小麦粉

パッケージのフランス語

小麦粉のラベルのフランス語を読んでみる【第13回】

家にある小麦粉の袋の英語とフランス語を読んでみました。

オールパーパスフラワーという、その名のとおり何にでも使えるごく一般的な小麦粉です。

この呼び方は北米独特だと思います。日本の小麦粉でいうと中力粉ぐらいのグルテンの量でしょうか。

では、袋の文字を読んでいきます。片方に英語、そのうらにフランス語で書かれています。



英語表記

小麦粉

SINCE 1909 創業1909年

Robin Hood メーカーの名前です。

ENRICHED & PRE-SHIFTED  栄養を強化し、事前にふるいをかけてある

ALL PURPOSE 万能タイプ

flour 小麦粉

ORIGINAL オリジナル

フランス語表記

意味は同じなので書きません。

小麦粉

DEPUIS 1909
depuis ~以来
de+puis という成り立ちの前置詞です。
は過去、現在について用いられ、未来については、à partir de, dès などを使います。

Robin Hood

ENRICHIE ET PRÉ-TAMISÉE
enrichie 豊かになった、質の高くなった
enrichir 豊かにする、充実させる、金持ちにする からできた形容詞
pain enrichi 栄養強化パン

pré- 前の、以前の、先の

tamisée < tamiser ふるいにかける

farine 小麦粉 ファリーヌは、最近は日本の商品名などにも使われているでしょうか。

TOUT USAGE 
tout すべての
usage 用途 発音はユザージュ

ORIGINAL オリジナル

補足

PRE-SHIFTEDは先にふるいをかけてあるということです。

通常、お菓子を作るまえに、小麦粉をふるいにかけますが「これをする必要がない」というわけです。

すべての小麦粉は作る段階でシフターでふるいをかけているはずですが、これをさらにしつこくやった小麦粉ってことなのかなと思っています(想像です)。それでも私は習慣でなんとなくふるってしまいます。

ちなみに、粉をふるうと空気がはいってふっくら仕上がると言いますね。私はふつう、粉をボールに入れるとき、ふるいながら投入するので一回しかふるいません。

栄養強化は鉄や、ミネラルが加えてあるようです。



ロビン・フッド・フラワーについて

ロビン・フッド・フラワーは4年前に操業100年をむかえたサスカトゥーンにある会社です。

ホームページはこちら⇒Robin Hood Flour | Recipes, Tips, & Products | Robin Hood®

ホームページに歴史が記載されていましたが、どうしてRobin Hoodという名前にしたのかは書いてありませんでした。

ロビン・フッドは中世のイギリスの伝説的な英雄で、皆に愛されています。

みんなロビン・フッドが大好きだから、彼のように「誰にでも好かれる小麦粉になるように」という願いがこもっているのかもしれません。

「桃太郎印」の小麦粉というニュアンスでしょうか。

「ロビン・フッド」という名前のついた会社、商品、サービスはいっぱいあります。

映画もたくさん作られていますね。そういえば、日本にも「いとしのロビン・フッドさま」という歌がありました。

こちらは最近のロビン・フッド・フラワーのかわいいCMです(英語)。
31秒

こういうのクレイアニメっていうんですかね?すごくよくできていると思います。

このお姉さんと弟のシリーズでいくつかあります。いつもお姉さんが雄弁で弟がほとんどしゃべらないんです。うちもそうでしたので、それもこのCMが好きな理由の一つです。

最近は、趣味でお菓子やパンを作る人でも小麦粉にもこだわる方が多いですね。ごくふつうの主婦でも、どこそこの小麦粉をお取り寄せ、などとブログに書かれています。

社会が豊かになって、メーカーが商品の差別化をしているからでしょう。私が子どものころは、メリケン粉と読んでいました(いつの時代や?)。

フランスでは小麦粉はT45、T55 ~T150などという種類があるようです。以前、クレープの記事を書いたとき、コメントで在仏の方が教えてくれました。






100thおめでとう!第100話!「虎と小鳥のフランス日記」第100話前のページ

パリ・オペラ座バレエ学校の『小さなネズミたち』次のページバレエ

ピックアップ記事

  1. 2021年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。テーマはファッション。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. ジャム

    パッケージのフランス語

    フランス語でジャムは何という?【第25回】

    うちの冷蔵庫にあったジャムの瓶を読んでみます。ジャムのフランス…

  2. ブルーベリーベーグル

    パッケージのフランス語

    ヘルシーでおいしいブルーベリーベーグル【第10回】

    ブルーベリーベーグルの袋を読んでみました。ブルーベリーもベーグ…

  3. トレーシングペーパー

    パッケージのフランス語

    トレーシングペーパーをフランス語で何という?(第18回)

    娘のお絵かきグッズの中からトレーシングペーパーを見つけました。…

  4. 大福

    パッケージのフランス語

    大福はフランス語で何というか? 【第17回】

    うちに大福(もどき)がありましたので、そのパッケージを読みました。…

  5. アイスクリーム

    パッケージのフランス語

    あなたの好きなアイスクリームのフレイバーは? 英仏のラベルを読む(#15)

    きょうは家にあった、アイスクリームの箱の文字を読んでみます。ア…

  6. オーツ麦

    パッケージのフランス語

    【第8回】オーツ麦とハンドクリームの熱い関係

    きょうは愛用のハンドクリーム(ボディローション)のラベルを読んでみまし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. エミリー、本当のパリへ行く:予告編(パロディ)
  2. アルツハイマー病とは何か?~子供向けのやさしい説明
  3. セザンヌと彼が好きだった山、サント・ヴィクトワール山。
  4. Les Mouchoirs blancs(白いハンカチ)Be…
  5. 使い捨てマスクが野生動物たちを殺してしまう。
  6. スーパーで買い物する:ペッパピッグのフランス語(7)
  7. Brexit:安堵と不安を感じる漁師たち。
  8. フランス人が大事にしているガレット・デ・ロワを食べる習慣
  9. 使い終わったツリーはどこに、どうやって捨てるべきか?
  10. 革新的なデザイナー、ピエール・カルダン、98歳で亡くなる。

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 2021年の日めくり
  2. 星の王子さまの本
  3. 黒板

アーカイブ

PAGE TOP