サンフランシスコ

フレンチポップスの訳詞

マキシム・ル・フォレスティエのサンフランシスコ(歌と訳詞)

フレンチ・ポップスでフランス語を学ぶコーナー。今回は、San Francisco(サンフランシスコ)という曲を紹介します。歌っているのは Maxime Le Forestier(マキシム・ル・フォレスティエ)。

彼のデビューアルバムに入っている曲で、代表曲の1つです。



サンフランシスコ

サンフランシスコはもちろん、アメリカの西海岸、カリフォルニア州の北部にある街のことです。

マキシムは、デビュー直前、お姉さんのカトリーヌと一緒に、サンフランシスコにある青い家に住んでいたことがあります。ヒッピーのコミューンがあった時代の話です。

この曲はその当時のことを歌っています。1972年の曲です。

そこまで難しい単語は出てこないし、ミドルテンポなので聞き取りやすいと思います。

それでは訳詞に挑戦!

それは青い家
丘を背にした
僕らはそこに歩いて行く、ドアを叩いたりはしない
そこに住んでいる人が鍵をなげてくれる

皆、一緒に集まる
何年か旅をしたあと
そこにやってきて、食卓を囲む
みんなそこにいる。夕方の5時に

サンフランシスコが霧でかすむとき
サンフランシスコに灯りがともるとき
サンフランシスコ、みんなどこにいるんだい?
リザードにリュック、シルヴィア。僕を待っていて

霧の中を泳ぎ
一緒になって、草の中で転がりながら
僕らはトムのギターと
フィルのケーナを夜がふけるまで聞く

他の人がやってくる
僕らに消息を伝えてくれる
1,2年のうちに戻ってくる人の
彼が幸せだから、僕たちは眠りにつく

サンフランシスコが目覚めるとき
サンフランシスコが目覚めるとき
サンフランシスコ、みんなどこにいるんだい?
リザードにリュック、シルヴィア。僕を待っていて

それは青い家
僕の思い出の中にある
僕らはそこに歩いて行く、ドアを叩いたりはしない
そこに住んでいる人が鍵をなげてくれる
長髪の連中が住んでいる
大きなベッドと音楽がある
光があふれ、おかしな連中がいる

その家は最後まで立っているだろう
サンフランシスコが崩壊しても
サンフランシスコが崩壊しても
サンフランシスコ、みんなどこにいるんだい?
リザードにリュック、シルヴィア。僕を待っていて

★上で引用した歌詞では、ふたつめにサンフランシスコが出てくるとき
Quand San Francisco s’embrume
Quand San Francisco s’allume
となっていますが、実際は、

Quand San Francisco se lève
Quand San Francisco se lève
です。

この家は今もあって、わりと最近、ペンキを塗り替えて、いまもきれいな青い色の家らしいです。

単語メモ

adossé à/contre  ~を背にした
Il était adossé à la porte. 彼はドアに背をもたせていた。

s’embrumer  霧で包まれる

s’allumer  灯りがともる

enlacer  からみつく、巻き付く、抱きしめる

kena  ケーナ 南米の縦笛

peuplé  人の住んでいる

s’effondre  (建物などが)つぶれる、倒れる

きょうのプチ文法:単純未来形

この曲は昔のことを歌っていますが、2番では、この家ではこんなことが起こるだろう、と単純未来形を使っているところがたくさんあります。

たとえば、

On écoutera, un autre arrivera, on s’endormira など。これらは昔、青い家で起こっていたことだと思います。

最後の、Elle sera dernière à rester debout の sera は、昔もいまもこれからも、ずっと、この家はあり続ける、という意味で、未来形の本来の用法と言えましょう。

単純未来について⇒「まいにちフランス語」36:L58 単純未来その1



サンフランシスコはヒッピー発祥の地

1960年代後半、サンフランシスコはヒッピームーブメントのメッカでした。特にヘイト・アシュベリーが有名です。70年代のサンフランシスコはゲイの街として知られました。

昔から自由な雰囲気のある街なのでしょう。

ヒッピーは1960年代のアメリカで、それまでの社会体制や価値観を否定して、共同生活を始めた人のことです。

自然と共存し、ヒッピー同士コミュニティを作って自由に生きていました。その多くは学生です。それもわりと裕福な家庭出身の人が多かったとか。

まあ、妻子あるふつうの社会人がいきなりヒッピーになるのは大変な面があります。金銭的な成功を求めるのはヒッピーらしくありません。

折からベトナム戦争の時代だったので、ヒッピーたちは反戦運動もしていました。

ラブ&ピースが彼らのポリシーです。

ふだんは農作業したり、瞑想したり、歌ったり踊ったり、野外コンサートにいったり、ドラッグを使って自らを覚醒させたりしていました。

こんな暮らしを一生貫くのは難しいせいか、その後ヒッピーは多様化していきました。

今もヒッピーはいるそうですが、現在は、ファッションや音楽に登場するヒッピー的なモチーフのほうが有名です。

当時、ヒッピー文化はとても大きなムーブメントだったので、サンフランシスコを歌った曲もたくさんあります。

もっとも象徴的なのが、スコット・マッケンジーのもSan Francisco (Be Sure To Wear Flowers In Your Hair)「花のサンフランシスコ」です。

サンフランシスコに行くなら髪に花をさして行くんだよ。そこにはやさしい人がいっぱいだ。

夏のサンフランシスコは、ラブイン(love-in ヒッピーの集会)の季節、街角には花を髪にさしたやさしい人が大勢いるんだ。

それは新しい世代。みんな不思議なバイブレーションを感じながら、動いているよ、動いているよってな歌です。

働かず、皆と愛し合って生きる、ある意味、理想郷ですね。まあ、西海岸の温暖な場所じゃないとできません。

サンフランシスコを好きな人はたくさんいるみたいで、ヒッピー文化が生まれる前から、この街を歌った歌はいくつかありました。もちろんヒッピーが生まれてからも、サンフランシスコの歌はたくさんできています。

マキシムの歌は、数あるサンフランシスコの歌の中で、もっともシンプルで美しいのではないかと思います。

このアルバムに入っています。


バラの花が目立っているこのアルバムは、« l’album à la rose »「バラのアルバム」とも呼ばれています。

ヒッピーについては過去記事にも詳しく書いています⇒2014年春夏ファッションのトレンドその5~ヒッピー・シック

60年代の話が読みたい人はこちらもどうぞ⇒歌と訳詞:アリゼ Fifty-Sixty ウォーホルのミューズ、イーディのことを歌った歌 | フランス語の扉 例によってマニアックなことを書いています。

マキシム・ル・フォレスティエのプロフィールは過去記事に書いています⇒マキシム・ル・フォレスティエのかわいい曲、『小さなフーガ』の訳詞

私は彼のファンなのですが、まだ1曲しか訳していませんでした。そのうちまた機会を見つけて訳しますね。






ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 2018年版、フランス語と英語の勉強用カレンダーのご紹介。
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. 女性の後ろ姿

    フレンチポップスの訳詞

    影と光・コラリー・クレモン:歌と訳詞

    コラリー・クレモン(Coralie Clement)というフランスの女…

  2. 海岸

    フレンチポップスの訳詞

    「毎日が日曜日」(Il fait dimanche )アンリ・サルヴァドール:歌と訳詞

    週末にのんびりできるボサノバを紹介します。アンリ・サルヴァドール(He…

  3. カトリーヌ・ドヌーヴ

    フレンチポップスの訳詞

    映画『シェルブールの雨傘』のテーマの訳詞

    きょうは、映画「シェルブールの雨傘 (Les Parapluies D…

  4. リンゴの花

    フランスの暦、年中行事

    歌と訳詞:『春は歌うよ』クロード・フランソワ その1

    今月はクロード・フランソワ(1939年-1978年)の春の喜びを歌った…

  5. スプラッシュ

    フランスの暦、年中行事

    3月の水~ジョルジュ・ムスタキ その1(歌と訳詞)

    この季節にふさわしいジョルジュ・ムスタキ(1934~2013)の「3月…

  6. エッフェル塔

    フレンチポップスの訳詞

    さよならを教えて~フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)

    フランソワーズ・アルディの1968年のヒット曲、「さよならを教えて」を…

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • ソランジュ
    • 2017年 11月 06日

     PENさんこんにちは!私もフレンチポップスが好きなのですが、輸入盤CDだと歌詞カードが無くて、いろいろ調べてるうちこちらのブログを見つけました。知らなかった曲もたくさん紹介してくれていて、少しずつ読んだり聴いたりしてます。楽しいです。マキシムの「感情教育」はとても好きでしたが、この曲も「小さなフーガ」もいいですね!フランス語は音とつづりがある程度は対応しているとはいえ、やはり単語力がないと聞き取れないので、少しずつ覚えていこうと思います。これからもよろしくお願いします。

      • フランス語愛好家
      • 2017年 11月 08日

      ソランジュさま

      こんにちは。penです。
      記事をごらんいただき、ありがとうございます。

      最近、CDを買っていないのですが、
      確かに輸入盤は歌詞カードなどは
      入っていないですね。

      でも、今はインターネットで調べられるので
      便利です。

      こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。
      pen

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. フランスの大型スーパー、ルクレール:CMのフランス語
  2. 最近のフランスのたばこ事情。政府は禁煙を奨励。
  3. 雨に関する言葉:かわいいフランス語教えます(126)
  4. 五月革命とは?: 1968年の5月、いかにフランスは変わった…
  5. キャラクテール:ジョイス・ジョナサン(歌と訳詞)
  6. ルノーの電気自動車、ZOE(ゾエ):CMのフランス語
  7. イスラム教徒が断食する月、ラマダン(ラマダーン)とは?
  8. ローマ数字の復習。1から100まで読めるようになろう。
  9. ダリダの Le temps des fleurs (花の時代…
  10. フランス人は働くことが好きなのでしょうか?

おすすめ記事いろいろ

  1. トリュフォー監督の Les mistons(あこがれ)のmi…
  2. とてもかわいい「チョコレートの歌」(La chanson c…
  3. 動詞être:「まいにちフランス語」5:初級編L13-15
  4. 『驚異の部屋』パリの剥製ショップ、デロールを訪問。
  5. 2018年版、フランス語と英語の勉強用カレンダーのご紹介。
  6. L26 RER (首都圏高速交通網)って何?
  7. すごく簡単なりんごケーキの作り方~フランスのお菓子(4)
  8. 「虎と小鳥のフランス日記」第26話 バルザックの家 その1
  9. 母の日の贈り物のアイデア~かわいいフランス語教えます(69)…
  10. 「渚の想い出」ミッシェル・ポルナレフ:歌と訳詞

おすすめのまとめ記事

  1. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで
  2. フランス語のことわざ~目次 その2
  3. フランス語入門日記~目次を作りました
  4. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その3(L51~L…
  5. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その1(L1~25…
  6. かわいいフランス語、教えます~目次 その1
  7. フランス映画の予告編の記事のまとめ
  8. ニュースの記事のまとめ(2)
  9. フランス語のことわざ~目次 その1
  10. 『タイトルのフランス語』の記事の目次

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. 星の王子さまの本
  3. 2018年フランス語日めくりカレンダー

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

  1. 凱旋門

    時事ニュース

    エマニュエル・マクロンとマリーヌ・ル・ペンが決選投票へ(2017フランス大統領選…
  2. シャンパン

    フランス語の語彙

    年末年始の単語 その1~おおみそか
  3. 新聞を読む

    時事ニュース

    シャルリ・エブド最新号の発売、すぐに売り切れ
  4. 数字

    数字

    フランス語の数字【第12回】1(アン)~10(ディス)の復習
  5. penとレモンツリー

    フランスダイレクトスクール

    フランスダイレクトスクールの無料体験に関する質問に答えました
PAGE TOP