サバラン

フランスのお菓子

サヴァランの作り方:フランスのお菓子37

フランスのお菓子、今回は『サヴァラン(savarin)』を紹介します。

発酵させた生地をリング型で焼いて、洋酒をたっぷりしみこませたケーキです。



サヴァランとは?

サヴァランは、1845年にパリのパティシエの、オーギュスト・ジュリアン(Auguste Julien)が考案しました。

お菓子の名前は、『美味礼賛』という本を書いた、美食家として有名なブリヤ・サヴァラン(Jean Anthelme Brillat-Savarin 1755-1826)にちなんでいます。

しかし、もしサヴァランをババという名前のお菓子のバリエーション(形が違う)と考えると、18世紀のはじめ、ロレーヌ公の宮廷で生まれたともいえます。

当時、ロレーヌ公だった、元ポーランドの国王、スタニスラス・レクザンスカ(1677-1766)のために、クグロフ(彼の好物)にラム酒をかけたのが、ババの始まり、という説があるからです。

ロレーヌ公は歯が痛くて、固いお菓子が食べられなかったから、洋酒をふりかけてふやかしたそうです。歯が痛いなら、お菓子そのものを食べないほうがいいと思うのですが。

ロレーヌ公が、『千夜一夜物語』が好きで、アリ・ババからババという名前をとったとも言われています。

ですが、本当かどうかわかりません。私の電子辞書に入っている、小学館ロベール、仏話大辞典には、ババはもともとポーランド語で、原義は「老婆」、形の類似から、と書いてあります。

ババは、サヴァランと同じ生地ですが、コルク(びんの栓)がふくらんだような形をしています。

ババの歴史を説明している1分の動画です。

パリにあるストレールという老舗のお菓子屋の名物菓子、ババ・オ・ラム(ラム酒をかけたババ)が有名です。この動画に出てくるババも、ストレールのものです。

オーギュスト・ジュリアンは、ストレールで働いていたこともあるので、そこで、サヴァランのアイデアを得たのかもしれない、という説もあります。

ババとサヴァラン用シロップの作り方

サヴァランにしみこませるシロップの作り方です。生地を発酵させている間に、作ればいいでしょう。

材料

1/2 l d’eau 水
250g de sucre 砂糖
1/2 zeste de citron レモンゼスト
1/2 zeste d’orange オレンジゼスト
1 gousse de vanille バニラのさや
5 cl de rhum brun ラム酒(茶色いラム酒)50ml

シロップの作り方

1)鍋に、水、砂糖、レモンゼスト、オレンジゼスト、バニラを入れ、かき混ぜながら、沸騰させる。

鍋のなかにサヴァランを入れて、シロップをかけるので、大きめの鍋で作ったほうがいいです。バニラはさやを割いて、中身(バニラビーンズ)を取り出します。バニラとさやの両方、鍋に入れます。

2)沸騰したら火を止めて、60度ぐらいになったらラム酒を入れる。

もし、子供に食べさせるなら、ラム酒も一緒に沸騰させて、アルコール分を飛ばします。

生クリームをのせたサヴァランのレシピ

スタンドミキサーを使って生地を作っています。

材料

100g de lait 牛乳
10g de levure fraîche de boulanger ベイカーズイースト。画像や動画をみると、ねっとりしたパン種みたいなものかと思います。ドライイーストを使えばよいです。
225g de farine 小麦粉
1/2 zeste de citron レモンゼスト
20g de sucre 砂糖
5g de sel 塩
125g d’œufs(2個ぐらい) 卵
20g de jus d’orange オレンジジュース
50g de beurre pommade やわらかくしたバター
Sirop pour savarin サヴァラン用シロップ



作り方

1)ボールにミルクとイーストを入れ、かきまぜ、小麦粉、卵、オレンジジューズ、レモンゼスト、塩、砂糖を入れてかるめに混ぜる。

2)混ぜているところに、バターを少しずつ入れる

3)サバラン型にバターをぬり小麦粉をふりかけておく

4)生地を型の半分の高さまで絞り込む。そのまま、室温におき、発酵させる(型がいっぱいになるくらいまで)。

6)オーブンを170~175度に予熱

7)30~35分焼く

8)サバランが焼けたら、少しさまして、サヴァランのシロップにひたす。

9)表面にてりをつけるために、アプリコットジャムを水でゆるめて、ブラシで塗る

10)リングの真ん中に生クリームを絞り込む

*****

大昔、市販のサヴァランを食べたことがありますが、洋酒がきつすぎて、あまりおいしいとは思いませんでした。以来、「サヴァランってまずい」というイメージがあります。

お酒を好きな人に向いているお菓子かもしれません。

なお、ルイ15世の王妃、マリー・レクザンスカは、スタニスラス・レクザンスカの娘で、ルイ16世の母親です。

このころ、ヨーロッパの王室は、よその国から后を迎えていました。后についてきたパティシエから、お菓子のレシピも入ってきました。






ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。

関連記事

  1. プチ・ブール

    フランスのお菓子

    LU(リュ)のビスケット、プチ・ブール:フランスのお菓子(25)

    フランスで人気の市販のお菓子、プチ・ブール(Petit Beurre)…

  2. カフェ・グルモン

    フランスのお菓子

    フランスで大人気、カフェ・グルモンってどんなデザート?~フランスのお菓子(6)

    フランスのお菓子を紹介するシリーズ。今回はカフェ・グルモン(カフェ・グ…

  3. ファーブルトン

    フランスのお菓子

    ファー・ブルトンは簡単でおいしい:フランスのお菓子(24)

    フランスのお菓子を1つずつ紹介しています。今回はファー・ブルトン(ファ…

  4. クレープ

    フランスのお菓子

    シャンドルールの起源~なぜクレープを食べるの? クレープのレシピつき

    2月2日はフランスでChandeleur(シャンドルール)と呼ばれる日…

  5. チョコレートムース
  6. ショーソン・オ・ポム

    フランスのお菓子

    ショーソン・オ・ポム(半月型アップルパイ)の作り方:フランスのお菓子(23)

    フランスのおやつやスイーツを紹介するシリーズ。今回は、ショーソン・オ・…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. 1918年の11月11日に起きたこと。
  2. サンジェルマン・デ・プレの歴史と名所
  3. いろいろな箱やケース:かわいいフランス語教えます(140)
  4. ハロウィンって何ですか?(子供むけの簡単な説明)
  5. 夏時間と冬時間。年に2度の時間の変更は、意味があるのか、ない…
  6. ヴェルサイユ宮殿って何ですか?
  7. マリー・アントワネット、世界のイコン
  8. 2019年のノーベル文学賞発表、2人の受賞者が象徴するもの。…
  9. パリのボン・マルシェ百貨店の歴史 (後編)
  10. 男と女 人生最良の日々(2019):予告編のフランス語

おすすめ記事いろいろ

  1. フランス語の数字【第34回】200から999
  2. 7月から9月の言い方~フランスの暦(8)
  3. 知的なパリジャンは接続法を使う?:「秘密のパリへ連れてって」…
  4. 眠れる森の美女・タイトルのフランス語第5回
  5. フランス語のことわざ44~ため息をつく、その心は?
  6. アングレーム国際漫画祭ってどんな催し物?
  7. ハロウィン・コスチュームのアイデア その3(終)~ディズニー…
  8. 新しいもの:かわいいフランス語(130)
  9. 映画『コーラス』(後編)予告編のフランス語
  10. クレンジングクロスをフランス語で? 【第16回】

おすすめのまとめ記事

  1. かわいいフランス語、教えます~目次 その1
  2. フランス語入門日記~目次を作りました
  3. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その1(L1~25…
  4. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その1(概要…
  5. かわいいフランス語、教えます~目次 その2
  6. フランス語のことわざ~目次 その3
  7. ニュースの記事のまとめ(2)
  8. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…
  9. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2
  10. ハロウィン関連記事の目次

フランス語の勉強法とか

  1. フランス語の日めくり
  2. 黒板
  3. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP