piano

フランス語を読む練習

ドビュッシーの生涯~後編

クロード・ドビュッシーのポートレート、後編です。

前編では陶器商店を営む両親のもとに生まれたこと。10歳でパリ音楽院にすすんだこと。作曲を学びローマ賞を獲得。作曲、ピアノの先生、音楽誌での著述業を仕事としていたことなどを読みました。

では、後編いきます。



ドビュッシーの生涯

私の好きなこと
作曲です!私は新しい音楽様式を考えだすことが大好きでした。想像がつくかもしれませんが、私が好きな楽器はピアノです。でも、弦楽器(バイオリン、チェロ)のためにもたくさんの曲を作ったんですよ。

私の音楽は「自由、とらわれない」と言われています。これは、私が音楽院で習った音楽のルールをしっかりと守っていないという意味です。

私が何より好きなのは、自分の欲望、インスピレーションに従うことなのです。

残念なことに、私の時代には、このやり方がみんなに好まれたわけではありません。私の作った曲は和声がとれていないと言う人もいたのです。

現在では、私は前衛的な作曲家と考えられています。別の言い方をすると、音楽に変革を起こしたのです。

私は多くの作品を残して、1918年の3月25日に世を去りました。

私の作品
私はたくさん作曲しました。最も有名なのは、『弦楽四重奏曲 « Quatuor »』『牧神の午後への前奏曲 « Prélude à l’après-midi d’un faune »』です。

娘のシュウシュウのためにも曲を作り、それは『子供の領分 « Children’s Corner »』という曲集にまとめました。

私の名前
私の名前はフランスの17の小中学校についています。

前編はこちら⇒ドビュッシーの生涯~前編

単語メモ

les cordes 弦楽器

violoncelle チェロ

consequente (話)重要な、たくさんの

ドビュッシーは音楽院(10年ぐらい行っていた)ではその才能を認められていたものの、作る曲が当時としてはあまりに変てこなので、「よくわからない」と思われていたようです。

でも22歳でローマ賞を獲得したのですから、認められていたのでしょうね。

性格は、内向的、非社交的、しかし時に攻撃的らしかったです。美しいものが大好きでした。女性にはもてたようで、数々の女性遍歴があります。

記事に出てくるシュウシュウ(愛称)Chouchou=キャベツ)は二番目の奥さんとのあいだにできた彼にとっての初めての(そして唯一の)子どもです。

40歳をすぎてできた子どもだから可愛かったのでしょうか。彼はシュウシュウを溺愛していました。奥さんはもともとは自分のピアノの弟子のお母さんで、裕福な銀行家の妻。2人は初めは不倫の関係で半ば駆け落ちして一緒になりました。

シュウシュウの本名はクロード・エマ claude-emma。これは父親と母親の名前をつけたものです。男女どちらの名前にもなりうる、クロードだからこそできた技です。

ドビュッシーは55歳で直腸がんで亡くなってしまいます。シュウシュウも翌年、10代半ばで病気で亡くなります。



ゴリウォーグのケークウォーク

最後に「子供の領分」から一曲ご紹介します。たぶんいちばん有名な「ゴリウォーグのケークウォーク」”Golliwogg’s Cakewalk”を選びました。

ゴリウォーグというのはイギリスの童話作家が19世紀末に描いた絵本の登場人物で、黒人の人形です。

ゴリウォーグ
ゴリウォーグ

1960年代に布の人形になり販売され、1970年代ぐらいまで、北米、ヨーロッパ、オーストラリアなどで大人気でした。

私はダッコちゃんは知ってますが(遊んだ覚えはない)、この人形は見たことないです。

今もあるんですけど、ちょっと名前が変わっています。奴隷制の遺物という意見が80年代から優勢で、今、公の場で不用意にゴリウォーグの名前を出すと問題になります。

きっとシュウシュウはこの絵本を持っていて、ゴリウォーグが好きだったのでしょうね。

ケークウォークは黒人のダンスです。この曲集のタイトルも個々の曲のタイトルも英語ですが、これは奥さんの英国趣味を反映したものという説があります。しかし本当のところはわかりません。

では、ゴリウォーグのケークウォークをドビュッシー自身の演奏でお聞きください。1913年の演奏です。

「私、ドビュッシー小学校へ行ったの」って言うとちょっとかっこいいですね。






関連記事

  1. ミーティング

    フランス語を読む練習

    この世でもっとも大変な仕事とは?~その2

    こんにちは。フランス語愛好家のpenです。おもしろビデオの続きです…

  2. 竹取物語

    フランス語を読む練習

    『かぐや姫の物語』~その2

    スタジオ・ジブリの映画、『かぐや姫の物語』について書かれた記事を和訳し…

  3. スズラン

    フランスの暦、年中行事

    スズランの日の起源~5月1日はスズランを贈って幸せを願う

    フランスでは、5月1日はメーデーであり、スズランの日(Jour de …

  4. ファッショナブルな男性

    フランス語を読む練習

    アラン・ドロンのダーバンのCMでフランス語を学ぶ。

    身近にある簡単なフランス語からフランス語の世界になじんでいくシリーズ。…

  5. 星のpen王女さま

    フランス語を読む練習

    「星の王子さま」の初めてのアニメ映画、7月29日にフランスで公開

    1900年6月29日は「星の王子さま」の作者、アントワーヌ・ド・サン=…

  6. ヴェルサイユ宮殿の庭園

    フランスにまつわるあれこれ

    造園家・アンドレ・ル・ノートル生誕400周年

    2013年はアンドレ・ル・ノートルというフランスの著名な造園家の生誕4…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事いろいろ

  1. 2013年秋冬ファッションのトレンド その3 40年代ルック…
  2. 求職中の人は口座維持費が無料に。CIC(フランスの銀行)のC…
  3. かわいいフランス語教えます~その27 住宅のいろいろ
  4. 7桁から9桁までの数字:フランス語の数字【第39回】
  5. ココ・シャネル~成功する人はどんな人?(名言その6)
  6. サンデー・ガール:ブロンディ(フランス語バージョン)
  7. ハロウィン・コスチュームのアイデア その3(終)~ディズニー…
  8. 映画『マリー・アントワネットに別れをつげて』予告編のフランス…
  9. エッフェル塔の説明を聞いて単純過去に親しむ
  10. 歌と訳詞:コーヒー・カラー~セルジュ・ゲンスブール

新しく書いた記事です。

  1. クロード・モネの「睡蓮」がオランジュリー美術館に寄贈されるま…
  2. アメリカ・ラスベガスで起きたアメリカ史上最悪の銃撃事件。
  3. 初心者向け:英語とフランス語の発音で大きく違う5つのポイント…
  4. アリゼ:À cause de l’automne…
  5. このブログの更新の通知を受け取る方法
  6. 美食の祭典(フェット・ド・ラ・ガストロノミー)とは?
  7. 一口サイズがかわいい、ペ・ド・ノンヌの作り方:フランスのお菓…
  8. ヨーロッパ文化遺産の日とはどんな日でしょうか?
  9. 2017年秋季仏検受付開始~仏検関連記事とおすすめサイト
  10. 学校からでてきたら:ジャック・プレヴェールの詩を読んでみた

おすすめのまとめ記事

  1. フランス語のことわざ~目次 その2
  2. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1
  3. フランス語の名言の記事の目次
  4. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話
  5. かわいいフランス語、教えます~目次 その4
  6. 数字の記事のまとめ その1 0から18まで
  7. フランス語のことわざ~目次 その1
  8. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2
  9. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで
  10. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(2)

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. ペンディクテ中
  3. penのイラスト
  4. 黒板
  5. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

  1. セントパトリックデー

    フランスの暦、年中行事

    セントパトリックデー(聖パトリックの祝日)の由来。緑色のものがラッキーアイテム。…
  2. easter bunny

    フランスの暦、年中行事

    なぜイースターにウサギが出てくるのか?
  3. 赤いばら

    フランスにまつわるあれこれ

    「ベルサイユのばら」の新作が週刊マーガレット創刊50周年記念号に
  4. オリーブ

    フランスの暦、年中行事

    歌と訳詞:故郷の九月~ジルベール・ベコー その2
  5. eleven

    数字

    フランス語の数字【第13回】~11(オーンズ)
PAGE TOP