サント・ジュヌヴィエーヴの丘

虎と小鳥のフランス日記

サント・ジュヌヴィエーヴの丘「虎と小鳥のフランス日記」第4話

毎週1つずつ見ている「虎と小鳥のフランス日記」のエピソード、きょうは第4話の「サント・ジュヌヴィエーヴの丘」です。

フランス語で、la montagne Sainte Geneviève
サント・ジュヌヴィエーヴはパリの守護聖女。
有名なパンテオンがあるこの地区は、グランゼコール(高等専門教育機関)が集まっているエリート養成地区でもあります。

このエピソードではカミーユが4つの建物を案内してくれます。そして最後に中古レコード店で、LPをお買い物。

朗読と会話と両方入っているし、短いし、取り組みやすい回だと思います。

きょうのメニュー

  • 3つのキーフレーズ
  • 文法ワンポイント
  • 4つの建物+レコード屋
  • レコード関連プチ語彙リスト
  • それでは、さっそく復習に入りましょう。



    今週の3つのキーフレーズ

    シーンその1 指差す

    写真には映っていませんが、アンリ4世高校を指さしています。

    あれが

    パリ

    Et là,

    その2 レコードを買う

    中古レコード店にて

    ~はありますか?

    レコード屋

    Est-ce que vous auriez …

    その3 値段を聞く

    おいくらですか?

    レコード屋

    C’est combien ?

    きょうの文法ワンポイント

    2つ目のキーフレーズがはいっていた文章をすべて書くと
    Est-ce que vous auriez par hasard les Sonatines de Ravel, jouées par Samson François.
    サンソン・フランソワによるラヴェルのソナチネはありますでしょうか?

    ポイントは vous auriez 
    auriez は avoir の条件法現在です。

    直接法で書くと
    vous avez

    直接法で言うよりも、条件法で言うほうが、「もしかしたら、ないかもしれませんが」という気持ちが入って、丁寧になります。

    しかもこの文章ではpar hasard (ひょっとして)、という表現も入っているので、ますます控えめな聞き方になっています。

    ほかの例:
    Est-ce que je pourrais essayer ce pantalon, s’il vous plaît ?
    このパンツを試着してもいいですか?

    pourrais < pouvoir (~できる)の条件法現在

    このように丁寧に言いたいときに使う条件法についてはこちらをどうぞ⇒「まいにちフランス語」44:L66 条件法現在 その2



    建物4つ+レコード屋さん

    エピソードに出てきた4つの建物とカミーユが買い物したレコード屋さんを簡単にご紹介します。

    パンテオン Le Panthéon

    パンテオン

    パンテオンはギリシア語で「すべての神々」という意味です。要するに神殿です。

    18世紀後半に建設。当初はサント・ジュヌヴィエーヴをたたえる神殿でしたが、のちにフランスの偉人をたたえる場所となりました。

    パンテオンの紹介ビデオ(英語)

    サンテティエンヌ・ドゥ・モン教会 l’église Saint-Etienne du Mont

    サンテティエンヌ・ドゥ・モン教会

    パンテオンの裏にある教会

    アンリ4世高校 Le lycée Henri 4

    アンリ4世高校

    グランゼコールを目指す子どものいく名門高校。

    エコール・ポリテクニーク L’Ecole Polytechnique

    エコール・ポリテクニーク

    フランスの理工系エリート大学 グランゼコールの一つ。

    レコード屋さん le disquaire

    ダム・ブランシュ(レコード屋)

    中古レコードを扱う店で、名前は La Dame Blanche
    有名なお店だそうです。きっとよそでは手に入らないレコードを取り揃えているのでしょう。

    ダム・ブランシュ(レコード屋)

    dame blanche は「白い貴婦人」という意味です。
    同じ名前のデザートあり⇒ダムブランシュ、食べたい?

    blanche は 「白い」という形容詞の女性形です。
    男性形は blanc
    色のフランス語についてはこちらにまとめてあります⇒かわいいフランス語教えます~その15 基本の色

    ここで突然
    もう死語かもしれないレコード関係のプチ単語リスト
    フランス語でレコードはdisque(男性名詞)
    日本語にもなっていますが。

    レコードジャケット pochette de disque
    レコードプレーヤー tourne-disque
    レコード針 aiguille d tourne-disque または platine
    レコーディング enregistrement 動詞はenregistrer
    レコードをかける passer/mettre un disque

    いわゆる観光スポットにはあまり興味のない私はレコード屋さんのシーンを楽しく見ました。昔はよく見たLPレコードをたてて収納する入れ物(?)、懐かしかったです。

    サンソン・フランソワのレコードはなかったので、カミーユは、代わりにジャン・シャルル・リシャールの演奏のレコードを購入していました。「クープランの墓」や「高雅で感傷的なワルツ」など入ったものです。






    ハロウィンのpenとパムハロウィン・コスチュームのアイデア その1前のページ

    『遠くの森で』~フランスの童謡、歌と訳詞次のページ黒い鳥

    ピックアップ記事

    1. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
    2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
    3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

    関連記事

    1. クレーム・ブリュレ

      虎と小鳥のフランス日記

      『アメリ』と歩くモンマルトル その2「虎と小鳥のフランス日記」第37話

      毎週届く、フランス語の教材「虎と小鳥のフランス日記」。バックナンバーも…

    2. 黄昏時のパリ

      虎と小鳥のフランス日記

      出発~ピアノレッスン「虎と小鳥のフランス日記」第1話 その1

      毎週ひとつずつ「虎と小鳥のフランス日記」のバック・ナンバーを勉強してい…

    3. キャラバン・ショップ
    4. タンゴ

      虎と小鳥のフランス日記

      タンゴ、情熱的な人生~「虎と小鳥のフランス日記」第148話

      今週の「虎と小鳥」のテーマはタンゴです。アルゼンチン生まれのヴ…

    5. パリのモントロン公園

      虎と小鳥のフランス日記

      「虎と小鳥のフランス日記」第28話 カフェでのひととき

      毎週土曜日に届く、フランス語の教材「虎と小鳥のフランス日記」。バッ…

    6. サントワンの蚤の市

      虎と小鳥のフランス日記

      サントワンの蚤の市「虎と小鳥のフランス日記」第39話

      毎週届く、フランス語の教材「虎と小鳥のフランス日記」。バックナンバーも…

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    スポンサーリンク



    新しく書いた記事です。

    1. なぜノルマンディー上陸作戦は伝説となったのか?(2)
    2. 生物多様性とは何か?~環境の日に考える。
    3. カミーユ・イヨレーヌの好きなファッション(1人の女の子、1つ…
    4. 昔のセシールのCMでフランス語を学ぶ(初心者向け)。
    5. フランスのチーズの秘密(1分の動画)
    6. Les copains d’abord(仲間を先…
    7. やわらかヨーグルトケーキの作り方:フランスのお菓子40
    8. 5月20日は、世界ミツバチの日:なぜミツバチは、私たちの生活…
    9. カンヌ国際映画祭が果たしている4つの役割
    10. 読者さまの質問とその回答特集(その2)モーパッサンのことなど…

    更新情報をメールで配信中

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    お問い合わせはこちらから

    お問い合わせはこちらからどうぞ

    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ


    お気軽に^^

    ☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

    フランス語の勉強法とか

    1. 星の王子さまの本
    2. 日めくりとpen
    3. 黒板

    アーカイブ

    PAGE TOP