カフェ・グルモン

フランスのお菓子

フランスで大人気、カフェ・グルモンってどんなデザート?~フランスのお菓子(6)

フランスのお菓子を紹介するシリーズ。今回はカフェ・グルモン(カフェ・グルマン)です。これは厳密に言うとお菓子の名前というより、セット物の名前です。

café gourmand は直訳すると「食いしん坊のコーヒー」ですが、実はこのメニューは、コーヒーとサイズの小さいお菓子(mignardises)がいくつかついたセットのこと。

フランスには以前はこういうメニューはなかったそうです。

2005年ぐらいにパリのレストランに登場してからトレンドになり、いろいろな店が独自のカフェ・グルモンを提供しています。

カフェ・グルモンにはいくつかの利点があります。

●いろいろなデザートが食べられる。
●1つ1つは小さいのでカロリーが抑えられる、と食べる人は思う(実際のところはわかりませんが)。
●見た目がカラフルでかわいいから女性に受ける。
●どんなものが皿にのってくるのか楽しみ(通常、カフェグルモンにのってくるデザートはメニューに書いてありません)。
●コーヒーとデザートが一緒にでる(伝統的なフランス料理のコースでは、デザートとコーヒーは別々に出ます)。



カフェグルモンの構成

1.熱い飲み物。
通常はエスプレッソ espresso ですが、紅茶 thé ホットチョコレート chocolat chaud もあります。

2.小さいサイズのデザートが3~5種類
こんなお菓子が使われます。すべてミニサイズです。
● mousse au chocolat  チョコレートムース 
● tartelette  タルトレット
● crème brûlée  クリームブリュレ
● fondant au chocolat  フォンダンショコラ
● clafoutis  クラフティー
● fruits  フルーツ
● biscuit  クッキー
● macaron  マカロン
● chouquette  シューケット(小さいシュークリーム)
● glace  アイスクリーム
● financier  フィナンシェ
● brownie  ブラウニー
● tiramisu  ティラミス

値段は5ユーロ~8ユーロぐらい

まともにデザートを頼むより安くあがるし、おなかもいっぱいになりすぎないとか。

カフェグルモンの例

こちらは昔、「虎と小鳥のフランス日記」のエピソードで出てきた、フランスのル・トラン・ブルーというレストランのカフェ・グルモン

カフェ・グルモン(ル・トラン・ブルー)

・マカロン un macaron

・チョコがけのエクレア l’éclair au chocolat

・バニラクリームに赤いフルーツのコンポートをのせたもの。crème vanille avec une compote de fruits rouges

・tarte tropézienne  タルト・トロぺジエンヌ

タルト・トロぺジエンヌは前回紹介しました⇒サン・トロペ名物、タルト・トロペジエンヌのレシピと作り方

こちらは別の機会に出てきたカフェグルモン。

カフェ・グルモン

記事はこちら⇒週末のブランチ「虎と小鳥のフランス日記」第107話

このように単品としてももちろん頼むことができます。コーヒーだけじゃなく、ちょっとおやつもほしいという時にいいですね。



自宅で作るカフェ・グルモン

カフェ・グルモンはデザートとしてすっかり定着し、自宅でおもてなしをするときなどにも使われます。

こちらはBridéliceという生クリームのメーカーが作ったカフェ・グルモンのレシピです。ふつうの人が自慢のレシピを動画で作ってみせてるみたいです。

クレープを茶巾みたいに包むのが可愛いですね。ブルターニュは乳製品がおいしいところです。

カフェグルモンは、プレゼンテーションと言うのでしょうか、どんなふうにお皿に盛るかお店によって違いますし、出てくるお菓子も楽しみですね。

ただし、あまり期待しすぎると、ただのチョコレートムース(フランスではひじょうに一般的なお菓子)にクッキーが転がっているだけ、ということもあります。

それでは次回のお菓子の記事をお楽しみに。

トップの画像のクレジット: cafegourmand via photopin (license)






温度計気温の言い方~フランス語の数字【第58回】前のページ

映画『コーラス』(前編)予告編のフランス語次のページオルガン

ピックアップ記事

  1. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. クレームブリュレ

    フランスのお菓子

    フランスを代表するデザート、クレームブリュレはどこで生まれた?~フランスのお菓子(7)

    フランスのお菓子を紹介するシリーズ、今回はクレームブリュレです。フラン…

  2. フィナンシェ

    フランスのお菓子

    シンプルだけどおいしいフィナンシエのレシピ:フランスのお菓子(29)

    日本でもわりとよく知られているフランス発祥の焼き菓子、フィナンシエ(f…

  3. チョコレートムース
  4. シュケット

    フランスのお菓子

    簡単おやつ、シュケットの作り方:フランスのお菓子(22)

    フランスの子どもたちが大好きなおやつ、シュケット(シューケット)を紹介…

  5. フォーチュンクッキー

    フランスのお菓子

    フォーチュン・クッキーとは~作り方つき

    全国的にAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」という曲が流行ってい…

  6. プチ・ブール

    フランスのお菓子

    LU(リュ)のビスケット、プチ・ブール:フランスのお菓子(25)

    フランスで人気の市販のお菓子、プチ・ブール(Petit Beurre)…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新しく書いた記事です。

  1. フランスを代表する漫画、アステリックスの人気の秘密
  2. マクロン大統領の15日間の外出禁止令(抜粋)
  3. T’as vu (見えるでしょ)クリオ:歌と訳詞…
  4. セントパトリックデー(聖パトリックの祝日)の由来。ラッキーア…
  5. なぜ13日の金曜日は運がいいとか悪いとか言われるのか?
  6. やさしさ、思いやりに関する言葉:かわいいフランス語教えます(…
  7. 国際女性デーが生まれた背景とは?
  8. 勝手にしやがれ:予告編のフランス語(初心者向け)
  9. 3月の第1日曜日は、『祖母の日』。この日、フランス人は何をす…
  10. うるう年はなぜあるの?(簡単なフランス語の説明)。

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事いろいろ

  1. フランスの母の日の意外な起源
  2. 7桁から9桁までの数字:フランス語の数字【第39回】
  3. スパイスとハーブ(1)かわいいフランス語教えます~その57 …
  4. フランス語のことわざ46~不幸は1つでは済まない
  5. 静かな決意~masausa、penのおまけコーナー【最終回】…
  6. フランス語を始めたばかりの頃~入門日記第1回
  7. 中国の新年の祝い方。
  8. 小さな物(語尾にetteがつく言葉その1):かわいいフランス…
  9. 10桁から13桁までの数字:フランス語の数字【第40回】
  10. いやし、リラックスに関する言葉:かわいいフランス語教えます(…

おすすめのまとめ記事

  1. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話
  2. masausaさんのカレンダー収録曲の記事の目次
  3. 数字の記事のまとめ その1 0から18まで
  4. かわいいフランス語、教えます~目次 その3
  5. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
  6. フランス語の名言の記事の目次
  7. かわいいフランス語、教えます~目次 その2
  8. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その3(L51~L…
  9. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その2(L26~L…
  10. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…

フランス語の勉強法とか

  1. 日めくりとpen
  2. 黒板
  3. 星の王子さまの本

スポンサーリンク



お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP