イースターバスケット

フランスのことわざ

クリスマスがバルコニーならイースターは暖炉の前:フランス語のことわざ6

今日、ご紹介するフランス語のことわざはこちらです。

クリスマスがバルコニーならイースターは暖炉の前
Noël au balcon, Pâques au tison.



クリスマスがバルコニーならイースターは暖炉の前、の意味

これはことわざというより言いならわしでしょうか。

クリスマスとイースターという異なる祝日の気候を比較しています。

クリスマス(12月25日)のころ、バルコニーでお祝いできるほど暖かいのなら、イースターのころ(3月の終わりから4月のはじめ)は寒くて、薪をたく必要がある。

という意味です。

クリスマスはみなさんご存知ですね。イエス・キリストの誕生日です。

イースターはそのキリストの復活を祝う祝日です。今年は3月31日。

その日曜をはさんで連休となります。

イースターについて知りたい方は関連記事をどうぞ。


よくわかる!フランス語の解説

★単語の意味

Noël クリスマス

balcon バルコニー

Pâques イースター

tison (薪などの)燃えさし、 燠(おき:赤くおこった炭火。おきび)
souffler sur les tisons
おきを吹いて火をかきたてる

balcon と tison で韻を踏んでいます。

★ちょっと文法

au = à と le がくっついたもの(縮約)

à は「~の」という前置詞です。

この前置詞のあとにleという男性単数形の名詞の前につく定冠詞が来たら、このようにauとする決まりがあり、これを縮約と言います。

ほかの例)
Il habite au Japon. 彼は日本に住んでいる。
dafé au lait カフェオレ (liatはミルク)

★直訳

「バルコニーでのクリスマス、薪を焚くイースター」



どんな時に使えるか?

イースターのクッキー

昔、子どもと作ったイースタークッキー

このことわざを使うシチュエーションですが、こんな時に使えます。

・フランスやベルギーなど、フランス語圏でイースターを過ごしている時、みょうに寒かったら、会った人に言ってみる。

・日本などフランス語圏にいない場合は、スカイプやメールなどで言ってみる(この場合、事前に、今寒いのか暖かいのか聞いてから)。

するとこのあとの展開として

・去年はどうだった、私が子どものころのイースターに一度すごく寒いときがあった、などと思い出話に持ち込む。人は子どものころの話をすると比較的心が穏やかになり、警戒心がとけるものです。

・クリスマスやイースターなど外国の習慣の話に持っていく。
相手に説明してもらってもいいし、日本の習慣を話てもいいでしょう。

・年々ひどくなっている異常気象の話から、エコロジーの話題につなげる。

・イースターが寒いと花が咲かないですね、などとガーデニングの話に持っていく。

などなど、いろいろな方面に話をひろげることができます。

天気や気候の話は世間話のトピックとしてよく使われ、無意味だと感じている方もいらっしゃるかもしれません。

でも、それは日本という温暖で比較的天候が安定している場所に住んでいるからそう思いがちなのです。

私の住んでいるカナダはこの時期もまだ寒く、また一日のうちで気温の差がとても大きいです。

北のほうにあるヨーロッパは日照時間が短く、太陽の光を日本人よりずっとありがたく思っています。

世界にはもっときびしい気候の中で生きている人はたくさんいるでしょう。

ですから、天候の話題はかなり実感を伴って、皆が話していることなのです。

外国の方とお話をするとき、話題につまったら、まず天候の話をふってみてくださいね。






ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. 凱旋門

    フランスの暦、年中行事

    5月8日、ヨーロッパ戦勝記念日(VEデー)の起源とは?

    5月8日は、フランスでは、Fête de la Victoire(直訳…

  2. オリーブ

    フランスの暦、年中行事

    歌と訳詞:故郷の九月~ジルベール・ベコー その2

    ジルベール・ベコーの「故郷の9月」の歌詞を訳しています。ベコー…

  3. 勉強中

    フランスのことわざ

    迅速と性急を混同するな(急がば回れ)フランス語のことわざ41

    毎日忙しい日々を送っているあなたに、こんなことわざを紹介します。…

  4. easter bunny

    フランスの暦、年中行事

    なぜイースターにウサギが出てくるのか?

    もうすぐイースターです。今回は、イースターとは何か簡単に説明している短…

  5. 母の日
  6. クレープ

    フランスのお菓子

    シャンドルールの起源~なぜクレープを食べるの? クレープのレシピつき

    2月2日はフランスでChandeleur(シャンドルール)と呼ばれる日…

コメント

    • アン
    • 2013年 4月 01日

    お天気関連のことわざ多いですね。
    基本、春先は酷い天気の方が、その後いいみたいな?
    今年は、どうでしょう?
    最近はフランスでも猛暑になるみたいですねー。
    エアコンのないお家も多いのに。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 4月 02日

      アンさん、こんにちは。
      いつもコメントありがとうございます。
      お天気関連・・・多いですね。まあ、私が暦や花鳥風月が好きなので、
      ついそういうものをとりあげてしまうというのもあります。
      そういえば、もうすぐ夏になりますね。
      猛暑じゃないといいですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. 愛のケーキのレシピ(映画:ロバと王女より)の訳詞。
  2. ワインに関係のある言葉:かわいいフランス語教えます(139)…
  3. タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密(仏語版)の予告編。
  4. 子供が出てくるイケアのCMのフランス語
  5. ガトーバスクの作り方:フランスのお菓子36
  6. 恋はジタンの香り(シルヴィ・バルタン)歌と訳詞
  7. G7とは何か?(子供むけの簡単な説明)
  8. プラスチックの海を掃除する船、オーシャンクリーンアップ
  9. レオナルド・ダ・ヴィンチ、天才のひらめき
  10. 8月13日は左利きの日。なぜ左利きの人がいるのか?

おすすめ記事いろいろ

  1. カーニバルの定番、ベニエ (ビューニュ) の作り方:フランス…
  2. 「まいにちフランス語」22:L44~時間の表現の前置詞
  3. かわいいフランス語教えます~その42 文房具 その2
  4. フランス語のことわざ53~涙ほど速く乾くものはない
  5. ハーブティのパッケージの英語とフランス語【第14回】
  6. フランス語で学ぶチョコレートの歴史
  7. 『みにくいアヒルの子』第10回
  8. フランス語の数字【第32回】1-100の復習と数字の練習がで…
  9. かわいいフランス語教えます~その41 文房具 その1
  10. スティーブ・ジョブズの神話を砕く。ドキュメンタリー映画「St…

おすすめのまとめ記事

  1. バレンタインデーとチョコレート関連記事の目次
  2. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3
  3. 数字の記事のまとめ その1 0から18まで
  4. フランス語のニュースの記事のまとめ(4)
  5. 翻訳者養成講座関連記事の目次
  6. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その2
  7. 動画教材『不思議の国のFrance』関連記事の 目次
  8. ニュースの記事のまとめ(1)
  9. 猫に関連する記事の目次~猫好きさんに捧ぐ
  10. フランス語のことわざ~目次 その3

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. フランス語の日めくり
  3. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP