クリスマス

フレンチポップスの訳詞

サンタクロースの娘:ジャック・デュトロン。歌と訳詞

もうすぐクリスマスなので、クリスマスにちなんだ曲を紹介します。ジャック・デュトロンの「サンタクロースの娘」です。原題は、La fille du Père Noël 1966年の曲です。



La fille du Père Noël サンタクロースの娘

クリスマスの歌といっても、鈴がチリンチリンなる感じのクリスマスではありません。ロックンロールです。

それでは訳詞に挑戦!

Je l’ai trouvée au petit matin
Toute nue dans mes grands souliers
Placés devant la cheminée
Pas besoin de vous faire un dessin

De battre, mon coeur s’est arrêté
Sur le lit j’ai jeté mon fouet
Tout contre elle je me suis penché
Et sa beauté m’a rendu muet

朝彼女を見つけたんだ
真っ裸で僕の大きな靴をはいていた
暖炉の前に立っていた
絵に描いて見せるまでもないよね

僕の心臓の鼓動は止まった
ベッドに鞭(むち)を放り出した
彼女のほうへ、身をかがめた
その美しさに言葉を失った

疲れて、二日酔いだった
一晩中、父の仕事の手伝いをしていたから
火の中に、薪をくべておいた
暖炉の中に、彼女のお父さんはいなかった

☆C’était la fille du Père Noël
J’étais le fils du Père Fouettard
Elle s’appelait Marie-Noëlle
Je m’appelais Jean-Balthazar

彼女はサンタクロースの娘
僕は鞭打ちじいさんの息子
彼女の名前はマリー・ノエル
僕の名前はジャン・バルタザール

彼女を腕に抱く
彼女は僕にこう言った
「だめよ、バルタザール
いい気にならないの
私、たまたまここに来ただけなのよ」

一晩中、僕は鞭を打っていた
力の限り、悪い連中を
一晩中、彼女は
子どもたちみんなに贈り物をあげていた

☆~☆ リフレイン

彼女は、間違って、僕の家に降りてきて
僕の靴をはいていたってわけ
彼女のハートを奪うことはできなかったから
彼女をドアの外に置いた

彼女はサンタクロースの娘
僕は鞭打ちじいさんの息子
彼女は甲高い声で僕に言った
「バイバイ、バルタザール」

☆~☆ リフレイン

単語メモ

fouet 鞭(ムチ) 発音は「フエ」
動詞は fouetter

se pencher  身をかがめる

se rendre   自らを~にする

faire le fier  えらそうにする

à tour de bras 力の限り、全力で

palier 踊り場

voix d’crécelle 甲高い声  crécelle は教会で鐘の代用として使うもの

☆歌詞はこちら⇒Jacques Dutronc La Fille Du Pere Noel lyrics – music



サンタクロースと鞭打ちじいさんの伝説

歌詞をみると、「いったい何でこの人は鞭を打っていたの」と思うわけですが、彼はle fils du Père Fouettard 「ムチ打ちじいさんの息子」なので、お父さんの仕事を手伝って、鞭を打っていたのです。

鞭打ちじいさんは、悪い子どもをムチで懲らしめるとされている想像上の人物です。

フランスでは昔から、いい子にしてるとサンタさんが贈り物を持ってきて、悪い子だと鞭打ちじいさんがやってきて、鞭でたたかれる、という言い伝えがあったそうです。

今はそんなこと言わないと思いますが。

辞書によると、鞭打ちじいさんはサンタクロースのお伴をすると考えられているそうですが、この歌の感じでは別行動みたいですね。

サンタクロースに娘がいるとか、鞭打ちじいさんに息子がいるというのは、この歌の中だけでのできごとだと思います。

この歌のマリー・ノエルと、ジャン・バルタザールはいわば、ロミオとジュリエットのような敵(かたき)同士の間柄。ですが、マリー・ノエルは、彼には全く興味がないみたいで「私、たまたまここに来ただけよ」と軽くいなしています。

それにしても、なぜ裸で煙突から落ちてきたのでしょうか。不思議です。

ジャン・バルタザールは仕事しすぎて、しかも二日酔いだったから、夢でも見たのではないか、というのが私の考えです。暖炉には火が赤々と燃えていたようですし。

ジャック・デュトロンについてはこちらで少し説明しています⇒歌と訳詞:霧のコルヴィザール~フランソワーズ・アルディ

ジャック・デュトロンとフランソワーズ・アルディの息子のトマ・デュトロンの歌です⇒歌と訳詞:トマ・デュトロンの『ギターのないマヌーシュのように』

それでは次回の音楽の記事をお楽しみに。






教室『パリ20区、僕たちのクラス』で条件法現在を学ぶ:予告編のフランス語(2)前のページ

パピヨットはクリスマスのお楽しみ:フランスのお菓子(13)次のページパピヨット

ピックアップ記事

  1. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. ピアノの弾き語り
  2. 野原の上の木

    フレンチポップスの訳詞

    歌:グリーン・ウォッシング – Tryo(トリヨ) その1/2

    フランスのアコースティックレゲエバンド、Tryo(トリヨ)の曲を訳して…

  3. コルヴィザール通り

    フレンチポップスの訳詞

    霧のコルヴィザール~フランソワーズ・アルディ(歌と訳詩)

    フランソワーズ・アルディがご主人のジャック・デュトロンとデュエットして…

  4. カップル

    フレンチポップスの訳詞

    Toi + Moi(トワプリュスモア)グレゴワール:歌と訳詞

    Grégoire(グレゴワール)というシンガー・ソングライターの To…

  5. 秋の公園のベンチ

    フレンチポップスの訳詞

    『枯葉』Les Feuilles mortes イブ・モンタン~歌と訳詞

    秋のシャンソンの定番、イブ・モンタンの『枯葉』(Les Feuille…

  6. 凱旋門

    フレンチポップスの訳詞

    フランス語の歌の定番:オー・シャンゼリゼの訳詞

    「オー・シャンゼリゼ」の訳詞をご紹介します。ジョー・ダッサン(Joe …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新しく書いた記事です。

  1. アステリックス、魔法の薬の秘密:予告編のフランス語
  2. フランスを代表する漫画、アステリックスの人気の秘密
  3. マクロン大統領の15日間の外出禁止令(抜粋)
  4. T’as vu (見えるでしょ)クリオ:歌と訳詞…
  5. セントパトリックデー(聖パトリックの祝日)の由来。ラッキーア…
  6. なぜ13日の金曜日は運がいいとか悪いとか言われるのか?
  7. やさしさ、思いやりに関する言葉:かわいいフランス語教えます(…
  8. 国際女性デーが生まれた背景とは?
  9. 勝手にしやがれ:予告編のフランス語(初心者向け)
  10. 3月の第1日曜日は、『祖母の日』。この日、フランス人は何をす…

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事いろいろ

  1. Le pouvoir des fleurs(花のちから)ロラ…
  2. もう森へなんか行かない(フランソワーズ・アルディ):歌と訳詞…
  3. レオナルド・ダ・ヴィンチ、天才のひらめき
  4. おとぎ話に出てくる言葉(その2):かわいいフランス語教えます…
  5. 序数(1)~フランス語の数字【第42回】
  6. 男性形と女性形がある名詞リスト
  7. ドビュッシーの生涯~前編
  8. かわいいフランス語、教えます~その4 乳製品
  9. 雨に関する言葉:かわいいフランス語教えます(126)
  10. ハーブティのパッケージの英語とフランス語【第14回】

おすすめのまとめ記事

  1. フランス映画の予告編の記事のまとめ
  2. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話
  3. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その2(1課…
  4. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
  5. クリスマス関連記事の目次 2013年版
  6. フランス語のニュースの記事のまとめ(4)
  7. 猫に関連する記事の目次~猫好きさんに捧ぐ
  8. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その3(48…
  9. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1
  10. バレンタインデーとチョコレート関連記事の目次

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. 日めくりとpen
  3. 星の王子さまの本

スポンサーリンク



お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP