著作権について学ぶpen

フランス語を読む練習

ブログと著作権法について その4

著作権について考えるきっかけになる、こども新聞の記事の和訳の続きです。

前回は、著作権を侵害する二つの典型的な例を紹介しました。

それは、盗作(plagiat)と海賊行為(piratage)です。また、著作権の規定が国によって違うという説明もありました。

では、続きの和訳、行きます。



なぜ、インターネットから何でもコピーすることができないのか?

タイトル:Pourquoi ne peut-on pas tout recopier depuis Internet ?

少し複雑なので、やっていいことと、いけないことをまとめておきます。

あなたにそうする権利があること

・本を友達にあげたり、自分で書いた詩を両親にあげること

・自分で書いた作品をインターネット上にのせること

・合法的に販売されている曲をダウンロードして買うこと

・自分でとった写真を自分のブログや両親のブログにのせること

・おもしろいと思ったレポートの一部を著者名と出典を添えて引用すること

・インターネット上にある写真を撮影した人にことわって使うこと

・ヴィクトル・ユーゴーの詩を書き写して、イラストをそえ、両親にあげたり、売り物にすること(ヴィクトル・ユーゴーは70年以上前に亡くなっているので著作権が切れています)

あなたにそうする権利がないこと

・作者の許可を得ずにCDをコピーして友達にあげること

・作者の許可を得ずにインターネット場にある映画を無料でダウンロードすること

・インターネット上にある画像を、持ち主の許可を得ないで、自分のブログにのせること

・学校にだすレポートに、インターネット上から持ってきた文章をコピーアンドペーストして提出すること

元記事 ⇒http://www.1jour1actu.com/culture/pourquoi-ne-peut-on-pas-tout-recopier-depuis-internet/ Le droit d’auteur expliqué aux enfants ☆リンク元のサイトがリニューアルされページが見つからないのでリンクをはずしました(2019/04/17)

これまで書いた記事:

ブログと著作権法についてちょっとだけ考えてみた
ブログと著作権法について その2
ブログと著作権法について その3

参考になるサイト⇒ピリ辛著作権相談室

単語メモ

récapitulatif まとめ、要約

exploiter 活用する

récupérer 回収する

provenir ~から来る、~由来の

copier-coller コピー&ペースト

★きょうの単語 plagiat 盗作

奴隷を盗むという意味のラテン語« plagiarus »が語源です。

faire du plagiat=plagier 盗作をする
un plagiaire 盗作者



著作権、補足情報

フランスで著作権が切れるのは作者の死後70年後のこととありますね。

日本では著作権の保護期間は作者の死後50年です。

19世紀の小説などがタブレットで無料で読めるのは著作権が切れているからです。

紙の本でもそういう小説は値段は安いですね。

また古い絵画の画像を自由にプリントアウトできるのも同じ理由です。

前回出てきたベルヌ条約では、死後50年ですが、それよりも長い保護期間をこの条約に調印している国が法律で定めている場合、そちらの期間がとられます。

また、著作権は、作者の死んだ日から計算するのと、その作品が発表された日から計算する方法があり、この点も国によって違います。

ますますこの問題をややこしくしていますね。

結論として、自分で作ったものではない物を使うときは、気を使う必要があります。また、パブリックドメイン(公共財産、知的財産権が発生していないか消滅した状態)のものを意識的に使っていくというのもいい方法でしょう。

もし誰かの作品を商売に使うなら、専門の法律家に相談するといいですね。また、そういう職業の人がこれまで以上に必要とされていくのではないかなと思います。

今回の著作権に関する子ども新聞の記事の和訳はこれで完結です。

漢字がいつもより多かったですね・・・。






ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。

関連記事

  1. ヴェルサイユのpen

    ブログ運営、お知らせ

    こんな理由でフランス語を勉強しています~皆さんのコメントご紹介

    現在プレゼント企画をしております。きのうに続きまして、きょうも…

  2. おばあさん

    フランスの暦、年中行事

    フランスの「祖母の日」の起源

    きょう3月3日は日本ではもちろん「ひな祭り」la Fête des f…

  3. ハート型のキャンドル

    フランスの暦、年中行事

    バレンタインデーとその神秘~その1

    毎週読んでいるフランスの若い女性むけのWebマガジン。ちょっと早いので…

  4. 黒猫

    フランスの暦、年中行事

    13日の金曜日恐怖症

    先週の13日は金曜日でしたね。もう過ぎてしまいましたが、13日の金曜日…

  5. 木製クリップ(ハートの飾り)

    フランスの暦、年中行事

    バレンタインデーとその神秘~その5 相手がいる人のバレンタインデー その2

    フランスの若い女性向けWebマガジンにのっているバレンタインデーの記事…

  6. スズラン

    フランスの暦、年中行事

    スズランの日の起源~5月1日はスズランを贈って幸せを願う

    フランスでは、5月1日はメーデーであり、スズランの日(Jour de …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. プラスチックの海を掃除する船、オーシャンクリーンアップ
  2. レオナルド・ダ・ヴィンチ、天才のひらめき
  3. 8月13日は左利きの日。なぜ左利きの人がいるのか?
  4. ベーキング・お菓子作りに関係のある言葉:かわいいフランス語教…
  5. ムッシュ・アンリと私の秘密:予告編のフランス語
  6. アルフォンス・ミュシャ、ベル・エポックのイコン。
  7. ガレット・ブルトンヌ(厚焼きクッキー)の作り方:フランスのお…
  8. Pupille(後見人のいる孤児):予告編のフランス語
  9. そこへ行くために(Pour en arriver là):ダ…
  10. なぜプラスチックのストローの使用が禁止されるのか?

おすすめ記事いろいろ

  1. ジャック・プレヴェールの詩『朝食』は複合過去の学習に最適
  2. ココ・シャネル~成功する人はどんな人?(名言その6)
  3. フランス語の達人になるために~その3
  4. 「まいにちフランス語」37:L59 単純未来その2
  5. かわいいフランス語教えます~その40 いろいろな光(ルミエー…
  6. 恋人に捧ぐバラッド:Ballade pour toi(ミッシ…
  7. なぜ日本は捕鯨をやめないのか?
  8. フランス人は朝ごはんに何を食べているか? 典型的なメニューを…
  9. サンデー・ガール:ブロンディ(フランス語バージョン)
  10. SNCF(フランス国有鉄道)の発車案内、聞き取れる?

おすすめのまとめ記事

  1. クリスマス関連記事の目次 2013年版
  2. フランス語の名言の記事の目次
  3. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話
  4. フランス語のことわざ~目次 その2
  5. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1
  6. フレンチポップスと訳詞の記事のまとめ:その4
  7. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その2(1課…
  8. 2013年4月開講のNHKのラジオ講座のラインナップ
  9. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3
  10. フランス語のニュースの記事のまとめ(4)

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. フランス語の日めくり
  3. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP