ダックワーズ

フランスのお菓子

ダックワーズの作り方。ミキサーを使えばとても簡単:フランスのお菓子(10)

フランスのお菓子を1つずつ紹介しています。今回はダックワーズ(dacquoise)です。何も知らないとあひるに関係する何かかと思われそうですが、メレンゲのお菓子で、マカロンの親戚のようなものです。

日本では小判型のものが多いですが、これは日本独自のアレンジです。



タックワーズ(dacquoise)とは?

dacquoise は 「Dax(ダクス)の」という意味。Daxはフランスの南西部にある街の名前で、温泉保養地です。この街由来のお菓子なのでしょうか?調べてみましたが、特にそうでもないようです。

dacquoise の発音はダコワーズですが、日本で小判型のダックワーズを考案した人が、響きがいいように「ダックワーズ」としてその商品を売り出したので、日本ではダックワーズとして知られています。

ラズベリームースを組み合わせて作るなどいろいろなバリエーションがあります。

dacquoise を英語読みすると、ダックワースです。私はダコワーズのほうが覚えやすいと思いますが。

ダックワーズはヘーゼルナッツ(またはアーモンド)風味のメレンゲ(白身を泡立てたもの)と砂糖でできたお菓子です。もともとフランスの宮廷の人たちのために考案されました。

ダックワーズの生地は、初めはふつうのケーキの底の生地として使われていました。一般的にダックワーズ生地にクリームをぬって何枚も重ねてケーキのようにしたお菓子を「ダックワーズ」と呼びます。

かりかりとしたメレンゲとクリームのハーモニーを味わうおいしいお菓子です。

18世紀の後半にイギリスに伝わってから、英語圏でも親しまれています

アーモンド風味のダックワーズのレシピと作り方

メレンゲはスタンディングミキサーを使って作るし、積み重ねないタイプのダックワーズなので簡単です。

Ingrédients pour la dacquoise :  材料

150g de blancs d’œufs  卵の白身150グラム
150g de sucre semoule 砂糖 150グラム
150g de sucre glace 粉砂糖 150グラム
120g de poudre d’amande アーモンド粉 120グラム
30g de farine 小麦粉 30グラム

※sucre semoule とは直訳、セモリナの砂糖ですが、とても粒の細かい砂糖です。ふつうのグラニュー糖を使えば問題ありません。

作り方

下準備:
●オーブンを180℃に余熱。
●セルクル型の中に紙を巻いておく。

1.ミキサーに白身を入れてメレンゲを作り始める、途中で砂糖を入れてさらに撹拌し固いメレンゲを作る。

2.粉砂糖にアーモンド粉を入れて混ぜる。

3.2を1に少しずつ入れて混ぜる。

4.3に小麦粉を少しずつ入れて、混ぜる。メレンゲの膨らみをこわさないように、しかし、しっかりと混ぜる⇒生地のできあがり。

5.生地を絞り出し袋に入れて、型の中に渦巻きを描くようにして絞り出す。円形のはしっこに1つずつ丸く絞りだす。その上に粉砂糖を振る。

6.180℃で15分前後焼く。

型を使わず、天板にパーチメントシートを敷いて、直接渦巻き型絞り出してもいいです。



チョコレートクリームをはさんだダックワーズのレシピと作り方

チョコレートクリームをサンドイッチするタイプのダックワーズ。ヘーゼルナッツをフードプロセッサーでくだいてナッツパウダーを作ります。

このようにクリームをはさんで積み重ねる(レイヤーにする)タイプのダックワーズはふつう冷やして食べます。

ダックワーズは1枚だけシンプルに焼いてもおいしいです。ぜひお試しください。

それでは次回の「フランスのお菓子」の記事をお楽しみに。

こちらのお菓子もメレンゲを使います⇒フォーチュン・クッキーとは~作り方つき

☆トップの写真をお借りしました。
photo credit: Pierre Hermé – Victoria via photopin (license)






ピックアップ記事

  1. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. カヌレを持つ修道女pen

    フランスのお菓子

    カヌレとは?~フランスのお菓子~その1

    フランスのお菓子を紹介するシリーズを始めます。お菓子は、言葉と…

  2. フォーチュンクッキー

    フランスのお菓子

    フォーチュン・クッキーとは~作り方つき

    全国的にAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」という曲が流行ってい…

  3. ベニエ

    フランスのお菓子

    カーニバルの定番、ベニエ (ビューニュ) の作り方:フランスのお菓子(15)

    フランスの2月はカーニバルのシーズンです。フランスのお菓子、今回は、カ…

  4. ショコラショー

    フランスのお菓子

    フランス風、ショコラショー(ホットチョコレート):フランスのお菓子(30)

    寒い冬場、フランスで子どもに人気のドリンクは何といってもショコラショー…

  5. ガレット・デ・ロワ

    フランスのお菓子

    ガレット・デ・ロワの歴史と作り方~フランスのお菓子(3)

    フランスのお菓子を紹介するシリーズ、きょうはガレット・デ・ロワです。…

  6. 黒い森さくらんぼケーキ

    フランスのお菓子

    黒い森のさくらんぼケーキの簡単レシピ:フランスのお菓子34

    お菓子を作っているビデオを見ながらフランス語になじむシリーズ。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. プラスチックの海を掃除する船、オーシャンクリーンアップ
  2. レオナルド・ダ・ヴィンチ、天才のひらめき
  3. 8月13日は左利きの日。なぜ左利きの人がいるのか?
  4. ベーキング・お菓子作りに関係のある言葉:かわいいフランス語教…
  5. ムッシュ・アンリと私の秘密:予告編のフランス語
  6. アルフォンス・ミュシャ、ベル・エポックのイコン。
  7. ガレット・ブルトンヌ(厚焼きクッキー)の作り方:フランスのお…
  8. Pupille(後見人のいる孤児):予告編のフランス語
  9. そこへ行くために(Pour en arriver là):ダ…
  10. なぜプラスチックのストローの使用が禁止されるのか?

おすすめ記事いろいろ

  1. 歌と訳詞:故郷の九月~ジルベール・ベコー その1
  2. チョコレートを運ぶ娘~リオタール~18世紀のチョコレート続き…
  3. フランス人から見た日本人のユーモア、ここが笑えない
  4. フランス語学習で大切な3つのPとは?
  5. まぎらわしい集合名詞と動詞の一致(単数か複数か)を整理してみ…
  6. 船長が2人いると船は転覆する(船頭多くして船、山へのぼる):…
  7. あまい囁き(Parole parole)、ダリダとアラン・ド…
  8. クリスマスの13種のデザート(プロバンス地方の伝統)
  9. フランス語の数字【第27回】51 – 60
  10. クロード・フランソワの代表曲、いつものように/ マイウエイ(…

おすすめのまとめ記事

  1. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで
  2. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話
  3. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その3
  4. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(1)
  5. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
  6. フレンチポップスと訳詞の記事のまとめ:その4
  7. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その3(L51~L…
  8. 動画教材『不思議の国のFrance』関連記事の 目次
  9. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その1(概要…
  10. 『タイトルのフランス語』の記事の目次

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. 星の王子さまの本
  3. フランス語の日めくり

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP