パサージュ・デ・パノラマ

虎と小鳥のフランス日記

パサージュ・デ・パノラマ「虎と小鳥のフランス日記」第44話

毎週1つずつ「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバーのキーフレーズを勉強しています。

きょうは第44話のパサージュ・デ・パノラマです。このパサージュはパリのグラン・ブルヴァール地区にあります。

パリ最古のアーケード街で、およそ200年前にできました。

この回も4分と長く、カミーユもたくさんしゃべっています。歴史について説明する箇所など、文法的にちょっとむずかしい箇所も入っているので、勉強しがいのある回だと言えましょう。

この回は出てくる商品がおもしろいので、3つのキーフレーズをまじえて、キャプチャー画像多めで、ご紹介します。



パサージュ・デ・パノラマはこんなところ

きょうはグランブルヴァールに来ていま~す。これからパサージュ・デ・パノラマへ行くわよ。ここはアメリカの人が1800年に作りました。

パサージュ・デ・パノラマ

パサージュ・デ・パノラマ

着きました。

パサージュ・デ・パノラマ

入ってすぐはこんな感じ。

パサージュ・デ・パノラマ

3つのキーフレーズ

キーフレーズその1

アントワーヌがカミーユに聞きます。

ねえ、教えてカミーユ、ここはどうして「パサージュ・デ・パノラマなの?

パサージュ・デ・パノラマ

昔、パノラマがあったからなのだ、と答えていました。

いろんな店があります。

パサージュ・デ・パノラマ

トンベ・デュ・カミヨン(Tombées du camion)というポップな古物屋さんに入ります。

店の名は「トラックの中身をぶちまけた」という意味合いでしょうか。

キーフレーズその2

さて、私たちはアリババの洞窟のような場所にいます。

パサージュ・デ・パノラマ

キーフレーズその3

昔の義眼を持つカミーユ。

人形の目かと思いましたが、違いました。

パサージュ・デ・パノラマ

何気に手が大きいカミーユです。

ちなみにお人形の目はこちらです。

人形の眼

この店は、雑貨屋さんのようであり、手芸の材料屋さんみたいでもあり。ろんなものが所狭しと置いてあります。すべてデッドストックで、古いけど新品です。

パサージュ・デ・パノラマ

最後に「昔は歩道も下水道もなかったから、パサージュは大事な場所だったのよ」と言って終わります。

キーフレーズ
1.Et dis-moi Camille, tu sais pourquoi il s’appelle « Passage des panoramas » ?

2.Alors nous voici dans une sorte de caverne d’Ali Baba.

3. ..je pensais que c’était des yeux de poupée. Mais non.



クロクロとシェイラ発見

人形の目玉の入ってる箱の横にクロクロのブロマイド(額)がありました。

クロクロとシェイラのブロマイド

左の女性はたぶんシェイラだと思います。ウエストが細くないと、こんなふうにスカーフを巻くことはできません。ともに70年代はディスコ・ミュージックで人気でしたね。

・クロクロ(クロード・フランソワ)についてはこちらを⇒歌と訳詞:『春は歌うよ』クロード・フランソワ その1

・シェイラはこちら⇒学校は終わった~シェイラ、歌と訳詞。

・グラン・ブルヴァールについてはこちら⇒夕方のグラン・ブルヴァール「虎と小鳥のフランス日記」第40話その2

古いアーケード街にあるデッドストックのお店。レトロな楽しさをたっぷる堪能できたエピソードでした。






プレスオンマニキュア新世代のネイルチップ(つけ爪)「インプレス」その4(終)前のページ

学校は終わった~シェイラ、歌と訳詞。次のページ学校

ピックアップ記事

  1. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. サンマルタン運河のカミーユ

    虎と小鳥のフランス日記

    「虎と小鳥のフランス日記」目次 vol.6 第126話~第150話

    長らくお待たせしました。「虎と小鳥のフランス日記」の各エピソードのキー…

  2. キャラバン・ショップ

    フランスにまつわるあれこれ

    パリのキャラバン・ショップのすべてをあなたに

    「虎と小鳥のフランス日記」第103話で登場したキャラバン・ショップのサ…

  3. ル・ヴィラージュ(パリの高級食材店)

    虎と小鳥のフランス日記

    イカスミと芥子のパンはいかが~「虎と小鳥のフランス日記」第142話

    「虎と小鳥のフランス日記」最新エピソード、第142話の受講メモです。…

  4. 黄昏時のパリ

    虎と小鳥のフランス日記

    出発~ピアノレッスン「虎と小鳥のフランス日記」第1話 その1

    毎週ひとつずつ「虎と小鳥のフランス日記」のバック・ナンバーを勉強してい…

  5. レストラン ユゴー

    虎と小鳥のフランス日記

    「虎と小鳥のフランス日記」第94話 フランスのB級グルメ その1@レストラン「ユゴー」

    「虎と小鳥のフランス日記」は私が毎週受け取っているビデオのフランス語の…

  6. しろくまのぬいぐるみ

    虎と小鳥のフランス日記

    サン・ジェルマン・デ・プレのマルシェ・ド・ノエル~「虎と小鳥のフランス日記」第132話

    今週の「虎と小鳥のフランス日記」はパリのサンジェルマン・デ・プレ教会の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. ギロチンの歴史(前編)
  2. かわいいフランス語の目次、その7:発想のたねにしてください。…
  3. ジュリエット・グレコ、93歳で亡くなる。
  4. オウトウの木の絵を描く:ペッパピッグのフランス語(5)
  5. フランスの象徴、マリアンヌ像はどのようにして生まれたか?
  6. 世襲財産(patrimoine)とは何か?
  7. シャネルにゆかりのあるパリの5つの場所。
  8. ラスコー洞窟はどんなふうにして発見されたのか?
  9. Septembre(9月):La Femme(ラ・ファム)~…
  10. なぜフランス人は、フランス料理を誇りに思っているのか?

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 日めくりとpen
  2. 黒板
  3. 星の王子さまの本

アーカイブ

PAGE TOP