ヒマワリ

フランス語を読む練習

ゴッホのヒマワリの絵が意味するもの。

ヴァン・ゴッホにとって、ひまわりの絵は何を意味したのか説明している短いニュースクリップを紹介します。

タイトルは、«Les Tournesols» de Van Gogh : aux origines de cette série de tableaux mythique

ヴァン・ゴッホの『ひまわり』:この神秘的な絵のシリーズの起源
2分7秒



Les Tournesols

記事⇒"Les Tournesols" de Van Gogh : aux origines de cette série de tableaux mythique

トランスクリプション

Chaque peintre a sa fleur fétiche : Monet les nymphéas, Manet les pivoines, Van Gogh ce sont les tournesols.

En 1888 et 1889, l’artiste a peint sept tableaux représentant un bouquet dans un vase.

Quel est le sens caché de ces tournesols ?

Reponse : dans la choix du 20H.

En août 1888, Van Gogh reçoit chez lui en Provence son ami Paul Gauguin.

Pour décorer les murs de la chambre de son invité, il peint des tournesols dans un vase.

Gauguin lui rend la politesse : il peint Vincent Van Gogh qui peint les tournesols.

La fleur symbolise le respect, l’admiration et l’amitié.

Elle suit le soleil toute la journée comme pour le contempler.

De la même façon, Van Gogh vénère Gauguin.

Pour le peintre c’est aussi un symbole religieux.

Pour Van Gogh le tournesol représente la dimension divine, la dimension sacrée qu’il cherche dans la vie et dans la peinture.

Le tournesol se tourne, cherche la lumière comme l’homme cherche Dieu qui est lumière.

En faisant plusieurs tableaux, Van Gogh essaie des associations de couleurs différentes, mais à chaque fois on voit les tournesols à toutes les étapes de leur floraison : à peine éclos, rayonnants et puis fanés.

L’artiste représente ici le cycle de la vie.

Chaque peintre a sa fleur et sa couleur.

Pour Van Gogh, c’est le jaune, il en a utilisé trente nuances différentes dans cette version des tournesols.

Le jaune, c’est la lumière et la chaleur du Sud.

Des sept tableaux, il en reste six.

Celui-ci a été détruit au Japon en 1945 pendant un bombardement américain.

Trois sont dans des musées européens, les autres aux États-Unis et à Tokyo.

Ce bouquet de fleurs est à la fois tout simple et riche de symboles.

Ici à Amsterdam, le tableau vient d’être restauré, il n’a pas fini de faire travailler l’imagination des spectateurs.

ひまわり、和訳

画家はそれぞれ大好きな花があります。モネはスイレン、マネはボタン、ヴァン・ゴッホにとってそれはヒマワリです。

1888年と1889年、ゴッホは、花瓶にはいったヒマワリの絵を7つ描いています。

このヒマワリにどんな意味が隠されているのでしょうか?

答えは、Le Choix du 20H(番組の名前)の中に。

1888年の8月、ゴッホはプロヴァンスの自宅に、友人のポール・ゴーギャンを迎えました。

ゲストの部屋の壁を飾るため、ゴッホは、花瓶に入ったヒマワリの絵を描きました。

ゴーギャンは、この礼に応えるため、ヒマワリの絵を描いているゴッホの絵を描きました。

ヒマワリは、尊敬、称賛、友情の象徴なのです。

ヒマワリは、1日中、太陽を追い続けます。まるで、太陽をじっと見ているように。

同じように、ゴッホもゴーギャンをあがめていました。

ゴッホにとって、ヒマワリは宗教的なシンボルでもありました。

ゴッホにとって、ヒマワリは、神の次元を表しています。神聖な次元です。彼はそれを人生と絵画の中で追い求めていました。

ヒマワリは向きを変えて、光を追い求めます。まるで、人間が、光である神を探し求めるように。

複数のヒマワリの絵を描きながら、ゴッホは違う色の組み合わせを試しています。しかし、毎回、ヒマワリの開花の段階すべてが描かれています。花が開きかけ、光輝き、やがてしおれるプロセスを。

ゴッホは、こうすることで、人生のサイクルを描いています。

画家はそれぞれ、自分の花と色をもっています。

ゴッホにとって、それは黄色で、このヒマワリの絵では、30種類の違う黄色を使いました。

黄色、それは、光であり、南仏の暖かさです。

7つ描いたうち、6つ残っています。

この絵は、1945年、日本で、アメリカの空襲によって燃えてしまいました。

3つはヨーロッパの美術館にあり、残りはアメリカと東京にあります。

このヒマワリの花は、とてもシンプルでありながら、さまざまな意味が込められているのです。

ここアムステルダムでは、ヒマワリの絵が修復されたところです。この絵は、観る人のイマジネーションを刺激してやむことがありません。



単語メモ

vénérer  (神などを)あがめる、崇拝する

une floraison  開花

éclos  (ひな、卵が)孵化(ふか)した;花開いた

「ひまわり」に関する動画

Vincent van Gogh: Les tournesols, 1887 ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ:ひまわり 1887
2分24秒

The Origin of Vincent Van Gogh’s famous sunflowers ゴッホの有名なヒマワリの起源

3分15秒(英語)

ゴッホがゴーギャンをアルルに招待したとき、ゴーギャンは有名な画家で、ゴッホのほうは無名だったのですね。

■関連記事もどうぞ

クロード・モネの「睡蓮」がオランジュリー美術館に寄贈されるまで。

セザンヌと彼が好きだった山、サント・ヴィクトワール山。

モナ・リザのプロフィール、またはその謎。

ゴッホの亡くなった村~「虎と小鳥のフランス日記」第20話

モンマルトルの収穫祭 2013年 その1「虎と小鳥のフランス日記」第128話

この動画は、2年前の今ごろ、TV5MONDE(7 jours sur la planète)の練習問題になっていました。

当時、勉強した人もいるでしょうね。

それでは、次回のアートの記事をお楽しみに。






夜明け明日、夜明けとともに(Demain, dès l’aube):レ・フランジーヌ(歌と訳詞)前のページ

ダフト・パンクの解散次のページ砂漠

ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. 2021年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。テーマはファッション。

関連記事

  1. piano

    フランス語を読む練習

    ドビュッシーの生涯~後編

    クロード・ドビュッシーのポートレート、後編です。前編では陶器商…

  2. フランス

    フランス語を読む練習

    アカデミー・フランセーズとは その1

    子ども新聞でアカデミー・フランセーズについて読みました。タイト…

  3. 食品のバラ買い

    フランス語を読む練習

    プラスチックを使わないゼロ・ウエイスト生活(後編)

    ゴミを出さない生活を心がけている若い女性、アリーヌを取材した動画、後編…

  4. ハロウインの夜

    フランス語を読む練習

    フランス語で知るハロウインの由来。

    10月31日はハロウィンです。今回はハロウィンの由来が書かれている記事…

  5. 秋のファッション
  6. おばあさん

    フランス語を読む練習

    フランスの「祖母の日」の起源

    きょう3月3日は日本ではもちろん「ひな祭り」la Fête des f…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP