ハロウイン pen

時事ニュース

ハロウインでピエロの仮装禁止令~南仏の村で

10月31日はハロウィンですね。

子ども新聞でフランスのある村が、ハロウィンでのピエロの仮装を禁止したニュースを読みました。

最近、怖いピエロの格好をして、人々を驚かすいたずらが流行っているのです。

タイトルは
Halloween : déguisements de clowns interdits ?
ハロウィーン:ピエロの仮装は禁止?

それでは和訳します。



ピエロの仮装禁止令

Halloween : déguisements de clowns interdits ? ハロウィーン:ピエロの仮装は禁止?

Au cirque, les clowns font rire. Mais depuis quelques jours en France, des personnes se déguisent en clowns pour faire peur aux gens.

Le maire de Vendargues, dans l’Hérault, a décidé d’interdire les déguisements de clowns pour Halloween.

サーカスでは、ピエロは笑わせます。でも、ここ数日、フランスでは、ピエロの格好をした人たちが、人々を怖がらせています。

エロー県のヴォンダルグ市は、ハロゥインにピエロの仮装をすることを禁止することを決定しました。

フランスではこのところ、ピエロの仮装をした人が、通行人を怖がらせています。バット、斧、ナイフで武装し、人々を追い回すのです。

エロー県では、複数の事件が起きています。そうした「不吉な」ピエロの大部分は逮捕されました。

10月20日パ・ドゥ・カレでは19歳の若者が、ピエロに扮し、バットを持って青少年のグループを追い回したことで、司法当局から有罪を宣告されました。

罰を受けるのは悪意のある冗談です。

Un phénomène venu des Etats-Unis アメリカから来た現象

1年まえ、「不吉なピエロ」の流行は、すでにグランド・ブルターニュに到来し、住民のあいだで小さなパニックを起こしました。

この流行はアメリカ合衆国からやってきました。インターネットを通して拡大。インターネットには、人々を襲っているように見えるニセピエロを隠しカメラでとらえたビデオがあがっています。

La fête de Halloween privée de clowns ? ハロウィンで、ピエロが禁止される?

フランスの警察は事態を深刻に受け止めています。

10月31日のハロウィンのお祭りにさいして、ニセピエロがたくさんあふれることを恐れています。

危険なピエロを見かけたら、警察に電話するよう人々に呼びかけています。

エロー県のヴォンダルグ市はハロウィンにピエロの仮装をきっぱり禁止しました。子どもたちを怖がらせる悪意のあるピエロは防がなければなりません。

ピエロは笑わせる人で、こわがらせる人ではないからです。決して。

元記事 → www.jde.fr : Tous les articles : Halloween : déguisements de clowns interdits ? ☆記事が削除されたので、リンクをはずしました(2020/08/10)

単語メモ

pourchasser つかまえようと執拗に追う、追い回す

maléfique  不吉な

condamner  有罪の判決を下す

poursuivre  追いかける

être puni de ~で罰せられる

toucher  ~に着く、達する

déclencher  (突然)引き起こす

prendre de l’ampleur  発展する、大きくなる

montrer  見せる

faire semblant de   ~するふりをする

agresser  襲う

craindre  恐れる

débordement  氾濫

signaler  信号で知らせる

補足

17 フランスの警察の電話番号
ちなみに消防は18,救急車は15です。

Vendargues ヴォンダルグ 南フランスの小さな村
ウィキペディアによると人口5491人です。とても小さなコミューンですね。



ピエロの仮装禁止のニュースの動画

ヴォンダルグでハロウィンでピエロの仮装が禁止されたことを伝えるニュースです。

ハロウィンの記事をもっと読む方はこちらからどうぞ⇒ハロウィン関連記事の目次

怖いピエロの流行で、ふつうのピエロになる大道芸人の人は迷惑してるでしょうね。

カーニバルで人々が仮装するのは、文字どおり自分以外の何者かになり、身分の違いなど気にせず楽しむためです。

濃いメークアップをすると、自分でない自分になって、ふだんは抑えている暴力性が出てしまうんでしょうかね?

どんな人間でも良い面と悪い面を持っていますからね。

それとも、たんに社会に不満をもっている若者のストレス解消でしょうか?

それでは次回の子ども新聞の記事をお楽しみに。






ミュージックシート歌と訳詞:『ギターのないマヌーシュのように』トマ・デュトロン前のページ

柔らかい肌~入門日記第27回次のページランス ノートルダム大聖堂

ピックアップ記事

  1. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. クジラ

    時事ニュース

    日本の捕鯨船、南極海に向けて出発

    12月1日に、日本の捕鯨船が2年ぶりに、南極海にクジラを取りに出発した…

  2. パリ

    時事ニュース

    フランスの首相は何をやる人なの?

    2020年の7月3日に、エドゥアール・フィリップ首相とその内閣が総辞職…

  3. パリ

    時事ニュース

    黄色いベスト運動の終結をめざし、マクロン大統領が国民討論会を開始。

    2018年の秋から続く、フランス政府に対する抗議運動(黄色いベスト運動…

  4. ミスアメリカ

    時事ニュース

    ミスユニバース2015でびっくりのハプニング,優勝者の名前を読み間違える

    2015年12月20日の夜、ラスベカスで行われていたミス・ユニバースの…

  5. エアバスA380

    時事ニュース

    国際女性デー:エールフランスは女性乗務員だけでエアバスA380を運行

    きょう3月8日は国際女性デーです。今からおよそ110年前の19…

  6. 地球

    時事ニュース

    地球温暖化対策の正念場、COP21は11月30日からパリで開催

    2015年の11月の終わりからパリで開催されるCOP21の告知記事をこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. ギロチンの歴史(前編)
  2. かわいいフランス語の目次、その7:発想のたねにしてください。…
  3. ジュリエット・グレコ、93歳で亡くなる。
  4. オウトウの木の絵を描く:ペッパピッグのフランス語(5)
  5. フランスの象徴、マリアンヌ像はどのようにして生まれたか?
  6. 世襲財産(patrimoine)とは何か?
  7. シャネルにゆかりのあるパリの5つの場所。
  8. ラスコー洞窟はどんなふうにして発見されたのか?
  9. Septembre(9月):La Femme(ラ・ファム)~…
  10. なぜフランス人は、フランス料理を誇りに思っているのか?

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 日めくりとpen
  3. 黒板

アーカイブ

PAGE TOP