パンデピス

フランスのお菓子

パンデピスの作り方。混ぜて焼くだけ:フランスのお菓子(11)

フランスのお菓子を紹介するシリーズ。今回はパンデピスです。パンデピスはアルザス地方のクリスマスのお菓子。日本ではそこまで知られていないかもしれませんね。茶色くて一見地味ですが、スパイスがたっぷり入っていて滋養があり、今の季節にぴったりのお菓子です。

作り方はとても簡単で混ぜて焼くだけです。



パンデピスとは?

pain d’épice 直訳はスパイスのパン。その名のとおり、スパイスがたくさん入っている茶色いお菓子。ケーキタイプとクッキータイプがあります。

もともと10世紀ごろ中国で作られていたと言われています。中国にはスパイスが豊富だったのでしょう。11世紀頃、十字軍によりヨーロッパに伝わりました。

ケーキタイプのパンデピスは、ブルゴーニュの名産品。パウンドケーキの形をしており、英語のジンジャーブレッド(ginger bread)とほぼ同じものです。ただ、ブルゴーニュのパンデピスの伝統的なレシピはライ麦粉を入れるので、こちらのほうが固く仕上がります。

ディジョンで香辛料の取引が盛んだったころの産物だとか。

アルザス地方のパンデピスも有名です。こちらは、ドイツのレープクーヘンに近い、ちょっと固めのクッキータイプが主流。長期間、保存できるので、パンデピスでお菓子の家を作ります。

アルザス地方では、パンデピスは、クリスマスのお菓子で、クッキータイプ、ケーキ対イプともプレゼントに使われます。詳しくは、記事の最後のニュースクリップをごらんください。

☆ドイツ、ニュルンベルクのパンデピス。レープクーヘンと呼ぶべきでしょうか。
パンデピス

簡単なパンデピスのレシピと作り方

ケーキタイプのレシピです。

パンデピスの材料

260g de farine   小麦粉
10g de levure chimique  ベーキングパウダー
40g de sucre cassonade  カソナード、粗糖、赤砂糖
1 c à s de cannelle  シナモン
1 c à c de gingembre en poudre  ジンジャーパウダー
1 c à c d’anis étoilé ou badiane  アニスまたはシキミ*
2 oeufs  卵
100g de lait entier  全乳(ミルク)
350g de miel de fleur  はちみつ

c à s = cuillère à soupe  大さじ
c à c = cuillère à café  小さじ

*シキミは種にアニサチンというケイレン性の神経毒がふくまれているので、日本では劇物に指定されていますから、たぶん販売されていないと思います。

作り方

下準備

オーブンを160℃に余熱
パウンドケーキの型に紙をしいておく

作り方はきわめて簡単で、まず粉類を混ぜあわせ、そこに液体を加えて全体を混ぜあわせればできあがりです。

粉類をまぜる
●ボールに小麦粉、ベーキングパウダー、砂糖(カソナード)、シナモン、ジンジャー、アニス(またはシキミ)を入れ混ぜる

液体を入れて混ぜる
●卵を割り入れ、牛乳を入れ混ぜる。

●はちみつを入れしっかり混ぜ合わせる

型に入れて焼成
160度ぐらいで30分から35分焼きます。
もう少しかかるかもしれません。パウンド型は火のとおりが遅いので、時間がかかりますが、もっと背の低い、スクエア型などで焼くと早くできると思います。

生地に竹串をさして、ねっとりとした生地がついてこなければ焼き上がりです。焼きたてよりしばらくおいたほうがおいしいです。

もう一つパンデピスを作っている動画を紹介します。この人は、シリコン型を使っています。

スパイスの量はお好みで加減してください。入れすぎるととても薬っぽい味になります。



アルザス地方のパンデピス

アルザス地方のパンデピスのルポルタージュです。3分40秒。比較的ゆっくりしゃべっているので聞き取りやすいです。

☆penのつくれぽ。
パンデピス
実際に作って記事を書きました⇒混ぜて焼くだけパンデピスを作ってみた。 – penのフランス語日記 FC2出張所

☆トップの写真をお借りしました:photo credit: Christmas time in Colmar via photopin (license)






ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. ヌガー

    フランスのお菓子

    モンテリマールのヌガーの作り方:フランスのお菓子(31)

    モンテリマール(Montélimar)というフランスの小さな街の銘菓、…

  2. クレープ

    フランスのお菓子

    シャンドルールの起源~なぜクレープを食べるの? クレープのレシピつき

    2月2日はフランスでChandeleur(シャンドルール)と呼ばれる日…

  3. パピヨット

    フランスのお菓子

    パピヨットはクリスマスのお楽しみ:フランスのお菓子(13)

    きょうご紹介するフランスのお菓子はパピヨット。これは自分で作るというよ…

  4. クレームブリュレ

    フランスのお菓子

    フランスを代表するデザート、クレームブリュレはどこで生まれた?~フランスのお菓子(7)

    フランスのお菓子を紹介するシリーズ、今回はクレームブリュレです。フラン…

  5. プチ・ブール

    フランスのお菓子

    LU(リュ)のビスケット、プチ・ブール:フランスのお菓子(25)

    フランスで人気の市販のお菓子、プチ・ブール(Petit Beurre)…

  6. クリスマスツリー

    フランスのお菓子

    クリスマスの13種のデザート(プロバンス地方の伝統)

    プロバンス地方で伝統的にクリスマスのごちそうのあとに食べる13種のデザ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. なぜプラスチックのストローの使用が禁止されるのか?
  2. アクサン・シルコンフレックスになじんで語彙を増やそう。
  3. なぜ、フランスでは7月14日が祝日なのか?
  4. オ・ボヌール・デ・ダム、デパートの発明:予告編のフランス語
  5. フランスの猛暑(2019年6月)のニュース
  6. Le pouvoir des fleurs(花のちから)ロラ…
  7. いやし、リラックスに関する言葉:かわいいフランス語教えます(…
  8. おとぎ話に出てくる言葉(その2):かわいいフランス語教えます…
  9. フランスの試験、バック(バカロレア)とは何か?
  10. フェット・ド・ラ・ミュジーク(音楽祭)の起源

おすすめ記事いろいろ

  1. チョコレートを運ぶ娘~リオタール~18世紀のチョコレート続き…
  2. 歌と訳詞:『春は歌うよ』クロード・フランソワ その1
  3. フランス語の歌の定番:オー・シャンゼリゼの訳詞
  4. L34 パリの夏はどんどん暑くなっている?
  5. シャネルの特別展、ロンドンにて開催。82歳になってますます元…
  6. アクセサリーと宝石の名前:かわいいフランス語教えます~その2…
  7. 名言その4~ココ・シャネル~「ぜいたく」の反対語は?
  8. 悲しみの庭~ジョルジュ・ムスタキ、歌と訳詞
  9. 「大人は判ってくれない」の原題知ってる?~入門日記第12回
  10. フランスの子どもたちにテロリズムについてどうやって説明するか…

おすすめのまとめ記事

  1. 翻訳者養成講座関連記事の目次
  2. バレンタインデーとチョコレート関連記事の目次
  3. フランス語のニュースの記事のまとめ(3)
  4. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで
  5. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…
  6. クリスマス関連記事の目次 2013年版
  7. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その1(L1~25…
  8. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(1)
  9. フランス語のニュースの記事のまとめ(4)
  10. フランス語のCMの記事のまとめ。ディクテに最適。

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 黒板
  3. フランス語の日めくり

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP