フィナンシェ

フランスのお菓子

シンプルだけどおいしいフィナンシエのレシピ:フランスのお菓子(29)

日本でもわりとよく知られているフランス発祥の焼き菓子、フィナンシエ(financiers)を紹介します。小さい焼き菓子なので複数作りますから、financiers と複数になります。

financiers は もともとは、金融資本家、財界人、という意味で、finance(フィナンス)という名詞から派生した言葉です。

なぜこれがお菓子の名前になったのかというと、その形が、金塊に似ているから、という説が有名です。もう1つ、パリ証券取引所周辺の金融街で、このお菓子の人気が出たから、という説もあります。

背広のポケットに入れたままでも形が崩れず、長持ちするからおやつとして人気が出たとか。本当ですかねえ?



マドレーヌとフィナンシエの違い

以前紹介したことがあり、日本でも大人気のマドレーヌとフィナンシェはよく似たお菓子です。

ともに小麦粉、バター、卵、砂糖というシンプルな材料を使って簡単に作れ、見た目も可愛いお菓子です。

しかし、いくつか違いがありますので簡単にまとめておきますね。

フィナンシェとマドレーヌ

形:べつにどんな形で焼いてもいいのですが、マドレーヌは貝の形で焼くことが多いです。フィナンシエの伝統的な形は長方形です。

卵:マドレーヌは全卵を用いますが、フィナンシェは卵白のみを使います。

バター:マドレーヌは溶かしバターを使いますが、フィナンシエは焦がしバターです。

砂糖:フィナンシエはパウダーシュガー(アイシングシュガー)を使うことが多いです。

粉:フィナンシェは通常、アーモンドパウダーをたくさん入れます。

いずれにしろ、簡単で、失敗しにくいお菓子です。

マドレーヌのレシピはこちら⇒コメルシー名物、マドレーヌの作り方:フランスのお菓子(12)

では、きょうはクララさんのレシピからごらんください。材料だけでなく使う道具の説明もあります。

基本のフィナンシエの作り方

最初の24秒はテーマソングなので飛ばしても大丈夫です。

基本的なフィナンシェの材料

150g de Sucre Glace パウダーシュガー 
100g d’Amande en poudre  アーモンドプードル(アーモンドパウダー、アーモンド粉)
25 g de Farine  小麦粉
100g Blanc d’œufs soit à peu près 3 blancs d’œufs  卵白100グラム、または、およそ卵3個分の白身
1 sachet de Sucre Vanille バニラーシュガー 1パッケージ(7.5グラム)
150g de Beurre Doux  無塩バター

作り方

下準備:オーブンを180度Cに余熱。型にバターなどをぬっておく

1.焦がしバター(beurre noisette)を作る
鍋にバターを入れて中火にかけ、きれいな茶色になるまで待つ。

よい感じに焦げたら、バターを茶こしなどでこして焦げた固まりを取る。そのままさます。

2.ボールに、アーモンド粉、砂糖、小麦粉、バニラ、卵白を入れてかきまぜる。

3.ここにさめたバターを入れ、かきまぜる⇒生地のできあがり。

4.型に生地を入れ、180度のオーブンで20分ほど焼く。(☆20分も焼かなくてもできると思いますが、型によります)。

5.さめたら型から取り出す。

アーモンド粉の多いレシピですね。次は、750gのフィナンシエです。

オレンジの皮を入れたフィナンシエの作り方

financiers aux écorces d’oranges 材料

4 blancs d’œufs  卵白
130g de sucre glace パウダーシュガー
50g de farine 小麦粉
50g de poudre d’amandes アーモンドプードル
70g de beurre バター
150g d’oranges confites   オレンジの砂糖漬け

☆écorce は木や果物などの皮。

作り方

1.焦がしバターを作る。

2.ボールに小麦粉、アーモンドプードル、パウダーシュガーを入れてかきまぜ、そこに卵白を入れてさらにかきまぜる。

3.焦がしバターを入れて混ぜる。

4.最低でも1時間、できれば一晩、生地を冷蔵庫で休ませる。こうすると、焦がしバターの風味がしっかり出るそうです。

☆オーブンを180度Cに予熱。必要なら型にバターなどを塗っておく。

5.型に生地を入れる。

6.オレンジの砂糖漬けを小さく切って、生地の上から散らす。

7.8~10分焼く。

クララさんのレシピでは生地を寝かせていませんが、ちゃんと作るときは寝かせたほうがいいかもしれません。

もう1つ、750gのレシピで、上にラズベリーやアーモンドのスライスをトッピングしているレシピを紹介します。

プチなフィナンシェの作り方

シェフダミアンがローランス(Laurence)と作っています。ローランスが登場する回はたぶん彼女のキッチンで撮影しています。いつも簡単なレシピで、きわめてカジュアルに作っていますね。

材料

6 blancs d’œufs  卵白
80g de farine 小麦粉
80g de poudre d’amande アーモンド粉
200g de sucre glace パウダーシュガー
100g Beurre noisette 焦がしバター
1 pincée de sel 塩ひとつまみ

作り方

下準備:オーブンを180度に余熱。くっつく型なら油脂をぬっておく。

1.ボールに卵白を入れてかきまぜ、そこにアーモンド粉を入れ混ぜ、小麦粉と塩ひとつまみ入れてかきまぜる。

2.焦がしバターを作る

3.1の生地にバターを加えかきまぜる⇒生地のできあがり

4.型にスプーンで入れて、表面にラズベリーやアーモンドをトッピングする

5.180度Cで12分焼く



きょうの単語

クララさんの動画から5つ単語を拾ってみました。

beurre noisette  焦がしバター。ノワゼットは「ハシバミの実、ヘーゼルナッツ」という意味です。べつにバターがナッツ風味だからノワゼットになるのではなく、焦がしたバターがはしばみ色になるから、ビュール・ノワゼットなのです。

こんな色です。
はしばみ色

moule  ケーキの型。型から出す、は démouler

passoire  し器 茶こしは passoire à thé
passoire は chinois と呼ぶこともあります、シノワは円錐形の形のこし器のことです。この形が中国帽に似ているからこういう名前になりました。

シノワはもともとはわりと大きいスープ用のこし器ですが、今は、小さいのもあります。

シノワ

se débarrasser  取り除く、厄介払いする、処分する

remuer かきまぜる;サラダをあえたり、土を耕すときも、remuer を使えます。心をかきまわす、という意味にも使います。日本語にするときは、心を動かす、感動させる、とないます。

秋は焼き菓子がおいしい季節なのでフィナンシェを紹介しました。

金の延べ棒を食べている、と思うと、なんとなくリッチになった気分ですね。






ピックアップ記事

  1. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. ストロベリーアイスクリーム

    フランスのお菓子

    家庭で作る簡単アイスクリーム4種:フランスのお菓子(26)

    フランスのおいしいスイーツやデザートを紹介するシリーズ。今回はアイスク…

  2. みかん

    フランスのお菓子

    クレマンティーヌのグラタン:フランスのお菓子(17)

    冬場、フランスで人気のあるクレマンティーヌのグラタン(Gratin d…

  3. クリスマスツリー

    フランスのお菓子

    クリスマスの13種のデザート(プロバンス地方の伝統)

    プロバンス地方で伝統的にクリスマスのごちそうのあとに食べる13種のデザ…

  4. ファーブルトン

    フランスのお菓子

    ファー・ブルトンは簡単でおいしい:フランスのお菓子(24)

    フランスのお菓子を1つずつ紹介しています。今回はファー・ブルトン(ファ…

  5. フォーチュンクッキー

    フランスのお菓子

    フォーチュン・クッキーとは~作り方つき

    全国的にAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」という曲が流行ってい…

  6. ショコラショー

    フランスのお菓子

    フランス風、ショコラショー(ホットチョコレート):フランスのお菓子(30)

    寒い冬場、フランスで子どもに人気のドリンクは何といってもショコラショー…

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • おさだ
    • 2017年 11月 11日

    初めまして。いつも、フランスの事を沢山
    知りたく、記事を拝見させていただいております(o^^o)。来年、1週間パリに行こうと思ってますが、1人でも気楽に入れるお勧めなレストラン等ありましたら教えていただきたいです☺️

      • フランス語愛好家
      • 2017年 11月 11日

      おさださま

      こんにちは。penです。

      来年1週間、パリに行くのですね。
      それはいいですね。

      >1人でも気楽に入れるお勧めなレストラン

      ああ、こういうのは当ブログではなくて、
      こういうサイトを見たほうがいいかと思います。

      https://traveloco.jp/paris/recommends/gourmet

      お役に立てず申し訳ありません。

      よかったらまた遊びに来てください。pen

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. 風に関する単語:かわいいフランス語教えます(132)
  2. スザンヌ:フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)
  3. 国際女性デーが生まれた背景。
  4. マルディグラ(カーニバル)の起源とお祝いの仕方(2019年版…
  5. なぜ日本は捕鯨をやめないのか?
  6. ファッション界の大物、カール・ラガーフェルド、85歳で亡くな…
  7. アラビア語由来の単語:かわいいフランス語(131)
  8. ポワソン・ルージュ(サン・プリヴァ)の歌と訳詩、映画「シンプ…
  9. 黄色いベスト運動の終結をめざし、マクロン大統領が国民討論会を…
  10. ラ・シャンドルール(聖燭祭でありクレープの日)ってどんな日?…

おすすめ記事いろいろ

  1. リ・オ・レ(ライスプディング)の作り方:フランスのお菓子(1…
  2. マルディグラ(カーニバル)の起源とお祝いの仕方(2019年版…
  3. 歌と訳詞:On ne change pas~セリーヌ・ディオ…
  4. 【第3回】ケーキミックスをフランス語で?
  5. ジャンヌ・モロー『つむじ風』~歌と訳詞
  6. フランス語のことわざ36~ちりも積もれば山となる(その2)
  7. アラブ世界研究所から眺めるパリの景色は素晴らしい
  8. 『男の子女の子』~フランソワーズ・アルディ:歌と訳詞
  9. オール・オーヴァー・ザ・ワールド:フランソワーズ・アルディ(…
  10. フランスの映画監督、ジャック・ドゥミの世界

おすすめのまとめ記事

  1. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)
  2. 2013年4月開講のNHKのラジオ講座のラインナップ
  3. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その2(1課…
  4. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(4)
  5. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その3(48…
  6. フランス映画の予告編の記事のまとめ
  7. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…
  8. 猫に関連する記事の目次~猫好きさんに捧ぐ
  9. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その2
  10. フレンチポップスと訳詞の記事のまとめ:その4

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. フランス語の日めくり
  3. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP