わさび農場

時事ニュース

つんと来る日本の薬味、わさびの魅力。

日本のわさびを取り上げている2分のニュースクリップを紹介します。フランス語はやさしめです。

タイトルは、Japon : le wasabi, un condiment au goût explosif(日本:わさび、つんと来る味の薬味)。

explosif は、爆発の、という意味の形容詞ですが、わさびと爆発は結びつかないので、「つんと来る」と訳しました。



Le wasabi

2分2秒。

トランスクリプション

Au Japon, on ne peut pas s’en passer. Incontournable avec les sushis, cette pâte verte au goût explosif : le wasabi.

Pour tout savoir sur cette racine, direction la plus grande ferme du pays. 

Le wasabi pousse dans l’eau. Hideyuki Teyuka supervise toutes les étapes.

- Regardez cette racine avec ces plis bien serrés. Cela veut dire qu’elle a bien pris le temps pour grandir. C’est synonyme de qualité et d’un goût équilibré.

La plante doit être protégée avec des bâches du froid. Le wasabi met un an et demi à pousser.

- C’est la qualité et la température de l’eau qui sont importantes. Elle doit être entre 13 et 14 degrés.

Une culture du wasabi à l’ancienne, dans cette ferme authentique, que les touristes viennent visiter.

Dans ce restaurant, le chef utilise les racines les plus pures. Elles sont pelées, râpées et assaisonnées.

- Au contact de l’air, ça peut perdre de sa fraîcheur et de son goût piquant et perçant. On ne veut pas d’un goût fade. C’est l’élément auquel il faut faire le plus attention.

Rien ne se perd. Les feuilles de la plante seront servies en salade, et la racine râpée sur des sushis ou sur une viande.

- Ça a un goût fort, et ça relève la saveur de la viande.

- Le parfum du wasabi en lui-même est très bon. J’espère que les Français aussi pourront le découvrir.

Cela peut monter au nez, mais les Japonais en raffolent. Il se marie à tous les plats, jusqu’au dessert, avec au Japon ces glaces, parfum wasabi.

On sent pas mal le piquant du wasabi. C’est relevé, c’est super !

Le Japon produit 2 000 tonnes par an de ce condiment et en exporte.En France, le véritable wasabi peut coûter jusqu’à 40 euros les 100 grammes.

☆トランスクリプションの引用元⇒7 jours sur la planète – Enseigner le français langue étrangère (FLE) avec l'actualité – Fiches pédagogiques gratuites

わさび:和訳

日本ではこれなしではいられません。寿司に欠かせないつんと来る緑色のペースト、わさびです。

この根について、すべてを知るために、国内最大の農場に向かいます。

わさびは水の中で育ちます。ヒデユキ・テユカは、すべての工程を監督します。

- すごく密なしわがある根を見てください。時間をかけて成長した証拠です。品質とバランスの取れた味だということです。

わさびは、シートで寒さから保護しなければなりません。成長するのに1年半かかります。

- 水の質と温度が重要です。水温は13度から14度でなければなりません。

昔ながらのわさび畑が、この由緒正しい農園にあり、観光客も訪れます。

このレストランでは、シェフがもっとも純粋な根を使っています。皮をむき、おろして、味付けをします。

- 空気にふれると、青臭さが落ちて、ピリッとした辛味や鋭さが抜けます。ぼやけた味は嫌われます。これが一番気をつけなければならないところですね。

無駄にする部分は何もありません。葉はサラダにし、根はおろして寿司や肉の上にのせます。

- しっかりした味わいで、肉の旨味を引き立てています。

- わさび自体の香りがとてもいいんです。フランスの人にも気づいてもらいたいですね。

わさびは、鼻につんときますが、日本人は、大好きです。どんな料理にも合わせます。デザートにも。このアイスクリームはわさび風味です。

- わさびの辛味がしっかり感じられます。引き立ってます。おいしいですよ。

日本では、年間2000トンのわさびを生産し、輸出しています。

フランスでは、本物のわさびは、100グラムあたり高いときで40ユーロします。

単語メモ

incontournable 避けて通ることのできない

pli  折り目、しわ

bâche  日除け、雨除けのシート

culture 耕地、畑

peler  皮をむく

fade 味のない、風味のない

marier 組み合わせる



わさび・関連動画

A la découverte du wasabi, l’or vert japonais(日本の緑色の金、わさびを求めて)

2分30秒。

France 2 のジャーナリストは、「ワサビ」と発音していましたが、Euronewsのジャーナリストは、「ワザビ」とフランス語式に発音していますね。

フランス語では、母音ではさまれたSの発音はにごります。SSとつづれば、にごりません。

■関連記事もどうぞ⇒柚子(ユズ)の名産地、高知県の北川村を訪ねて。

****

この記事を書くまで、わさびを栽培しているところをしっかり見たことがなかったので、「わさびって水の中で栽培するんだ~」と、このニュースを見たフランス人が感じたであろう新鮮な驚きがありました。

品質のいいわさびは高いのですが、パック寿司についている、小袋に入ったわさびはどうやって用意しているのか気になるところです。

品質の劣るわさびを使っているのか、機械でおろしているのか、おろしたあと時間がたっているのか?

パック寿司のわさびも十分辛いですが、いいわさびとそうじゃないわさびには、微妙な味の違いがあるのでしょう。






不動産不動産広告を読むちょっとしたコツ。前のページ

リベリア:バスの中のパソコン教室。次のページノートパソコンの上の指

ピックアップ記事

  1. 2023年版、フランス語学習用カレンダーの紹介:テーマは「食」
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. ペンギン

    時事ニュース

    生物多様性を守るため、世界自然保護会議がマルセイユで開かれた。

    フランスのマルセイユで、2021年の9月3日から9月11日まで、Le …

  2. タバコの葉

    時事ニュース

    タバコから大麻の栽培に転じるマラウイの農家。

    マラウイの一部のタバコ農家が、カナビスの栽培に移行しているというニュー…

  3. バーバパパ

    時事ニュース

    バーバパパ出版45周年おめでとう~Googleが記念ロゴでお祝い

    2015年5月19日はバーバパパが誕生して45周年ということで、この日…

  4. 黒板

    時事ニュース

    フランスの小学校:授業は長い、でも結果が伴わず・・

    ときどき練習のために読んでいるフランスの子ども向けの新聞記事、きょうは…

  5. 紫

    時事ニュース

    プリンス、57才で亡くなる。死因は不明

    2016年4月21日に、突然アーティストのプリンス(1958-2016…

  6. リメンブランスデイのポピー

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP