100th

虎と小鳥のフランス日記

おめでとう!第100話!「虎と小鳥のフランス日記」第100話

今週の「虎と小鳥のフランス日記」は記念すべき第100話。

カミーユがモンパルナスタワーの展望台にのぼり、パリの街をながめながら「100話よ、すごいじゃない?」と喜ぶ回でした。



虎と小鳥・プチヒストリー

「虎と小鳥のフランス日記」が始まったのは2011年の今頃だと思います。週に1本ずつ、新しいエピソードが制作、配信されますので、1年に50本として、ちょうど2年で100話に達しましたね。

これは本当に素晴らしいことです。だって、私なんて家で見るだけなのに、毎週遅れずに見て、それなりに学習し、ブログの記事を書くの、けっこうたいへんですよ^^;

企画をたて、いろんな場所に出向いて、動画を撮影して、編集して、字幕つけて、解説つけて、PDF作って、配信して、と制作する側はそれは、それはいろんな苦労があったんじゃないでしょうか?

しかも「虎と小鳥のフランス日記」、パリを中心に撮影しているとはいえ毎回舞台が違うし、中身も濃いんです。

テレビドラマだって、セットがいつも同じなら楽ですが、「古畑任三郎」みたいに、一回、一回、シチュエーションが違うと大変なんです。

今回の解説で、主催者の織田先生ははじめの10分ぐらい「いろいろありました(しみじみ)」と話されてましたが、思いのほか淡々としておられましたね。てっきり嬉し泣きされてると思ったのですが。

3つのキーフレーズ

それでは、いつものように3つのキーフレーズを紹介します。

今回はすべて展望台にいるカミーユの私たち、受講生へのメッセージでした。

キーフレーズその1

きょう私たちはとても特別なエピソードに到達しました。

虎と小鳥のフランス日記 第100話

Nous sommes arrivés à une épisode très particulier aujourd’hui.

キーフレーズその2

この第100話のために、私たちはとても特別な場所を選びました。

虎と小鳥のフランス日記 第100話
…pour ce centième épisode, on a choisi quelque chose de très particulier.

キーフレーズその3

そこまで有名ではないところにも行き、パリジャンとパリジェンヌに会ってきましたね。

虎と小鳥のフランス日記 第100話

…on est allés aussi dans des endroits un peu moins connus, pour partir à la rencontre des Parisiens et des Parisiennes.

覚えておくと使えそうな表現

C’est pas rien, hein !

すごいわよね!

C’est pas rien = ce n’est pas rien の neの省略

rien = 何もない

の否定で

何もないわけではない → 素晴らしい

となります。

似た表現に、

C’est pas mal.
Ce n’est pas mal.

があります。

どれも「悪くない」という控えめな感じではなく、「かなりすごい」というニュアンスです。

使うときは、ちょっと大げさかな、と思うぐらい「すごいんです!」という気持ちをこめて言うのがコツです。

サンプルビデオにもこのフレーズが入っているので、カミーユの言い方を参考にしてください。

きょうのアルバム

モンパルナスタワーの展望台で、カミーユはこれまで行った場所を紹介してくれました。

パリ
左上から時計回りに、

la tour Eiffel エッフェル塔
l’Arc de triomphe 凱旋門
Montmartre モンマルトル
jardin du Luxembourg リュクサンブール公園
Notre Dame ノートルダム大聖堂



100話に出てきた全部エピソード

第100話では、過去のエピソードの映像が少しずつ走馬灯のように(?)出てきました。

私が気づいた分をご紹介しますね。登場した順番に並べてあります。

虎と小鳥のフランス日記 
第1話 ライブの準備とピアノ・レッスン

虎と小鳥のフランス日記
第5話 ムフタール通りのマルシェ

虎と小鳥のフランス日記
第31話 グランマガザンのクリスマス

虎と小鳥のフランス日記
第2話 王のパティシエとライブ

虎と小鳥のフランス日記
第7話 マダムベルガモット

虎と小鳥のフランス日記
第85話 雪のパリとコーヒー

虎と小鳥のフランス日記
第37話 『アメリ』と歩くモンマルトルその2

虎と小鳥のフランス日記
第91話 パリジェンヌのブティック

虎と小鳥のフランス日記
第20話 ゴッホの亡くなった村

虎と小鳥のフランス日記
第16話 サン・マロ

虎と小鳥のフランス日記
第18話 ニース その2

虎と小鳥のフランス日記
第19話 プロファンス地方の村

たぶんこれで全部だと思います。

本当に「虎と小鳥のフランス日記」の制作スタッフのみなさん、お疲れ様でした。そして、すばらしい教材をありがとうございます。

あ、でもこれで終わったわけではありませんよ。

カミーユも最後に Et y’a encore beaucoup de choses à découvrir, hein ! (まだまだ見つけるべきものはたくさんありますよね)と言っていました。

3年目にはいった「虎と小鳥のフランス日記」では、またまた新しい企画が水面下で進行中です。

もうすぐ電子書籍出版も予定されていますしね。現在、受講生さんは450人超えているそうですが、今後は、もっと受講生さんが参加して作りあげていく教材になる予感が。わくわくしてしまいますね。






関連記事

  1. アリ

    フレンチポップスの訳詞

    訳詞:ジターバグワルツ(カミーユのバージョン)

    「虎と小鳥のフランス日記」第97話の解説授業で、カミーユがライブで披露…

  2. サンバの演奏

    虎と小鳥のフランス日記

    パリの日曜日のサンバ~「虎と小鳥のフランス日記」第54話

    こんにちは。フランス語愛好家のpenです。きょうは「虎と小…

  3. パリの桜

    虎と小鳥のフランス日記

    真夏に小春日和について考える~「虎と小鳥のフランス日記」第46話

    虎と小鳥のバックナンバーから、きょうは第46話「小春日和のパリ」を見ま…

  4. パリのメトロの券売機

    虎と小鳥のフランス日記

    パリのメトロ、バスの切符の買い方~「虎と小鳥のフランス日記」第146話

    今週の「虎と小鳥のフランス日記」では、カミーユがメトロとバスの切符の買…

  5. ラ・ヴィレット公園

    虎と小鳥のフランス日記

    ラ・ヴィレット公園はパリの穴場スポット

    パリにあるラ・ヴィレット公園を紹介します。この公園はパリの北部…

  6. パリ

    虎と小鳥のフランス日記

    アズディン・アライアの大回顧展~「虎と小鳥のフランス日記」第130話

    今週の「虎と小鳥のフランス日記」はアズディン・アライアの大回顧展を見に…

コメント

    • petit à petit
    • 2013年 5月 13日

    100回ってすごいですよね(*^_^*)
    私はこれで10回 記念です!
    いつもただぼーっとみて、聞いて(^_^;)
    これじゃダメですね、、、、反省!
    今回 カミーユのおでこのしわが気になって、、、、いつもより深くない?
    こんなことばかり見ていても、、、反省!

      • フランス語愛好家
      • 2013年 5月 14日

      petit à petitさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。10回ですか。まあ、千里の道も一歩からですので。
      おでこのしわね・・たぶんやせたんじゃないかなぁと思うんですが、どうでしょうか?
      彼女、表情が豊かだから、表情じわは避けられないところでしょう。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事いろいろ

  1. ショーソン・オ・ポム(半月型アップルパイ)の作り方:フランス…
  2. ラ・シャンドルール(聖燭祭でありクレープの日)ってどんな日?…
  3. 『ずっとあなたを愛している』(後編)~予告編のフランス語
  4. 堀北真希「いち髪」CMのフランス語 その2
  5. 歌:グリーン・ウォッシング – Tryo(トリヨ…
  6. 船長が2人いると船は転覆する(船頭多くして船、山へのぼる):…
  7. イギリス、マンチェスター・アリーナでの自爆テロ事件
  8. 造園家・アンドレ・ル・ノートル生誕400周年
  9. 「まいにちフランス語」10:初級編L28-30~動詞fair…
  10. 学校に関するフランス語~かわいいフランス語教えます(86)

新しく書いた記事です。

  1. クロード・モネの「睡蓮」がオランジュリー美術館に寄贈されるま…
  2. アメリカ・ラスベガスで起きたアメリカ史上最悪の銃撃事件。
  3. 初心者向け:英語とフランス語の発音で大きく違う5つのポイント…
  4. アリゼ:À cause de l’automne…
  5. このブログの更新の通知を受け取る方法
  6. 美食の祭典(フェット・ド・ラ・ガストロノミー)とは?
  7. 一口サイズがかわいい、ペ・ド・ノンヌの作り方:フランスのお菓…
  8. ヨーロッパ文化遺産の日とはどんな日でしょうか?
  9. 2017年秋季仏検受付開始~仏検関連記事とおすすめサイト
  10. 学校からでてきたら:ジャック・プレヴェールの詩を読んでみた

おすすめのまとめ記事

  1. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2
  2. ハロウィン関連記事の目次
  3. フランス語のニュースの記事のまとめ(3)
  4. 数字の記事のまとめ その1 0から18まで
  5. フランス語入門日記~目次を作りました
  6. クリスマス関連記事の目次 2013年版
  7. 動画教材『不思議の国のFrance』関連記事の 目次
  8. フランス語のニュースの記事のまとめ(4)
  9. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その3(L51~L…
  10. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その1(L1~25…

フランス語の勉強法とか

  1. penのイラスト
  2. 黒板
  3. ペンディクテ中
  4. 星の王子さまの本
  5. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

  1. マリー・ペン・アントワネット

    フランス語脳プロジェクト

    ついに叶った!?マリー・アントワネットになる夢
  2. キャンドル

    時事ニュース

    シャルリ・エブド続報~2つの立てこもりと犯人の射殺
  3. クレーム・ブリュレ

    虎と小鳥のフランス日記

    『アメリ』と歩くモンマルトル その2「虎と小鳥のフランス日記」第37話
  4. アリとキリギリス

    フランスのことわざ

    フランス語のことわざ16~朝(あした)に笑う者は夕べに泣く
  5. 赤くて黒い鳥

    名言

    広く好かれれば好かれるほど、深くは好かれないものだ(スタンダール):名言その18…
PAGE TOP