パピヨット

フランスのお菓子

パピヨットはクリスマスのお楽しみ:フランスのお菓子(13)

きょうご紹介するフランスのお菓子パピヨット。これは自分で作るというよりお店で買ってくるクリスマスのお菓子(チョコレート)です。

パピヨットのスペルは、papillote



パピヨットとは?

パピヨットは、チョコレートや砂糖漬けのフルーツを、紙でくるんでねじったもの。チョコレートが多いです。通常、お菓子に直接あたる包み紙(ハトロン紙みたいなの)にメッセージやジョークが書いてあります。その上からキラキラと光る金や銀の紙で包みます。

リヨン生まれのお菓子で、フランスではクリスマスの頃に出回り、ギフトによく使われます。

パピヨットの歴史

18世紀の終わりのリヨンにいた、パピヨットという名のお菓子屋さん(confiseur)の名前から来ているという言い伝えがあります(真偽のほどは不明)。

パピヨットさんが雇っていた見習いさんが、好きな女性にラブレターを書き、その便箋でチョコレートをくるんで女性に送っていました。

彼は、雇い主のパピヨットさんの商品を無断で包んでおりました。

これを見たパピヨットさんが、商品に手を出す見習いは首にしたものの、「お菓子を紙で包むのはいいアイデアかも」と思い、恋文の代わりに別のメセージをを書いた紙でチョコレートやフルーツ菓子を包んで販売を始めました。

その後、いくつかのチョコレートメーカーがパピヨットをベースにした商品を作り、れが今に伝わっています。

パピヨットという単語について

辞書を見ると、papillote という単語は、papillon パピヨン ちょうちょ という単語から派生したものです。

papillon には、折り込みページやビラ、ちらしという意味もあります。つまり紙ですね。

papillote にはいくつかの意味があります。
1.(髪をカールさせるための)カールペーパー、毛巻紙

2.キャンディーの包み紙、包装紙にくるんだキャンディー

3.包み焼きに使うパラフィン紙、アルミ箔。こういう紙でくるんで蒸し焼きにした料理のことも指します。紙のようなものでくるんであればみんなパピヨットで、中国のちまきも、パピヨットです。

4.ペーパーフリル、パピヨット。鶏の丸焼きの骨の先についているピラピラした飾りの紙のこと。

5.ユダヤ教で信徒がこめかみにつける巻き髪

6.おもちゃのクラッカー = papillote détonante

7.(古)金色や銀色のパイエット、ドレスの装飾に用いられる光り物

このうちクリスマスに関係あるのは、2番と6番です。西洋のクラッカー(パンと割って遊ぶもの)は、キャンディの形をしています。このクラッカーは次に紹介する2つ目のニュースの1番最後に出てきます。



パピヨットが出てくるニュース

パピヨットはフランスのクリスマスのお菓子の定番。クリスマスシーズンだけ製造されるので、毎年のようにニュースで取り上げられています。

こちらは2011年のfrance 3 のニュース。チョコレート専門店のパピヨットが出てきます。パピヨットだけでなく、クリスマスがテーマのチョコレートも。

チョコレート職人さんは、手先が器用じゃないとできない感じですね。

こちらは2014年のfrance 2のニュース。

☆2018/12/17追記:動画が削除されたのでリンクをはずしました☆

パピヨットを包んでいるおばあさんは78歳のチョコレート屋さん、アイビールックで、三つ編みというファッションが強烈。でもよさそうな人です。もしかして、これ、店の制服でしょうか?

後半に出てくるチョコレートの工場は、Voisinというリヨンの有名なチョコレート専門店のものです。

パピヨットはクリスマスの頃のチョコレート屋さんのメイン商品。この時期、10キロチョコレートが売れると、その半分はパピヨットなのだそうです。

もっとチョコレートの記事を読みたい方はこちらからどうぞ⇒バレンタインデーとチョコレート関連記事の目次

クリスマスの記事はこちらから⇒クリスマスにちなんだ記事の目次 2013年版

次のお菓子はこちら⇒簡単チョコレートムース(ムース・オー・ショコラ)の作り方:フランスのお菓子(14)

パピヨットって見た目も名前もかわいいですね。

東京風月堂のお菓子に「パピヨット」というのがありますが、これはヨックモックの「シガール」つまりラングドシャがベースのお菓子ではないか、と思います。

ラングドシャはお菓子の記事では書いていませんが、こちらの記事の最後で詳しめに書いています⇒浅草の甘味処にて~日本の旅 #4(フランスダイレクト)






クリスマスサンタクロースの娘:ジャック・デュトロン。歌と訳詞前のページ

映画「エデン」のモデル、DJのスヴェン・ハンセン=ラブへのインタビュー(前半)次のページミキシングデスク

ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. ケーキ

    フランスのお菓子

    ビスキュイ・ド・サヴォアのレシピと作り方:フランスのお菓子(16)

    フランスの南東部、サヴォア県(ローヌ・アルプ地域)のシンプルな郷土菓子…

  2. クレームブリュレ

    フランスのお菓子

    フランスを代表するデザート、クレームブリュレはどこで生まれた?~フランスのお菓子(7)

    フランスのお菓子を紹介するシリーズ、今回はクレームブリュレです。フラン…

  3. イースターのウサギのフィギア

    フランスのお菓子

    簡単イースターケーキの作り方:フランスのお菓子(21)

    フランスのお菓子やおやつのレシピを紹介しています。今回はイースターのケ…

  4. イチゴのグラニテ

    フランスのお菓子

    イチゴのグラニテの作り方:フランスのお菓子42

    ストロベリーのグラニテ(granité à la fraise グラニ…

  5. ヌガー

    フランスのお菓子

    モンテリマールのヌガーの作り方:フランスのお菓子(31)

    モンテリマール(Montélimar)というフランスの小さな街の銘菓、…

  6. クレープ

    フランスのお菓子

    シャンドルールの起源~なぜクレープを食べるの? クレープのレシピつき

    2月2日はフランスでChandeleur(シャンドルール)と呼ばれる日…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. プラスチックを使わないゼロ・ウエイスト生活(前編)
  2. チーズ・フォンデュってコロナに感染の危険はないの?
  3. 世界初、スコットランドで生理用品を無料で提供する法案が可決さ…
  4. ブラックフライデーで、Amazonの人は大忙し。
  5. ファッションに関する言葉:かわいいフランス語(146)
  6. Un automne à Paris (あるパリの秋): ル…
  7. 2015年の11月13日に、どうしてパリでテロが起こったのか…
  8. なぜ、フランスにはオオカミを嫌う人がいるのか?
  9. なぜ赤いケシの花(ポピー)を身につけるのか?11月11日はリ…
  10. 11月11日はリメンブランスデイ(戦没者追悼記念日)。赤いケ…

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 日めくりとpen
  2. 黒板
  3. 星の王子さまの本

アーカイブ

PAGE TOP