シャンパン

フランス語の語彙

年末年始の単語 その1~おおみそか

きょうから何回かに渡って、年末年始にまつわるフランス語の単語をご紹介していきます。

きょうは、「おおみそか」「パーティ」「紙吹雪」「爆竹」「カウントダウン」にあたるフランス語の語彙です。



おおみそか

レヴェイヨンでも書きましたが、おおみそかは、

La Saint-Sylvestre
Le Réveillon
Le réveillon de la Saint-Sylvestre (おおみそかのごちそう、パーティという意味もあり)

Saint Sylvestreは12月31日が祝日の聖人です。フランスのカレンダーには毎日、その日の聖人が何人か書いてあります。

シルヴェスターという人は男性ですが、
La Saint-Sylvestreは la fête de Saint-Sylvestreを省略したものなので、女性形の不定冠詞がついています。

パーティ

une fête
festivités お祝いごと、お祭り騒ぎ
une soirée

紙吹雪

un confetti

コンフェティ

コンフェティはもとイタリア語です。カーニバルや結婚式で、投げる細かい色紙とか、金銀の紙ですね。最近はうすいプラスチック製のも売ってます。

lancer à qn une poignée de confettis
~に紙吹雪をかける

爆竹

un pétard (アン ペタール)

爆竹と書くと、何か危険なもののようですが、クラッカーです。音を鳴らして、お祝いします。

faire claquer des pétards
爆竹を鳴らす

※以前、この爆竹について、JDE(こども新聞)で読んだ記事を和訳していますので、興味のある方はどうぞごらん下さい⇒爆竹~フランスの新年のパーティ

カウントダウン

un compte à rebours (コントゥアルボー)

à rebours で逆さまに、逆向きに
動詞形は compter à rebours

Nous comptons à rebours les dernières secondes avant minuit.
私たちは、真夜中直前にカウントダウンをする。



関連動画

学習者むけに、フランスのおおみそかの風習を説明している動画を見つけました。

たぶんひじょうに伝統的な風習を語っていると思います。実際のところはもっと多様化しているでしょうね。

フランスの字幕が出ていますので、発音の確認やディクテに使えます。

英訳が出ていますが、もし和訳が必要という方がいらっしゃれば、後日のせますので、コメントなどでリクエストしてください。

3分43秒

年末年始の単語、その2はこちらから⇒フランス語で新年のあいさつはどう言う?

日本語の年末用語は、「仕事納め」「大掃除」「年越しそば」「紅白歌合戦(?)」「除夜の鐘」「みかん」「こたつでうたた寝をして新年早々風邪をひく」あたりでしょうか。

フランスでは友だち同士でパーティをやることが多いようです。これは北米もそうですね。映画でも、シャンパン飲みながら、ダンスしたり、騒いでおり、年明けが近くなると、カウントダウンをして、年があけると喜んで誰かれ構わず、抱き合ったり、キスをしているシーンを見かけることがあります。

パーティに行かずに、数人の友だち同士や家族でレストランに食事に行ったり、自宅でテレビを見たり、というのももちろんあります。






モーリス・ラヴェルモーリス・ラヴェルの生涯前のページ

サン・ジェルマン・デ・プレのマルシェ・ド・ノエル~「虎と小鳥のフランス日記」第132話次のページしろくまのぬいぐるみ

ピックアップ記事

  1. 2021年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。テーマはファッション。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. 聖ニコラ

    暦、年中行事

    12月6日は聖ニコラ(聖ニコラウス)の日。この人はいったい誰なんでしょう?

    オランダやベルギーでは、12月6日は聖ニコラ(聖ニコラウス)の日といっ…

  2. ラディアント・オーキッド

    フランス語の語彙

    2014年春夏のトレンド・カラー~その1

    この春夏の流行色についてご紹介します。たまに読んでいるフランスの若…

  3. 水曜日

    暦、年中行事

    水曜日はメルクリウスの日:フランス語の暦(13)

    フランス語の暦シリーズ。今回は水曜日です。フランス語の曜日はすべて男性…

  4. サンタ・クロース

    暦、年中行事

    サンタクロースの本当の起源。

    サンタクロースはいろいろな伝説の中の人がまざりあってできた人物と言われ…

  5. ガレット・デ・ロワ

    暦、年中行事

    なぜ1月にガレットを食べるのか?(エピファニーの説明)。

    1月6日は、エピファニー(公現祭)で、フランスではガレット・デ・ロワ(…

  6. 母の日

    暦、年中行事

    フランスの母の日は、5月の最終日曜日。こんな経緯で生まれました。

    フランスの母の日(Fêtes des Mères)は5月の最終日曜日で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. 使い捨てマスクが野生動物たちを殺してしまう。
  2. スーパーで買い物する:ペッパピッグのフランス語(7)
  3. Brexit:安堵と不安を感じる漁師たち。
  4. フランス人が大事にしているガレット・デ・ロワを食べる習慣
  5. 使い終わったツリーはどこに、どうやって捨てるべきか?
  6. 革新的なデザイナー、ピエール・カルダン、98歳で亡くなる。
  7. 雪だるまの作り方:ペッパピッグのフランス語(6)
  8. プラスチックを使わないゼロ・ウエイスト生活(後編)
  9. 世界の人、全員がクリスマスをお祝いするの?
  10. Le Dernier Noël (最後のクリスマス):Le …

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 2021年の日めくり
  2. 黒板
  3. 星の王子さまの本

アーカイブ

PAGE TOP