赤いハイヒール

フランスにまつわるあれこれ

大事なのは自分の足にあう靴をはくこと

問題です。以下の空欄に入る共通の言葉はなんでしょう?

1. ○○○○○エクスプレス
2. ○○○○○ストーリー
3. ○○○○○コンプレックス

この記事のタイトルが大きなヒントになっているのですぐわかったと思います。

シンデレラですね。

誰でも知っているお伽話です。今回はシンデレラという単語を詳しくチェックしました。



シンデレラはフランス語ではサンドリオン

「虎と小鳥のフランス日記」第91話『パリジェンヌのブティック』の回にシンデレラのフランス語が出て来ました。

「虎と小鳥のフランス日記」第91話 パリジェンヌのブティック

どうしても靴がいる!と言って、ジュリー・シオンのブティックに出向いたCamille。気に入った靴があったけど、

靴をはく

靴を履く

Ah ouais, là c’est un peu Cendrillon, là. J’sais pas… Et c’est celles-là pourtant, c’est dommage.

ああ、ちょっとこれシンデレラの話みたい、うーん、これが欲しいのに残念。

シンデレラはフランス語でCendrillon (サンドリオン)です。

cendre (灰)に illonという語尾がついたものです。

日本語でシンデレラというとなんかきらきらしたイメージですが、もともと意地悪な義理のお姉さんたちが、シンデレラをこう呼んでいたのであり、本名ですらありません。

「灰かぶり」という訳がありますが「灰まるけ」でもいいと思います。

お姉さんたちに「お灰!、さっさとここを掃除しな!」などと言われていたのです。

私は家中の掃除をして、ほこりや灰で汚れているから、「灰かぶり」なのかと思っていましたが、台所の火の消えたあとの炉の灰の上に横たわって暖を取っていたから灰まるけになっていた、という記述を見ました。

どちらにしても可哀想な境遇です。

シンデレラについてはこちらで詳しく書いています
↓↓↓

シンデレラ pen⇒第11回『シンデレラ』



ガラスの靴の謎

小さい時、シンデレラの絵本を持っていました。

子ども心にもいろいろと謎のある話だと思いました。

最大の謎はガラスの靴でした。

お伽話だから、不思議なことがあっても何らかまわないのですが、けっこう考えこんでいました。

1. 12時になって魔法の馬車やらドレスが消えたのに、なぜガラスの靴は消えなかったのだろう?
2. そもそもガラスの靴で階段の上をかんかん走れるの?割れないの?
3. 階段の上で脱げたのは、靴のサイズがあってなかったんじゃなかったの?

1.の謎はだいぶあとになってとけました。この靴だけが魔法使いのお婆さんの私物だったらしいです。だから魔法が消えても残っていました。おばあさんとシンデレラは足のサイズがたまたまいっしょだったようです。

2.3.はいまだに謎なのですが、この記事を書くためにペローのCendrillonを眺めていたらヒントめいたものをつかみました。

シンデレラと似た話は世界中にあり、一番古い物は紀元前一世紀のものだとか。有名なのはグリム童話とシャルル・ペローのバーションです。

ペローのお話のタイトルは別名

La Petite Pantoufle de Verre
ガラスの小さな靴

です。

靴といってもchaussure(ショスュール)ではありません。

pantoufle はプチロワを見ると、室内ばき、上靴、スリッパ;(舞踏用などの)底のたいらな靴、フラットシューズ とあります。

つまり、ヒールのない今でいうバレエシューズみたいなので踊っていたのです。

これはCendrillon – Wikipediaにあった19世紀の銅版画ですが、手前にある靴はやはりかなりヒールの低い靴です。

cendrillon4

それなら階段の上をがんがん走れたことでしょう。素材も本当のガラスではなく、ガラスのようにきらきらしてる美しい靴だったのかもしれません。

靴が縁結びとなって幸せになれたシンデレラ。

サイズのあった靴をはくことはことほどさように大事なのです。






ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 2018年版、フランス語と英語の勉強用カレンダーのご紹介。
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. 虎と小鳥のフランス日記 第88話

    虎と小鳥のフランス日記

    「虎と小鳥のフランス日記」第88話 日曜日の音楽のリハーサル

    今週の「虎と小鳥のフランス日記」の受講メモです。今回は、カミーユ(Ca…

  2. イングリッシュ・ブレックファースト

    虎と小鳥のフランス日記

    パリで食べるイングリッシュ・ブレックファーストの味は?

    「虎と小鳥のフランス日記」第107話で、カミーユさんがル・ナポレオンと…

  3. コーヒー豆

    虎と小鳥のフランス日記

    ムフタール通りのマルシェ「虎と小鳥のフランス日記」第5話

    虎と小鳥のフランス日記のバック・ナンバー、今週は第5話です。こ…

  4. サン・マロ

    虎と小鳥のフランス日記

    サン・マロ~「虎と小鳥のフランス日記」第16話

    虎と小鳥のフランス日記、バックナンバーのご紹介です。きょうは第…

  5. アカデミー・フランセーズ
  6. パリロマン派美術館

    虎と小鳥のフランス日記

    パリ・ロマン派美術館「虎と小鳥のフランス日記」第48話その1

    毎週、虎と小鳥のフランス日記バックナンバーを1つずつ学習しています。…

コメント

    • アン
    • 2013年 3月 21日

    昔どこかで読んだか聞いたかした、あいまいな記憶ですが、元々の話(が、どれかもわかりませんが)では、靴はガラスではなく何かの革だったと。
    それが、間違って伝わってガラスになっちゃったとか?
    綴りか発音の似てる素材ありますかねー?てか、言語も不明ですが・・・
    ガラスじゃなきゃ、格好つかない気もするけど。
    靴だけ魔法使いの私物っていうのが、とてもオモシロイです。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 3月 22日

      アンさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      ああ、何かの皮の話、Wikipediaに書いてありましたよ。羊だったかなぁ?
      皮だとますますバレエシューズみたいな感じになりますね。
      まあ、今日的といえば今日的ですが。
      ディズニーのアニメ、見たことないんですが、ガラスの靴のズームアップ、ありますかね?

    • bird_bird
    • 2013年 3月 21日

    お久しぶりです。
    ガラスの靴については調べたことあります。

    アンさんの言われてるような説はあるようです。

    詳しくは覚えてないけど、ペローが口伝の童話を聞き取りしたときに、リスの毛皮vair(発音はverreと同じ)の靴だった。
     ↓
    リス革の靴は王族レベルのものだったが、ペローの時代にも廃れていたので、ガラスの靴の方が童話として華やかだったから、ガラスにした。
    もしくは、単に聞き取り間違ってしまった。

    など、諸説あるんじゃなかったかなぁ。

    個人的には自分の足が太く大きくて見た目悪いから
    全体がガラスで透き通った靴では、素足が見えて見た目にどうかなと昔は思ってました。
    今は、完璧に綺麗な足も綺麗なんだから、何はいても大丈夫と思っています。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 3月 22日

      bird_birdさん、こんにちは。ここでは初めてですね^^コメントありがとうございます。

      あ、リスの皮なんですね。今、プチロワ見ました。シベリアリス模様、シベリアリスの毛皮ってあります。

      ペローの時代に廃れていたなんて、よっぽど古いですね。13世紀ぐらいかな。

      そうそう、諸説あるんですよ。私、短大のときナーサリーライムがテーマの本を学校で読んだんですけど、確かそれにシンデレラ出てきた気がします。世界中に似たような話があるって。おもしろいですね。

      私は透明な靴、あこがれてました。藤圭子がデビュー時代に履いてたんですよ。知らないと思いますが。

      最後の足の話は、bird_birdさんの足が綺麗ってことなんですね?

        • bird_bird
        • 2013年 3月 22日

        最後の部分はシンデレラの足のことです。
        私の素足は見せられませんわ(T_T)

          • フランス語愛好家
          • 2013年 3月 23日

          bird_birdさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
          あ、そうだったんですね。
          美しい足が自慢なのかと思いましたよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. 柔らかいもの:かわいいフランス語教えます(121)
  2. あまい囁き(Parole parole)、ダリダとアラン・ド…
  3. フランスの人気ドラマ、Dix pour cent(10パーセ…
  4. どうしてフランス語はフランス以外の場所でも使われているのか?…
  5. ボジョレー・ヌーヴォーは何がそんなに特別なのか?
  6. アルミスティス(第一次世界大戦休戦記念日)とは?
  7. シンプルだけどおいしいフィナンシエのレシピ:フランスのお菓子…
  8. マキシム・ル・フォレスティエのサンフランシスコ(歌と訳詞)
  9. 2018年版、フランス語と英語の勉強用カレンダーのご紹介。
  10. 文学や小説に関する言葉:かわいいフランス語教えます(120)…

おすすめ記事いろいろ

  1. 歌と訳詞:『水夫、友だち、恋人、または夫』 Marins, …
  2. フランス語の数字【第38回】6桁の数字
  3. 映画『マリー・アントワネットに別れをつげて』予告編のフランス…
  4. 犬の名前、特に短い名前(2音節)特集:かわいいフランス語教え…
  5. 山羊とキャベツの両方に気を配らねばならぬ~フランス語のことわ…
  6. トリュフォー監督の Les mistons(あこがれ)のmi…
  7. かわいいフランス語、教えます~その60 いろいろな赤、ピンク…
  8. フランス語を始めて二ヶ月半たったころ~入門日記第13回
  9. 歌と訳詞:こうもり~トマ・フェルセン 後編
  10. 映画 Stella (ステラ) 予告編のフランス語 その1

おすすめのまとめ記事

  1. フランス語の名言の記事の目次
  2. バレンタインデーとチョコレート関連記事の目次
  3. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その2
  4. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その1(概要…
  5. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話
  6. かわいいフランス語 目次 その5:ネーミングの参考に
  7. ニュースの記事のまとめ(1)
  8. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
  9. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(2)
  10. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その2(1課…

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 2018年フランス語日めくりカレンダー
  3. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

  1. カモフラージュ柄ロゴ

    ファッション

    2013年秋冬ファッションのトレンド その4 カモフラージュ柄
  2. 葉っぱ

    フランスのことわざ

    6月の雨がもたらすもの : フランス語のことわざ42
  3. パリ

    時事ニュース

    エマニュエル・マクロンが新大統領に:2017年フランス大統領選挙終了。
  4. ハンフリー・ボガートとローレン・バコール

    かわいいフランス語

    映画に関する単語~かわいいフランス語教えます(71)
  5. ミーティング

    フランス語を読む練習

    この世でもっとも大変な仕事とは?~その2
PAGE TOP