ベルシー

虎と小鳥のフランス日記

ジョニー・アリディって知ってます?

虎と小鳥のフランス日記、第110話の受講メモです。

今回は「ベルシーその1~フランスのロックの神」

ベルシー(Bercy)は、パリの12区にある場所の名前です。

この場所に、通称ベルシーと呼ばれる大きな体育館があります。正式な名前はパレ・オムニスポール・ド・パリ・ベルシー(Palais omnisports de Paris-Bercy)で、フランス最大の屋内球技場です。

日本で言えば日本武道館とか、後楽園球場とか、愛知県体育館とかそんなたぐいのものです。

カミーユが地下鉄の駅から地上に出ると、コンサートがあるらしく、人がわさわさいます。

いったい誰のコンサートなんだろ、ちょっとそのへんの人に聞いてみたれ、とコンサートにやってきた人に彼女がインタビューする内容でした。

雰囲気がわかるのでサンプルビデオをごらんください。

★2015/01/24追記
「虎と小鳥のフランス日記」の配信が終了したため、サンプル動画も削除されました。あしからずご了承ください。

コンサートの主はジョニー・アリディです。ベルシーの収容能力は、最大で17,000とあるので、生半可なアーチストではここでコンサートを打つことはできません。

ジョニー・アリディがフランスのロックの神だとは知らなかったのですが、いまだに想像以上の人気を誇っているようです。



3つのキーフレーズ

キーフレーズその1

さて、きょうは何のコンサートがあるのでしょうか?ええっと、Hanni El Khatib…ニューアルバム・・。知ってる?

ベルシー

Alors, je sais pas quel concert il y a ce soir. Apparemment, Hanni El Kathib…nouvel album. Tu connais ?

カミーユはポスターを見ながら、この名前を読み上げ、アントワーヌに知っているかどうか聞いています。

ハンニ・エル・カティーブはアメリカのミュージシャンなので、カミーユとアントワーヌが知らないのも不思議はありません。

キーフレーズその2

ちょっとお聞きしたいのですが、あるアーティストのポスターがたくさん貼ってありますけれど、きょうは誰が来るんですか?知ってますか?

ベルシー

Oui, je voulais vous demander, donc euh…là je vois plein d’affiches d’un artiste, mais je sais pas qui passe ce soir du coup ? Est-ce que vous savez ?

この方はファンその1です。「私のアイドル、ジョニー・アリディのコンサートです」というお答え。

キーフレーズその3

(ジョニーの)前に歌う人を知っていますか?

ベルシー

Et vous connaissez le musicien qui passe avant, ou pas ?

ハンニ・エル・カティーブを知っているか?ということです。

彼女も知らないのですが「ジョニーが選んだのだから上手いはずです」とうれしそうでした。アリディじゃなくて事務所とか、プロモーターが選んだのだと思うんですけどね。

ちなみに、ハンニ・エル・カティーブは3年ほど前、ナイキのCMに曲が使われて注目されました。ガレージロックという感じでしょうか。ストレートなロックです。

キーフレーズをちょっと解説

今回は connaître, savoir の使い方がポイントです。両方とも「知っている」という意味ですが、でてくるシチュエーションが少々違います。

1,2のje sais pas わからない
je ne sais pas の略で、わからない、答えられない、という意味。

1の Tu connais ? (このシンガーを)知っている?

人、事柄、場所などを聞いたことありますか?というときは connaître
⇒名詞の目的語、特に人や場所が来るときはconnaîtreを使う。

他の例
この作家のこと、ご存知ですか?
Vous connaissez cet auteur ?

彼(女)の住所、知ってる?
Tu connais son adresse ?

2の Est-ce que vous savez ?
誰が来るのか、あなたは私に教えることができますか?という意味あいの「知っていますか?」
⇒savoirは「~できる」という能力の意味も含む

3の vous connaissez le musicien qui passe avant
このconnaîtreは1番のconnaîtreと同じです。

他に、queで導かれた節がつづくときはsavoirが使われる、とか、savoirは中性代名詞leとともに使われることが多いといった用法の違いもありますが、そういうのは出てきたときに、またチェックしますね。

●単語をひとつ

pass < passer ここでは、コンサートをする、という意味です。



ジョニー・アリディとは?

カミーユが知らなかったのは、ハンニ・エル・カティーブで、ジョニー・アリディは知っていたと思います。

フランスのエルビス・プレスリーといえばわかりやすいでしょうか。現在はロックンロールだけでなく、いろんなタイプの歌を熱唱するロック・シンガーです。

こちらは今年の6月15日、70歳になったアリディのことを伝えるスライド
2分

彼の歌はこちらで紹介しています⇒とどかぬ愛~ジョニー・アリディ(歌と訳詞)

織田先生はアリディをご存知なかったそうです。あんなにいろんな(昔の)フランスの哲学者や文学者を知っているに、ジョニー・アリディを知らないとは・・。

・・・と驚きましたが、無理もないかもしれません。

アリディは、フランス語圏以外ではそんなに成功していないのです。ロックンロールの人なので、英語圏には本物(という書き方をすると語弊がありますが)がたくさんいるからだと思います。

日本でも同様でしょうね。音楽好きな人でも、せいぜいシルヴィー・ヴァルタンの元亭主、ぐらいの認識かもしれません。

かく言う私も、ジャック・デュトロンのほうが好きです。二人とも今、70歳です。ちなみに、今年の11月に来日するポール・マッカートニーは71歳です。アリディもマッカートニーもともに双子座だということを豆知識としてお伝えしておきます。

そんなアリディも、フランスではまぎれもなく「ロックの神」で、66歳のときいったんは引退宣言をしましたが、現在はまた、このようにしっかり活動しています。

やはり偉大ですよね。日本で70歳で現役のローラーとかいないですし(いないですよね?)ベルシーでコンサートをできてしまうだけでもすごいのです。






ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 2018年版、フランス語と英語の勉強用カレンダーのご紹介。
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. レ・アール

    虎と小鳥のフランス日記

    パリの中心レ・アール~「虎と小鳥のフランス日記」第159話

    今週の「虎と小鳥のフランス日記」第159話はレ・アールが舞台です。昔、…

  2. クリスチャン・ルブタンの靴

    虎と小鳥のフランス日記

    2014年・冬のセール~「虎と小鳥のフランス日記」第136話

    今週の虎と小鳥の舞台は冬のセールでした。以前、夏のセールのエピ…

  3. 買い物するカミーユ

    虎と小鳥のフランス日記

    「虎と小鳥のフランス日記」第30話 チープアンドシック その1

    毎週届く、フランス語の教材「虎と小鳥のフランス日記」。バックナンバーも…

  4. リヨン

    虎と小鳥のフランス日記

    パリのリヨン駅~虎と小鳥のフランス日記第64話

    『虎と小鳥のフランス日記』のバックナンバー、今週は64話を学習しました…

  5. ル・ヴィラージュ(パリの高級食材店)

    虎と小鳥のフランス日記

    イカスミと芥子のパンはいかが~「虎と小鳥のフランス日記」第142話

    「虎と小鳥のフランス日記」最新エピソード、第142話の受講メモです。…

  6. ソカ(ニース名物)

    虎と小鳥のフランス日記

    ニースでソカを食べる~「虎と小鳥のフランス日記」第18話

    今週の「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバーは第18話、ニース編の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. フランス語で知るハロウインの由来。
  2. ダンスに関係のある単語:かわいいフランス語(129)
  3. 伝説の歌手、シャルル・アズナブール、94歳で亡くなる。
  4. 私のおかしな人生についての歌(Chanson sur ma …
  5. シャネルを物語る5つの色(後編)
  6. 猛暑をフランス語でなんと言う?
  7. 新学期に関する言葉:かわいいフランス語(128)
  8. [連絡]ご質問いただいた、めいさんへ
  9. もう森へなんか行かない(フランソワーズ・アルディ):歌と訳詞…
  10. シャネルを物語る5つの色(前編)

おすすめ記事いろいろ

  1. フランス語のことわざ2~卵を割らずにオムレツは作れない
  2. こんなに簡単でいいの?さくらんぼのクラフティーの作り方~フラ…
  3. 初めて買った教材はラジオ講座のテキスト~入門日記第4回
  4. 香りやアロマに関する言葉:かわいいフランス語教えます(115…
  5. エマニュエル・マクロンとマリーヌ・ル・ペンが決選投票へ(20…
  6. 「虎と小鳥のフランス日記」第26話 バルザックの家 その1
  7. 東京の人混みに慣れません~フランスダイレクトスクール『不思議…
  8. オランジーナ先生のへんてこフランス語講座 レッスン1『告白し…
  9. Dommage (ドマージュ):ビッグフロー・エ・オリー、歌…
  10. バレンタインデーのフランス語~その3 恋に落ちて、デートする…

おすすめのまとめ記事

  1. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3
  2. フランス語のことわざ~目次 その3
  3. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その1
  4. ニュースの記事のまとめ(2)
  5. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
  6. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)
  7. フランス語の名言の記事の目次
  8. フランス語のニュースの記事のまとめ(4)
  9. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その3
  10. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その3(48…

フランス語の勉強法とか

  1. 2018年フランス語日めくりカレンダー
  2. 星の王子さまの本
  3. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP