パソコンに向かっている少女

フランス語を読む練習

ブログと著作権法について その3

著作権について考えるきっかけになる、こども新聞の記事の和訳の続きです。

前回は、著作権がどういうものか、またこの権利がいつ発生するかといったことが書かれていました。

まとめると、

著作権:その作品を所有、販売、翻訳、形を変えて発表するなどできる権利で、その作品を作った人のもとに、作った瞬間に発生する。

私のこのブログにも私に著作権があります。

まあ、私のブログはほかの人がどうこうしても、何の得にもならないんで・・・

では、続きの和訳、行きます。



Pourquoi ne peut-on pas tout recopier depuis Internet ?

なぜ、インターネットから何でもコピーすることができないのか?

著作権は世界中にあるのですか?

著作権はすべての国で同じではないので、このことで問題が起きることがあります。

こうした問題をさけるため、各政府は著作権に関する国際的な協定に調印してきました。

最も古い協定は1886年に、フランスの作家のヴィクトル・ユーゴーの呼びかけで作られたベルヌ条約(la Convention de Berne)です。

この条約は調印した165カ国において、作者に同等の権利を保障するものです。たとえば、フランスで、ドイツの作家はフランスの作家と全く同じ権利を所有するということです。

著作権を尊重しないとどうなるのでしょうか?

本やCDやDVDを買ったとき、その商品はあなたのものですが、あなたが作者になったわけではありません。そこで、守らなければならないことがあります。

著作権無視にあたる行為が二つあり、それは盗作(plagiat)と海賊行為(piratage)です。

盗作は、自分がその作品の作者だと思わせて、丸写しすることです。

たとえば、学校に出すレポートに、インターネット上にある他の作品を一字一句写して書くことです。

あなたは、作品を写す権利はありませんが、正しく出典や著者の名前を添えて、その作品の一部を引用符でくくって書いて出すことはできます。

これは「引用の権利(le droit de citation)」と呼ばれます。

海賊行為とは、作品をインターネットから無料で取得したり、コピーをとって人にあげたり、売ったりすることです。

たとえば映画をインターネットから勝手にダウンロードしたら、著作権を尊重していないことになり、法律違反で、罰金が課せられる可能性もあります。

・・・長くなりますので、きょうはここまでにします。

元記事 → Le droit d’auteur expliqué aux enfants

前の記事はこちら⇒ブログと著作権法について その2

単語メモ

des accordes internationaux 国際的な協定

internatinational, internationaleの複数は-auxです。
このように複数形が-auxになるのは、仏検のディクテで狙われますね。

dater de ~にさかのぼる

appartient < appartenir ~のものである

exemplaire (書類、新聞、コピなどの)部、冊

piratage 動詞は pirater 海賊版を作る 

pirate de l’air ハイジャッカー

guillemet ギュメ 引用符 

entre guillemet ギュメでくくった、いわゆる
son grand amour entre quillemets 彼(女)の言うところの大恋愛



ギュメ豆知識

フランス語の引用符はギュメと呼ばれます。こういうのです⇒«»
使用例:«Bonjour ! »

英語の引用符はクオーテーションマーク( quotation mark)ですね。
使用例:”Hello!”

quotationは quote(引用する)マークだから、わかりますが、ギュメって変ですよね?

実はギュメはギョーム・ル・ベ(Guillaume Le Bé 1525–1598)という16世紀はじめにフランスで活字鋳造を始めた人の名前からとられました。

ル・ベ家はニ世紀に渡って活字鋳造の大手として栄えました。

活字鋳造は英語ではpunch cutterとなっていたので、金属の文字の型で穴を開ける方式なのかな~と想像しています。

■フランス語の句読点についてはこちらも参考にしてください
ディクテって何ですか? <補足>フランス語の句読点:前後のスペースについて追記あり

さて、著作権違反には、盗作と海賊行為の二種類があると書かれていました。この二つは、行為そのものの違いのほかに、その行為がなされる状況も違いますね。

盗作するとき、本人は盗んでるとわかってるはずです。盗作を知らない小学生などは別にして。でも海賊行為は知らないうちにやってしまっているということがあります。

昔はレコードの海賊版というのがあり、これを作るのは意識的だったでしょう。でも現在インターネットからいろんなコンテンツをダウンロードして、人にプレゼントしてしまうなどは、著作権を無視している行為だとわかっていない人も多いのではないでしょうか?

気をつけたいところです。






関連記事

  1. ツリーのデコレーション

    フランス語を読む練習

    クリスマスツリーの飾り方のアイデア その1 ナチュラル

    12月になりましたね。フランスの師走は「クリスマス」という一大イベ…

  2. 犬と月

    フランス語を読む練習

    ドビュッシーの生涯~前編

    子ども新聞のドビュッシーの記事をご紹介します。少々長いので、2…

  3. バレエ

    フランス語を読む練習

    ミスティ・コープランド~夢を実現させたバレリーナ

    ミスティ・コープランドについて子ども新聞で読みました。コープラ…

  4. 母の日の花束

    フランスの暦、年中行事

    フランスの母の日の意外な起源

    日本の母の日はもう終わりましたが、フランスの母の日は毎年5月の最後の日…

  5. 日本画

    フランス語を読む練習

    フランスの子ども向けのサイトで日本に関する話を読んでみた

    以前フランス語の子どもむけのお話が読めるサイト(音声つき)で紹介したフ…

  6. フランス語を読む練習

    世界の子どもぬり絵の日 前編

    5月6日は「世界ぬり絵の日」だそうです。日本ではあまり話題になっていな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事いろいろ

  1. かわいいフランス語、教えます~その13 生地、布
  2. パリの同時多発テロ:何が起きたのか理解するために
  3. 映画 «Dans la maison» 邦題『危険なプロット…
  4. 「新学期」~フランス・ギャル(歌と訳詞)
  5. 2017年フランス国民議会選挙は、マクロン大統領の政党が過半…
  6. マクシム・ル・フォレスティエのかわいい曲、『小さなフーガ』の…
  7. エモーティコン(絵文字)は言葉の世界を変えるか?
  8. 7月から9月の言い方~フランスの暦(8)
  9. ロイヤルベイビーの誕生を待つエリザベス女王
  10. 混乱しがちな plus の発音:プリュとプリュスの使い分け

新しく書いた記事です。

  1. プチ・ニコラの夏休み・予告編のフランス語
  2. 犬の名前、特に短い名前(2音節)特集:かわいいフランス語教え…
  3. 8月13日は左利きの日。なぜ左利きの人がいるのか?
  4. 家庭で作る簡単アイスクリーム4種:フランスのお菓子(26)
  5. シャーベットができるまで。カルカソンヌのアイスクリーム工場ル…
  6. 趣味に関する単語:かわいいフランス語教えます(117)
  7. パリのエッフェル塔の楽しみ方。
  8. フリーダ・ボッカラ、Cent mille chansons …
  9. 第二次世界大戦で起きた奇跡の救出作戦、「ダンケルクの戦い」と…
  10. アラン・ドロンのダーバンのCMでフランス語を学ぶ。

おすすめのまとめ記事

  1. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その2
  2. 2013年4月開講のNHKのラジオ講座のラインナップ
  3. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
  4. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(2)
  5. フランス語のニュースの記事のまとめ(3)
  6. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(4)
  7. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3
  8. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話
  9. かわいいフランス語、教えます~目次 その1
  10. フランス語の名言の記事の目次

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. penのイラスト
  3. ペンディクテ中
  4. 星の王子さまの本
  5. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

  1. ブランデンブルク門

    時事ニュース

    ベルリンの壁崩壊25周年の記念式典
  2. かごに入ったリンゴ

    タイトルのフランス語

    そのタイトル、フランス語では何という?『白雪姫』第1回
  3. バラ

    フレンチポップスの訳詞

    歌と訳詞:Amoureuse(恋人)ヴェロニク・サンソン
  4. カキ

    虎と小鳥のフランス日記

    マルシェでカキの味見~「虎と小鳥のフランス日記」第141話
  5. 春の花

    フランスの暦、年中行事

    ステイシー・ケントの「3月の水」(歌と訳詞)
PAGE TOP