エスパス・ジャポン

虎と小鳥のフランス日記

「虎と小鳥のフランス日記」第29話 クリスマスのプレゼント探し

毎週届く、フランス語の教材「虎と小鳥のフランス日記」。バックナンバーも週に1本のペースで見ています。

きょうは29話を見ました。

この回は「クリスマスのプレゼント探し」

バックナンバーですので、季節がちょっとずれています。



エスパス・ジャポンのイベント

この回のエピソードが撮影されたのは2011年の12月で、場所はエスパス・ジャポンというパリにある日仏文化センターです。

ここでフランスで活躍している日本の14人のクリエイターが集まって、クリスマスのギフト向けの展示会を毎年行なっているのですが、そこにアントワーヌがインタビューに出向きました。

登場人物はアントワーヌとインタビューに答える日本人アーチスト(イラストレーター)のミチヨさんです。

私の思うこの回の見どころ

1.展示されているいろんな品々

2.基本的なインタビューのしかた

3.いかにインタビューに堂々と答えるか⇒笑顔がポイント

3つのキーフレーズ

今回のキーフレーズはすべてアントワーヌの質問からとられています。きょうは日本語字幕のビデオからキャプチャーしました。

シーン1

ミチヨ、今夜ここ「エスパス・ジャポン」では何が行われているのかおしえてくれませんか?(←何が起きているのですか?)

虎と小鳥のフランス日記 29話

シーン2

なるほど。それで、あなたは何をしましたか? あなたは何を・・?

虎と小鳥のフランス日記 29話

シーン3

何と言いましたか?

虎と小鳥のフランス日記 29話

答え
1. Dis-moi Michiyo, qu’est-ce qui se passe ce soir ici, à l’Espace Japon ?

2. D’accord. Et toi qu’est-ce que tu as fait ? Qu’est-ce que tu… ?

3. Comment ?



覚えておくと使えそうな単語と表現

キーフレーズの中からさらに厳選

今回出てきた表現はすべて、決まり文句で使いでがあるものばかりですが、特に短いものを選んでみました。

dis-moi ねえ、ちょっと → 相手の注意をうながす言い方。
発音はディ、モア

d’accord なるほど ダコー
d’accord は本当によく出てきます。単に「了解しました、わかりました」だけでなく、日本語の「あ、そう」「なるほど」「ふんふん、それで?」に近い感じで使えます。

comment コモ 何ですか?
言われたことが聞き取れなかったり、意味がわからなかったときに聞き返す表現。

ほかに
Quoi ? クワッ
Pardon ? パルドン
という言い方があります。

pardon → comment → quoi の順にぞんざいになります。特にQuoi ?はかなり雑な言い方だそうですので、TPOの判断に迷うときや、慣れないうちは、やたら使わない方がいいかもしれません。一番言いやすいですけど。

この回はそんなに会話は多くなかったのですが、日本人女性がインタビューに答えている点で大きな学びがありました。

ミチヨさんはフランス語のネイティブでないので、受け答えでごく細かいミスをしています。

しかしフランス語として問題なく通じています。

この点で先生のアドバイスが解説の冒頭にありました。それは「ミスを恐れず行動しろ」ということでした。

自分のフランス語の精度をあげる努力をするのは大事ですが、一方で間違いを恐れるあまり行動しないというのは問題です。

というのも、マスターしたいことを実際にやることなしに、それができるようになることはありえないからです。

考えてみればあたりまえのことですね。

たとえば料理でもスポーツでも楽器でも、できるようになるために何回も練習します。練習しているとき、当然のことながら何度も間違えます。

ところが語学の場合、なぜか人は完璧を求めがちです。

いわく、文法が完璧になったらやろう、とか、仏検2級に受かってからやろう、とか。

ゼロの知識でいきなりしゃべろうとか翻訳しようというのはもちろん無理ですが、ある程度基礎の勉強をやったなら、あとは使いながら自分のフランス語を磨いていきましょう。

以前も書いたと思うのですが、ミスをしたときがチャンス。

きょうの結論 ⇒ 転んでもただで起きない人になろう。






ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。

関連記事

  1. モンマルトルの家庭菜園~ゴッホ

    虎と小鳥のフランス日記

    モンマルトルの収穫祭 2013年 その1「虎と小鳥のフランス日記」第128話

    今週の「虎と小鳥のフランス日記」は10月の9日から13日まで行われてい…

  2. 関係代名詞 qui que

    虎と小鳥のフランス日記

    もう迷わない!フランス語の関係代名詞 quiとqueの違い

    きょうは今週の「虎と小鳥のフランス日記」の解説動画を見ました。…

  3. マルシェ・サンピエール

    虎と小鳥のフランス日記

    マルシェ・サン・ピエールで生地のお買い物~虎と小鳥のフランス日記 第116話

    新しい虎と小鳥が配信されました。今回は、モンマルトルの丘のふも…

  4. マルシェグルネル

    虎と小鳥のフランス日記

    理想的な日曜日・その3~「虎と小鳥のフランス日記」第61話

    きょうは「虎と小鳥のフランス日記」の第61話を復習しました。受…

  5. マルシェ・デ・ザンファン・ルージュ

    虎と小鳥のフランス日記

    2014年 夏の思い出話~虎と小鳥のフランス日記第167話

    今週の「虎と小鳥のフランス日記」はカミーユが友だちとお茶を飲みながら、…

  6. スタジオのカミーユ

    虎と小鳥のフランス日記

    TIPAの初アルバム紹介~「虎と小鳥のフランス日記」第145話

    今週の「虎と小鳥のフランス日記」は144話の続き。この夏発売予定の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新しく書いた記事です。

  1. うるう年はなぜあるの?(簡単なフランス語の説明)。
  2. サルバトール・ムンディ(ダ・ヴィンチ、最後の作品)の謎
  3. マルディグラ(カーニバル)の起源とお祝いの仕方(2020年版…
  4. カーニバルはいつ始まったのか?
  5. 冬に関係のある単語:かわいいフランス語教えます(141)
  6. Saint Valentin (ヴァレンタインデー):Zaz…
  7. パルミエの作り方:フランスのお菓子39
  8. 日本語由来のフランス語
  9. 2月2日のシャンドルールにクレープを食べる3つの理由。
  10. Les filles d’aujourdR…

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事いろいろ

  1. かわいいフランス語教えます~その33 鳥の名前
  2. どうして第二次世界大戦が起きたのか?(子供むけの簡単な説明)…
  3. フランス語のことわざ28~金は良き僕(しもべ)にて悪しき主人…
  4. フランス語のことわざ33~人は見かけによらぬもの
  5. マルディグラ(カーニバル)の起源とお祝いの仕方(2020年版…
  6. 2014年春夏ファッションのトレンドその2~ロマンチック
  7. L30 フランス人の日本への関心
  8. フランス語のことわざ26~犬も司教様の顔をじっと見る
  9. 牛の前に犁(すき)を置いてはいけない:フランス語のことわざ3…
  10. 翻訳をするときの心構え、技術より大切なもの~翻訳講座第12回…

おすすめのまとめ記事

  1. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話
  2. フランス語のCMの記事のまとめ。ディクテに最適。
  3. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで
  4. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)
  5. バレンタインデーとチョコレート関連記事の目次
  6. 動画教材『不思議の国のFrance』関連記事の 目次
  7. ニュースの記事のまとめ(1)
  8. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3
  9. かわいいフランス語、教えます~目次 その4
  10. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その1(概要…

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. 日めくりとpen
  3. 星の王子さまの本

スポンサーリンク



お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP