コーヒー豆

虎と小鳥のフランス日記

ムフタール通りのマルシェ「虎と小鳥のフランス日記」第5話

虎と小鳥のフランス日記のバック・ナンバー、今週は第5話です。

この回は第4話 サント・ジュヌヴィエーヴの丘の続きで、カミーユがムフタール通りのマルシェで買い物をします。

ムフタール通りはパリの5区にあるゆるやかな坂道。約700メートルの通りに、八百屋、果物屋、チーズ屋、酒屋などさまざまな食品店が並び、毎日のようにマルシェが行われる通称「パリの胃袋」と呼ばれる場所です。

パリに住む人々の胃袋を支えているというわけ。

グルメな人なら「むふっ」と喜んでしまいそうなこの場所。通称もLa Mouff(ムフ)です。

サヴォア風チーズフォンデュ「虎と小鳥のフランス日記」第122話で登場した店もこの界隈にありました。

きょうのメニュー
・3つのキーフレーズ
・キーフレーズの解説
・ムフタール通り

では、キーフレーズをチェックしましょう。



3つのキーフレーズ

よくしゃべる店員のいるコーヒー店でのやりとり。

コーヒーを買う

自宅用のコーヒーが欲しいのですが。

コーヒー豆店@ムフタール通り

Je voudrais un café pour chez moi.

買うものを相手に伝える

こちらにします。

コーヒー豆店@ムフタール通り

Ben, je vais essayer celui-là.

袋がほしいかどうか聞く(店員さんが)

袋は入りますか?

コーヒー豆店@ムフタール通り

Vous voulez un sac ?

キーフレーズをちょっと解説

これください

Je voudrais ほしいもの。

きょうはvouloirがたくさん出てきました。
確か前回も出てきましたね。買い物の必須表現です。

日本語だと、あまり「ほしい(vouloir)」とは言わず、一気に「ください」となりますが、フランス語では、「ほしい」というのを条件法にして丁寧に頼みます。

●こちらは、カミーユがさくらんぼ買うときに使っていた表現

さくらんぼを2つかみほどください。
Je voudrais des cerises. Je sais pas, à peu près deux poignées.

バラで売っている場所で使えそうですね。

poignée
一握り、ひとつかみ

une poignée de sable
一握りの砂
と書くと、子どもが砂浜で、砂をげんこつ握りしてる雰囲気ですが、「一握の砂」と書くと石川啄木の歌集です。啄木の作品はフランス語でも翻訳があります。

いりますか?

Vous voulez 〇〇 ?

〇〇はご入用ですか?
〇〇をあげましょうか?

vouloirの主語を2人称にすると、相手に何かが必要かどうか尋ねる表現となります。また、「これ、どうぞ」のように、すすめる感じでも使えます。

vouloirについてはこちらをどうぞ⇒「まいにちフランス語」18:L40~動詞 vouloir

こちらにします

Je vais essayer celui-là.

essayer 「試す」という動詞を使っていますが、コーヒーを買うときに「じゃあ、今回はこれを試してみます」というニュアンスで言っています。

別にコーヒーを試着するわけではありません。

その前にさんざん、「こんなコーヒーがあります、あんなのもあります。これもおいしいですよ。これもフルーティでいいです」、などなど、いろんな選択肢を店員さんに提示されたため、「(あ~よくわからんないけど)これを試してみますわ」という感じです。



Rue Muffetard ムフタール通り

サント・ジュヌヴィエーヴの丘にある通り。

この場所はなんと新石器時代からあるそうです。古代ローマ時代はローマ人の路の一つでした。中世になって、教会が建ち始め、18世紀にだんだん今のような通りになってきます。この場所は昔からほとんど変わっていないそうです。

まさに、パリの古い通りで、食品ならなんでも揃う雰囲気。旅行サイトにも、食べ物を買うなら、ここ、といった記述が多いです。

キャプチャーでちょっとご紹介します。

ムフタール通り

【関連記事もどうぞ】
●この日歌っていたオー・シャンゼリゼの訳詞
フランス語の歌の定番:オー・シャンゼリゼの訳詞

●カミーユが見ていた漫画、タンタンについて
タンタンについて淡々と語る アメブロです。

道端で「オー・シャンゼリゼ」を歌っていましたが、みんなで楽しむ歌とダンスはマルシェが開いているときは、いつもやっていて、ピアフなど古いシャンソンを歌っているようです。古いパリの雰囲気が味わえる場所ですね。






スパSPA レーヌ『王妃の水』は何もかも浄化する?前のページ

歌と訳詞:『昔小さな船があった』~フランスの童謡次のページヨット

ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. 2021年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。テーマはファッション。

関連記事

  1. ギャラリー・ヴィヴィエンヌ

    虎と小鳥のフランス日記

    『虎と小鳥』2014年パリ新年会@ビストロ・ヴィヴィエンヌ その1

    「虎と小鳥のフランス日記」第138話の受講メモです。今週と来週…

  2. ソー公園の桜

    虎と小鳥のフランス日記

    パリでもお花見「虎と小鳥のフランス日記」第98話

    今週の「虎と小鳥のフランス日記」はパリ郊外のソー公園が舞台でした。…

  3. パリセーヌ川

    虎と小鳥のフランス日記

    出発~ピアノレッスン「虎と小鳥のフランス日記」第1話 その2

    今週の「虎と小鳥のフランス日記」バック・ナンバーは先週に引き続き第1話…

  4. ジュリー・シオン店内

    虎と小鳥のフランス日記

    「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話

    「虎と小鳥のフランス日記」の毎回のエピソードの、3つのキーフレーズを書…

  5. ホットドッグ
  6. ブロカント

    虎と小鳥のフランス日記

    パリ3区の古物市場・その1~「虎と小鳥のフランス日記」第160話

    「虎と小鳥のフランス日記」第160話の受講メモです。カミーユが3区の古…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. セザンヌと彼が好きだった山、サント・ヴィクトワール山。
  2. Les Mouchoirs blancs(白いハンカチ)Be…
  3. 使い捨てマスクが野生動物たちを殺してしまう。
  4. スーパーで買い物する:ペッパピッグのフランス語(7)
  5. Brexit:安堵と不安を感じる漁師たち。
  6. フランス人が大事にしているガレット・デ・ロワを食べる習慣
  7. 使い終わったツリーはどこに、どうやって捨てるべきか?
  8. 革新的なデザイナー、ピエール・カルダン、98歳で亡くなる。
  9. 雪だるまの作り方:ペッパピッグのフランス語(6)
  10. プラスチックを使わないゼロ・ウエイスト生活(後編)

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 2021年の日めくり
  2. 星の王子さまの本
  3. 黒板

アーカイブ

PAGE TOP