dimanche
Il fait bon s’amuser
Se tenir par la hanche
Échanger des baisers

C’est ça la belle vie
Dimanche au bord de l’eau
Heureux ceux qui envient
Le petit matelot.

小さな舟に
小さな淑女
小さな水夫が
小さなオールを手にしている

2人は出かけていく
静かな小川の上を
つかの間の青空の下を
島で眠るのさ

きょうは日曜日
遊ぶのにはよい天気
腰に手を回し
キスをする

これこそ美しい人生
日曜日、水辺で
人もうらやむしあわせ
小さな水夫

単語メモ

matelot (下級)船員、水夫、水平

rame 櫂(かい)、オール

ruisseau 小川

passager 通りすがりの、一時滞在する;つかの間の、移ろい行く、はかない

hanche 腰

ceux qui envient うらやましがる人たち この ceux qui が誰のことが具体的にわからなかったのですが、舟にのっていないふつうの人たちである、という解釈のもとに訳しました。

日曜日のささやかな幸せをうたっている詩です。

小さな舟で、関連動画

この詩をアニメーションにしたものです。歌うように詩を語っています。

2分57秒。

ロベール・デスノス(Robert Desnos)について

ロベール・デスノス(1900-1945)はフランスのシュールレアリズムの詩人、ジャーナリスト、作家、脚本家です。

彼の詩は、以前、Une fourmi de dix huit mètres(18メートルのアリ)というのをとりあげたことがあり、そちらの記事にプロフィールを書いています⇒フランス語の数字【第20回】~18(ディズュイット)

44歳で亡くなっていますが、戦争がなかったら、もっと長生きしていたでしょう。

彼は、レジスタンス運動をしていて、ナチにつかまり、あちこちの収容所をたらい回しにされました。

最後は、当時のチェコスロバキア、テレジンにあった収容所で腸チフスで亡くなります。

彼が亡くなったのは、1945年6月8日で、すでにこの収容所は解放されて数日たっていましたが、まだまだ混乱していて、治療を受けられない劣悪な環境だったのでしょう。

以前書いたことと重複する部分もありますが、以下に、簡単に彼の生涯を紹介します。

生まれたのは1900年7月4日で、お父さんは裕福なカフェのオーナーでした。

しかし、彼は父親のようなブルジョアにはなりたくなくて、文学を志しました。

1918年、18歳のとき、はじめての詩が La Tribune des jeunes にのります。

その後、バリのダダイストの仲間に加わります。アンドレ・ブルトン(André Breton)たちと活動をともにします。

1920年代:シュールレアリズム

モロッコで2年間の兵役をつとめ、1922年パリに戻り、シュールレアリズム運動をする一人として影響力を持ち始めます。

催眠状態で夢の口述をして、有名になりました。よく知りませんがトランス状態に入って、自動的に詩を書いてしまうという特殊なことができたのです。

人がたくさんいるカフェの中で、目をとじただけで、トランス状態に入って、詩を語ったとか。

この頃、詩や評論、エッセイなどを書くだけでなく、シュールレアリズムの雑誌を発刊しました。

彼の作風は、遊び心に満ちていて、文法を無視したものが多いです。まあ、シュールレアリズムですから、ふつうのわかりやすい詩ではないでしょう。

1920年代は歌手のYvonne George(イヴォンヌ・ジョルジュ)とつきあっていて、彼女への愛をうたった詩もたくさんあります。

1930年代:社会性にめばえる

1930年代は、シュールレアリズム運動から離れます。アンドレ・ブルトンと方向性が変わってしまったからです。

あいかわらずたくさんの詩を書いていましたが、ラジオ番組の脚本を書いたり、ジャーナリストとしての仕事をするようにもなりました。

ブレノスはそれまでは、わりと自分のことを書いていたというか、自分の心の中にある無意識の部分を詩に書いていたのですが、30年代以降は、だんだん社会のことに興味をもつようになりました。

よって、大衆にむけて、以前より、もっとわかりやすいリリカルな詩を書くようになります。

画家の藤田嗣治(ふじたつぐはる)の奥さんだったユキ(Youki Foujita)と恋仲になったのもこの頃です。彼女への思いは死ぬまで続きます。

彼は詩がどんどんわきでてくるタイプなのか、ずっと多作でした。1936年には毎日、1つずつ詩を書いたそうです。当時、子供のための詩も書いていました。

1939年に第二次世界大戦が始まると、徴兵され戦場に行き、戦場で見聞きしたことを、雑誌や新聞に寄稿しました。

1940年代:レジスタンス運動と死

1940年のはじめごろは、レジスタンス運動をしていて、新聞社で得た情報を、レズスタンスの闘志に伝えるといったことをしており、それがナチに発覚し、1944年にゲシュタポにつかまります。

このあと、さまざまな強制収容所をたらい回しにされ、前述のとおりチェコスロヴァキアのテレジン収容所で亡くなります。

ロベール・デスノスの詩を訳している方がいるので、興味のある方はごらんください⇒ロベール・デスノス(Robert Desnos):詩の翻訳と解説

堀口大學が彼の詩を訳した本が昔あったようですが、現行で手にはいる、彼の詩集(翻訳版)はないみたいです。日本のアマゾンにはありませんでした。

ぱっと見、英語のアンソロジーみたいなものがたくさんありました。こちらは彼の詩(フランス語の原文)と英訳をのせた本です。

図書館や古本屋にはあるかもしれませんね。もちろん、フランスのアマゾンあたりで買えば全部フランス語の本が手に入りますが。

きょう紹介した Dans un petit bateau は、”Destinée arbitraire”という詩集に入っています。



詩や水夫関連記事もどうぞ

ジャック・プレヴェールの詩『朝食』は複合過去の学習に最適

学校からでてきたら:ジャック・プレヴェールの詩を読んでみた

『劣等生』~ジャック・プレヴェールの詩で学生時代を思い出す

イースター・エッグ:マルセル・パニョルの詩

歌と訳詞:『水夫、友だち、恋人、または夫』 Marins, Amis, Amants Ou Maris

歌と訳詞:『昔小さな船があった』~フランスの童謡

*****

日曜日にのんびりボートにのるのって、確かに人生の幸せの1つですね。

私、歌詞はよく訳していますが、詩はあまり訳していません。「訳すのがとてつもなく難しそうだ」、という苦手意識があるからです。

アメブロ時代に、アポリネールの「ミラボー橋」を訳したことがありますが、えらい苦労をした記憶があります。

あの記事、大変だったので、ちょっと手直しして、このブログに移そう、と今思いました。






ピックアップ記事

  1. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. 猫

    フランス語の語彙

    猫に関連する記事の目次~猫好きさんに捧ぐ

    猫はあちこちで人気があります。きょうは猫が出てくる記事を集めて目次を作…

  2. ツリーのデコレーション

    フランス語を読む練習

    クリスマスツリーの飾り方のアイデア その1 ナチュラル

    12月になりましたね。フランスの師走は「クリスマス」という一大イベント…

  3. かわいいマスキングテープ

    フランス語を読む練習

    フランスでもマスキングテープの人気が上昇中

    数年前から日本ではカラフルなマスキングテープが流行っていますが、最近、…

  4. Augustine

    フランス語を読む練習

    オーギュスティン(Augustine)~私の好きな絵本

    きょうは私の好きな絵本をご紹介します。実を言うと特に絵本が好き…

  5. 鯉のぼり

    フランス語を読む練習

    子どもの日の由来~前編:鯉のぼり

    子どもの日について書かれたフランス語を読んでみました。日本文化…

  6. ヴェルサイユ宮殿の庭園

    フランスにまつわるあれこれ

    造園家・アンドレ・ル・ノートル生誕400周年

    2013年はアンドレ・ル・ノートルというフランスの著名な造園家の生誕4…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. プラスチックの海を掃除する船、オーシャンクリーンアップ
  2. レオナルド・ダ・ヴィンチ、天才のひらめき
  3. 8月13日は左利きの日。なぜ左利きの人がいるのか?
  4. ベーキング・お菓子作りに関係のある言葉:かわいいフランス語教…
  5. ムッシュ・アンリと私の秘密:予告編のフランス語
  6. アルフォンス・ミュシャ、ベル・エポックのイコン。
  7. ガレット・ブルトンヌ(厚焼きクッキー)の作り方:フランスのお…
  8. Pupille(後見人のいる孤児):予告編のフランス語
  9. そこへ行くために(Pour en arriver là):ダ…
  10. なぜプラスチックのストローの使用が禁止されるのか?

おすすめ記事いろいろ

  1. 知られざるジョルジュ・サンドの生涯
  2. アバの記念ミュージアムが開館~ストックホルムその2
  3. パリの田舎町「虎と小鳥のフランス日記」第105話
  4. 名言その5~ココ・シャネル~香水をつけない女性の未来とは?
  5. いつかきっと成功してみせる~映画『ココ・アヴァン・シャネル』…
  6. クロード・モネの「睡蓮」がオランジュリー美術館に寄贈されるま…
  7. パリのオアシス?リュクサンブール公園を散策しながらリアルなフ…
  8. 私の単語の覚え方~入門日記第22回
  9. 日本語になっているフランス語~かわいいフランス語教えます(8…
  10. 「毎日が日曜日」(Il fait dimanche )アンリ…

おすすめのまとめ記事

  1. masausaさんのカレンダー収録曲の記事の目次
  2. フレンチポップスの訳詞をしている記事のまとめ:その5
  3. かわいいフランス語、教えます~目次 その2
  4. フランス語のニュースの記事のまとめ(3)
  5. フランス語入門日記~目次を作りました
  6. 『タイトルのフランス語』の記事の目次
  7. かわいいフランス語、教えます~目次 その3
  8. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(2)
  9. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3
  10. かわいいフランス語 目次 その5:ネーミングの参考に

フランス語の勉強法とか

  1. フランス語の日めくり
  2. 黒板
  3. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP