しろくまのぬいぐるみ

虎と小鳥のフランス日記

サン・ジェルマン・デ・プレのマルシェ・ド・ノエル~「虎と小鳥のフランス日記」第132話

今週の「虎と小鳥のフランス日記」はパリのサンジェルマン・デ・プレ教会の脇に出る、マルシェ・ド・ノエルが舞台です。

サン・ジェルマン・デ・プレについては、金曜日にアップした記事に詳しく書きました。こちら⇒サン・ジェルマン・デ・プレを歩く~虎と小鳥のフランス日記 第13話

ここでカミーユは両親にプレゼントを買っていましたよ。
とっても映像がきれいで、雰囲気がよかったです。

こちらは、冒頭の1分23秒が見られるサンプルビデオです。
この教会でこれから結婚式をあげる花嫁さんが登場。
今回の1つめのキーフレーズも入っています。

★2015/01/24追記
「虎と小鳥のフランス日記」の配信が終了したため、サンプル動画も削除されました。あしからずご了承ください。現在は「不思議の国のフランス」という新しいシリーズを配信中⇒ウィンドウショッピング~不思議の国のFrance#2

素敵な花嫁さんですね。

この人は、クリスマスが来るたびに、結婚した日のことを思い出して、ほんわかとした気分になることでしょう。結婚生活が円満に進めば、の話ですが。

きょうのメニュー

  • 3つのキーフレーズ
  • キーフレーズを少し解説
  • ツリーはいつまで飾っておくのか?


  • 3つのキーフレーズ

    ~が~するのを見る

    ちょうどきれいなドレスを着た花嫁さんが教会に入っていくのを見たところです。

    サン・ジェルマン・デ・プレ教会

    Et on vient de voir une magnifique mariée rentrer avec sa belle robe.

    何のためにある

    クリスマス・マーケットは何のためにあるのでしょうか?

    クリスマスマーケット(サン・ジェルマン・デ・プレ)

    À quoi ça sert un marché de noël ?

    問題は~

    問題はいつも同じです。人のためにプレゼントを探していても、私はいつも自分のために買ってしまいます。

    クリスマスマーケット(サン・ジェルマン・デ・プレ)

    Le problème c’est que c’est toujours pareil : je vais chercher les cadeaux pour les gens, et je m’en fais pour moi.

    キーフレーズを少し解説

    voir + 目的語 + 不定法

    (目的語が)~するのを見る

    見る、聞く、感じる、など感覚を表す動詞独特の用法です。

    Je voyais des enfants s’amuser. (voir 見る)
    私は子どもたちが遊ぶのを見ていた。

    J’entends Paul siffler. (entendre 聞こえる)
    ポールが口笛を吹いているのが聞こえる。

    On sent l’hiver venir. (sentir 感じる)
    冬の訪れが感じられる。

    ※ビデオの中で、une magnifique mariée rentrer (花嫁さんが入っていくのを)と言ってますが、このrentrerはentrerのことです。口語ではしばしばrentrer(再び入る)とentrer(入る)が混同されて使われますが、ここで正しいのはentrerです。

    servir à ~

    ~の役に立つ

    主語+serivir à +人や物 という形で
    主語が 人や物の役に立つ、という意味です。

    キーフレーズはこの「人や物」部分が疑問詞「何」になっていて、「何の役に立つのか?」という意味の文章です。

    À quoi ça sert un marché de noël ?

    ça = un marché de noël ? なので、クリスマスマーケットは何の役に立つのか?

    à quoi 何に

    他の例
    Ça ne sert à rien.
    それは何の役にも立たない。

    さて、この疑問文は修辞疑問文というやつで、質問があって言っている疑問文ではありません。

    クリスマス・マーケットは何のためにあるのでしょうか?それはね、~。と答えを続けています。ちなみに彼女の答えは 
    Ce sert à aider les gens qui sont pas très organisées et qui s’y prennent au dernier moment pour acheter tous leurs cadeaux.
    あまりに計画性がなくて、プレゼントを買うのがギリギリになる人を手助けするためです。

    Le problème c’est

    問題は~である。

    まず「問題」と最初に言って、次にその問題について説明する形。
    詳しくは⇒「虎と小鳥のフランス日記」第26話 バルザックの家 その2の文頭遊離構文(ぶんとうゆうりこうぶん)というところを見てください。

    パンデピス
    マルシェ・ド・ノエルにあったアルザス名物パンデピス。アイシングの飾り付けが大雑把すぎやしませんか?
    パンデピスについてはこちらをどうぞ⇒簡単レシピ:混ぜて焼くだけパンデピス



    ツリーはいつまで飾っておくのか?

    マルシェ・ド・ノエル クリスマスの市はヨーロッパの冬の風物詩。
    クリマスグッズが並びます。フランスで一番有名なのは、ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル
    クリスマス市についてはこちらをどうぞ⇒クリスマスの単語 その4 クリスマスマーケット

    パリでは、シャンゼリゼ(Champs-Élysees)、トロカデロ(Trocadero)、デファンス(la Defense)、モンパルナス(Montparnasse)などに市が出ます。

    サン・ジェルマン・デ・プレの市は規模としては一番小さいそうですが、場所柄、人気があるとのこと。

    クリスマスが終わったからと言ってクリスマスの市がすぐに店じまいするわけではありません。これはクリスマスツリーも同じ。

    私の住んでるところもそうですが、ツリーは12月25日が終わってすぐに撤去するものではないのです。

    次の年までまたがせます。1つの目安として、エピファニー(公現節、Épiphanie 1月6日)までは、飾っておくようです。

    エピファニーとはキリスト生誕のとき、東方の3博士がベツレヘムに来たのを記念するキリスト教の祭日です。フランスではこの日、ガレット・デ・ロワというケーキを食べます。

    エピファニーについてはこちらを⇒エピファニーとは? ガレット・デ・ロワの簡単レシピつき アメブロです。

    日本ではお正月があるため、クリスマスが終わるとすぐにツリーを片付けるところが多いでしょうね。せっかく飾ったのに、なんだかもったいない気がします。

    とはいえ、私も、昔は「用が終わったら早めに、ツリーを片付けたい」と思う方でした。放置すると、ツリーがだんだん乾いてきて、葉っぱ(針というべきか)がバサバサ落ちて、掃除が大変だし、乾ききったあと、外に出そうとすれば、その時も怒涛のように葉っぱが落ちます。

    ですが、いつも止められていました。最近は、「せっかく飾ったし、ま、いいか」と放置しています。

    ただし、一気に片付けるのは大変なので、すきま時間にちょこちょこと、こっそりオーナメントをはずしています。

    それでは、次回の「虎と小鳥のフランス日記」の記事をお楽しみに。

    ★クリスマスツリーをしまう時期と処分方法についてはこちらにも書いています⇒クリスマスツリーはいつ、どうやって処分する?

    ●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
    ●自己紹介⇒penはこんな人
    ●虎と小鳥って?⇒新「虎と小鳥のフランス日記」が初学者にも優しくパワーアップ!
    ●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム





    関連記事

    1. パリセーヌ川

      虎と小鳥のフランス日記

      出発~ピアノレッスン「虎と小鳥のフランス日記」第1話 その2

      今週の「虎と小鳥のフランス日記」バック・ナンバーは先週に引き続き第1話…

    2. マルシェ・サン・ピエール

      虎と小鳥のフランス日記

      マルシェ・サン・ピエールで生地のお買い物~虎と小鳥のフランス日記 第116話 その2

      今週の虎と小鳥のフランス日記はパリの18区にあるマルシェ・サン・ピエー…

    3. ミュージックシート

      虎と小鳥のフランス日記

      「ベラチャオ」はチャウチャウの歌とチャウで

      今週の虎と小鳥のフランス日記、第106話、パリ18区の夜のひとときで出…

    4. チーズフォンデュ

      虎と小鳥のフランス日記

      サヴォア風チーズフォンデュ「虎と小鳥のフランス日記」第122話

      「虎と小鳥のフランス日記」第122話の受講メモです。今回の舞台は夜…

    5. シャン・ド・マルス公園

      虎と小鳥のフランス日記

      シャン・ド・マルス公園でジョギング~『虎と小鳥のフランス日記』第60話

      「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバー、今週は第60話を見ました。…

    6. パリのオペラ座

      虎と小鳥のフランス日記

      パリのオペラ地区の日本人街「虎と小鳥のフランス日記」第34話

      毎週届く、フランス語の教材「虎と小鳥のフランス日記」。バックナンバーも…

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね♪

    CTL+D でお気に入りに登録。

    Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

    follow us in feedly

    更新情報をメールで配信中

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    おすすめ記事いろいろ

    1. クロード・フランソワ、「陽のあたる月曜日」の訳詞
    2. 鳥と子ども(L’oiseau et l̵…
    3. 火曜日はマルスの日:フランス語の暦(12)
    4. 『エール!』La famille Belier (3)~予告…
    5. 「大人は判ってくれない」の原題知ってる?~入門日記第12回
    6. L2 つづり字の読み方1~母音の発音のコツ
    7. 「まいにちフランス語」11:初級編L31-33~動詞veni…
    8. 「殺意は薔薇の香り」前編~予告編のフランス語
    9. フランス語を始めて二ヶ月半たったころ~入門日記第13回
    10. ブーローニュの森とパリ植物園。憩いの場所だがフランス語で説明…

    新しく書いた記事です。

    1. プチ・ニコラの夏休み・予告編のフランス語
    2. 犬の名前、特に短い名前(2音節)特集:かわいいフランス語教え…
    3. 8月13日は左利きの日。なぜ左利きの人がいるのか?
    4. 家庭で作る簡単アイスクリーム4種:フランスのお菓子(26)
    5. シャーベットができるまで。カルカソンヌのアイスクリーム工場ル…
    6. 趣味に関する単語:かわいいフランス語教えます(117)
    7. パリのエッフェル塔の楽しみ方。
    8. フリーダ・ボッカラ、Cent mille chansons …
    9. 第二次世界大戦で起きた奇跡の救出作戦、「ダンケルクの戦い」と…
    10. アラン・ドロンのダーバンのCMでフランス語を学ぶ。

    おすすめのまとめ記事

    1. クリスマス関連記事の目次 2013年版
    2. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その3(48…
    3. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話
    4. かわいいフランス語 目次 その5:ネーミングの参考に
    5. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
    6. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その3
    7. フランス語入門日記~目次を作りました
    8. フランス語のことわざ~目次 その2
    9. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その2
    10. 猫に関連する記事の目次~猫好きさんに捧ぐ

    フランス語の勉強法とか

    1. penのイラスト
    2. 黒板
    3. 星の王子さまの本
    4. ペンディクテ中
    5. 黒板

    お問い合わせはこちらから

    お問い合わせはこちらからどうぞ

    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ


    お気軽に^^

    ☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

    アーカイブ

    1. ブログ運営、お知らせ

      【連絡】12月6日に勉強法ミニレポートを請求されためぐさんへ
    2. 2015 フランス語学習用カレンダー

      私のお気に入り(レビュー)

      フランス語の勉強ができる日めくり買いました~2015 Daily Phrase …
    3. チョコレート

      フレンチポップスの訳詞

      とてもかわいい「チョコレートの歌」(La chanson chocolat) :…
    4. ドラキュラ

      ファッション

      2014年秋冬のファッションのトレンドその6(最終)~ケープとバックスキンがはや…
    5. カメラ

      不思議の国のフランス

      芸術家として生きることの難しさとは?パリの写真家へのインタビューから学ぶ
    PAGE TOP