鐘

ことわざ

フランス語のことわざ27~1つの鐘しか聞かない人には1つの音しか聞こえない(片手落ち)

今日、ご紹介するフランス語のことわざはこちらです。

Qui n’entend qu’une cloche n’entend qu’un son.
1つの鐘しか聞かない人には1つの音しか聞こえない



1つの鐘しか聞かない人には1つの音しか聞こえない

・・・それは、まあ、そうですね。

この場合、1つの鐘とは一方の意見です。言い分と言ってもいいです。

たとえば、兄弟がけんかをした場合、兄には兄の言い分が、弟には弟の言い分があるはずです。

親としては、両方の意見を聞いてから、処遇を考えなければいけません。

いつも弟の言うことばかり聞いていては、片手落ちです。ちゃんと兄の見解も聞かないと、お兄さんはぐれてしまいます。

つまり、片方の意見だけを聞いても、ものごとの全体像はわからない、という意味のことわざです。

兄弟げんかのほかにも、離婚の調停、さらには、民事、刑事の裁判など、両者の鐘の音を聞いて判断すべきときは、この社会にたくさんありますね。



よくわかる!フランス語の文法解説

★単語の意味

qui ~する人

entend < entendre 聞く

n’entend qu’ = ne entend que →後述

une cloche 鐘

un son 音

★直訳

「1つの鐘しか聞かない人は、1つの音しか聞かない。」

★補足

ne … que A
Aしかない
Aをのぞいて…ではない=Aだけしかない
いわゆる限定表現です。

n’entend qu’une cloche 1つの鐘しか聞かない

ほかの例)
彼女はまだ20歳だ(20歳でしかない)
Elle n’a que vingt ans.

彼は不平ばかり言っている(←不平しか言わない)
Il ne fait que se plaindre.
(queに動詞が続くときは、「faire que 不定法」という形。

日本のことわざで同様のものが思いつかなかったので、記事のタイトルは「片手落ち」としました。

人のうわさを聞いたときも、当人の言葉を聞くまでは、判断すべきではないのです。

また、ちゃんと両者の意見を聞きつつも、どちらかの鐘に耳が近い場合があります。

兄弟げんかなら、いつもお兄ちゃん(弟でもいいですが)の言うことを信じてしまいがちなママ。

夫婦げんかなら、奥さんの言うことだけを真に受けてしまう女子大時代からの友達。

こういう人たちには、全体像を客観的に把握できません。

ですから、もっと大きな問題が生じたときは、争っている2人とは利害関係のない人に鐘の音を聞いてもらう必要があります。

いわゆる第3者ですね。

しかし、これとて、音の大きな鐘のほうに第3者の耳が行ってしまうかもしれません。

状況を客観的に判断するというのは、想像以上に難しいのです。

心の耳をすまして、鐘の音をよく聞くことが大切です。






pianoドビュッシーの生涯~後編前のページ

「まいにちフランス語」33:L55 半過去次のページ船出

ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. びんの中のパリ

    ことわざ

    想像上なら何でも可能だ:フランス語のことわざ23

    今日、ご紹介するフランス語のことわざはこちらです。「もし」がた…

  2. ボート

    ことわざ

    船長が2人いると船は転覆する(船頭多くして船、山へのぼる):フランス語のことわざ68

    きょうご紹介するフランス語のことわざはこちらです。Deux p…

  3. クレジットカード

    ことわざ

    フランス語のことわざ31~借金を借金で返す

    今日、ご紹介するフランス語のことわざはこちらです。困難を切り抜…

  4. penとグル

    ことわざ

    フランス語のことわざ11~勘定のけじめは友情のかなめ

    今日、ご紹介するフランス語のことわざはこちらです。勘定のけじめ…

  5. 卵の黄身

    ことわざ

    フランス語のことわざ2~卵を割らずにオムレツは作れない

    今日、ご紹介するフランス語のことわざはこちらです。On ne …

  6. 鍋

    ことわざ

    フランス語のことわざ30~割れ鍋にとじぶた

    今日、ご紹介するフランス語のことわざはこちらです。ふたが見つか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. ギロチンの歴史(前編)
  2. かわいいフランス語の目次、その7:発想のたねにしてください。…
  3. ジュリエット・グレコ、93歳で亡くなる。
  4. オウトウの木の絵を描く:ペッパピッグのフランス語(5)
  5. フランスの象徴、マリアンヌ像はどのようにして生まれたか?
  6. 世襲財産(patrimoine)とは何か?
  7. シャネルにゆかりのあるパリの5つの場所。
  8. ラスコー洞窟はどんなふうにして発見されたのか?
  9. Septembre(9月):La Femme(ラ・ファム)~…
  10. なぜフランス人は、フランス料理を誇りに思っているのか?

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 日めくりとpen
  2. 星の王子さまの本
  3. 黒板

アーカイブ

PAGE TOP