不動産

フランス語を読む練習

不動産広告を読むちょっとしたコツ。

物件の広告や案内を見るとき、知っておいたほうがいいことを教えてくれる1分の動画を紹介します。

タイトルは、[Conseils] Comment déchiffrer facilement une annonce immobilière ? [アドバイス]不動産広告を簡単に読み解く方法。



Une annonce immobilière

1分16秒。

トランスクリプション

Comment déchiffrer facilement une annonce immobilière ?

Savoir décrypter une annonce immobilière, vous évitera de perdre votre temps à visiter des biens qui ne correspondent pas à vos attentes.

Eh oui, il arrive que la langue immobilière soit plus difficile à maîtriser que la langue de Molière.

Voici donc un rapide état des lieux du vocabulaire à maîtriser.

Si vous voyez sur une annonce : « logement à fort potentiel », attendez-vous à ce que des travaux soient à prévoir.

S’il est précisé que l’appartement se situe dans un « quartier très recherché », son prix sera probablement dans la fourchette haute, voire très haute.

Un « quartier calme » ?

Ce sont alors les transports et les commerces de proximité qui risquent de faire défaut.

De même, « en pleine évolution », est bien souvent synonyme de « mal fréquenté ».

Laissent présager d’une surface réduite des terms comme « coquet», « idéal étudiant » ou encore « aucune perte d’espace ».

Méfiez-vous aussi de l’emploi de l’adjectif « atypique», qui pourra bien souvent par se traduire par « mal agencé », voire carrément bizarre !

Il arrive aussi qu’une « kitchenette » consiste au mieux en une cuisine américaine minuscule : évier plus plaque électrique, et au pire, en une simple planche sur laquelle vous aurez à peine la place de préparer et de prendre vos repos.

Enfin, il est utile de connaître la signification de certaines abréviations comme SDB pour Salle De Bain, TBE pour Très Bon État, ou encore BEG pour Bon État Général.

☆トランスクリプションの引用元⇒Comprendre une annonce immobilière • Chatterbug

不動産広告・和訳

不動産広告を読み解く方法を知っていれば、期待に沿わない物件を見に行って時間を無駄にすることを避けられます。

ええ、不動産に関する言葉は、モリエールの言葉をマスターするより難しいときがあるんです。

そこで、知っておくべき言葉を簡単に紹介しますね。

広告に、「とても有望な住宅」とあったら、まだ建設途中かもしれないと思ってください。

もし、そのアパルトマンが、「とても人気のあるエリア」にあると書いてあったら、おそらく価格が高めか、とても高い可能性があります。

「静かなエリア」?

この場合、近隣に交通の便や店(商業施設)が不足しているかもしれません。

同様に、「発展の真っ只中」は、「人気(ひとけ)がない」という言葉の同意語であることが多いです。

「おしゃれな」「学生に最適」「スペースをくまなく活用(無駄なスペースなし)」といった言葉は、面積が少ないことを予想させます。

また、「ちょっと変わった(典型的ではない)」という形容詞にも気をつけてください。「管理が行き届いていないこと」や、まったく奇妙な物件であることも多いのです。

「キチネット(簡易キッチン)」も、せいぜいアメリカ式の小さなキッチンなのかもしれません。シンクに電気コンロがついているだけとか、最悪の場合、シンプルな台があるだけで、調理や食事をする場所がろくになかったりします。

最後に、特定の略語を知っておくと役立ちます。SDBは「バスルーム」、TBEは、「とてもいい状態」、BEGは、「総じていいコンディション」です。

単語メモ

une attente  期待、予想

la fourchette haute  ハイエンド fourchette は レンジ(幅、範囲)

faire défaut  不足する

La patience lui fait défaut.   彼には忍耐力がない。

en plein + 無冠詞名詞  ~の真ん中で、真っ只中で

coquet  しゃれた、おしゃれな

présager  推測する、予想する

agencer  配置する

Il a agencé sa chambre à sa convenance.  彼は自分の好みに合うように部屋の模様替えをした。



不動産広告・関連動画

同じチャンネルから物件の写真の撮り方のアドバイスです。

[Conseils] Comment faire de belles photos pour valoriser votre annonce immobilière ? [助言]不動産広告の価値を高めるきれいな写真の撮り方。

1分18秒。

■関連記事もどうぞ

L’annonce (広告):マリー・エスピノーザ、歌と訳詞

モリエールの作品が古くならない理由。

*****

不動産広告に関する動画は初めて紹介したと思いますがおもしろいですね。

ものは言いようです。






日記を書く女性日記を書くメリット~心身によい影響あり。前のページ

つんと来る日本の薬味、わさびの魅力。次のページわさび農場

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2023年版、フランス語学習用カレンダーの紹介:テーマは「食」

関連記事

  1. 魚

    フランス語を読む練習

    4月の魚(フランスのエイプリルフール)の起源

    4月1日はエープリルフール。全国的に嘘をついて楽しむ日です。フ…

  2. 皇帝ペンギン

    フランス語を読む練習

    ペンギンが寒さに強い理由。

    南極にいるペンギンが寒さに強い理由を説明している2分の動画を紹介します…

  3. スマーフの学校

    フランス語を読む練習

    フランスで新学年開始~スケジュールの大きな変更

    楽しかった夏休みも終わり、新学期が始まりました。フランスは9月…

  4. ノルマンディー

    フランス語を読む練習

    なぜノルマンディー上陸作戦は伝説となったのか?(4・終)

    ノルマンディー上陸作戦が、欧米で必要以上に称賛されているのではないか、…

  5. アニメの女の子

    フランス語を読む練習

    初音ミクがパリでデビュー

    こども新聞の26日のニュースで初音ミクを取り上げていたので訳してみまし…

  6. 鉛筆

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP