春の花

パッケージのフランス語

エッセンシャルオイルをフランス語で何という? 【第6回】

ザ・ボディショップのアロマオイル(精油ではない)のラベルを読んでみます。

先日読んだビタミン剤のラベルは表記が多くて大変でしたが、きょうのは少ないので簡単です。



英語のラベル

まずは英語表記から。

ホームフレグランスオイル
実物はこんなに大きくありません。全長7センチぐらい。

GREEN TEA & LEMMON  グリーンティ&レモン

この香りの名前です。グリーン・ティは抹茶、緑茶、両方をさしますが、ここではたぶん抹茶です。

香りを説明するのは難しいのですが、レモンの香りから苦さとか酸っぱさをとり、ちょっと甘くしたような感じです。あるいはシトラス系の男性用コロンをもう少し甘くした匂いです。

HOME FRAGRANCE OIL ホームフラグランスオイル

商品名です。「お部屋の芳香オイル」

home は家。fragrance は 芳香剤、香気、香しさ。いい香りのことをいいます。

裏の細かい字によると、レモンオイルと大豆のオイルとベルガモットのオイルがベースだそうです。

ベルガモットはイタリアのイオニア海沿岸でたくさんとれる青いみかんみたいなやつです。アールグレイという紅茶の香りづけに使われています。

フランス語のラベル

次にフランス語行きます。

THE VERT & CITRON

アクサンがないのですが、thé vert で緑茶
citron レモン

HUILE PARFUM D’AMBIANCE

huile parfum 芳香オイル Hを読まないのでユイールパルファン
d’ = de ~の
ambiance 雰囲気、場

ホームフレグランスは一般にparfum de maison ですが、maison という単語を使っていないのは、商品名だからでしょうね。



エッセンシャルオイルについて

記事のタイトルの精油(エッセンシャルオイル)のフランス語ですが、huile essentielle です。 essence végétale とも呼ばれます。

紹介したオイルは「ホームフレグランスオイル」という商品名で、部屋の香りづけに使う化学的に合成されたオイルで、エッセンシャルオイル(精油)とは違います。

私は精油でない香りのオイルはアロマオイルと呼んでいます。

エッセンシャルオイルは植物からとった100パーセント自然のものです。しかしアロマオイルやフレグランスオイル、ポプリオイル等は人工的に作られた物です。自然の成分が混ざっていることもありますが、100パーセント自然なわけではありません。

アロマオイルは化学的に合成された香料が入っているので、たいてい香りがきつく、値段も安い、ということになります。

ですが、精油のことをアロマオイルと言ったり、精油をキャリアオイルで薄めたものをアロマオイルと呼ぶこともありますね。海外で薬として扱われている精油も、日本では雑貨扱いのなので、法の規制がないためどうとでも呼べるようです。

そこで、自分が買おうとしている物が本当の精油なのか、アロマオイルなのか見極める必要があります。

ただの香りづけならアロマオイルでもいいのですが、精油のもつ薬理的な力を使うのであれば、アロマオイルでは用をなしません。

また、精油は濃縮されているので、大変なパワーがあり扱いに気をつける必要があります。肌にじかにつけてもいいのはラベンダーとティートリーオイルのみ。それもごく少量だけです。

オレンジの精油なんて、発泡スチロールを溶かします(実験したことあり)。

体質や持病によって、あわない精油もありますので、気をつけてちゃんと調べてから使いましょう。たいていの場合、量は一滴とか、ほんのちょっぴりでいいですね。

☆アロマオイル関連のフランス語はこちらで集めています⇒香りやアロマに関する言葉:かわいいフランス語教えます(115)

ザ・ボディショップのオイルは私には香りがきついものが多いため、あまり使いません。でも、このグリーンティとレモンはさわやかで好きです。

今は、シャワーをあびるときに、床に少し落として使っています。






ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。

関連記事

  1. ケーキミックス

    パッケージのフランス語

    「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1

    「パッケージのフランス語」の記事の目次を作りました。このシリー…

  2. トライデントガム

    パッケージのフランス語

    【第21回】ガムをフランス語で?

    商品のラベルを読むシリーズ、今回はガムのラベルです。歯医者さんでもらっ…

  3. オーツ麦

    パッケージのフランス語

    【第8回】オーツ麦とハンドクリームの熱い関係

    きょうは愛用のハンドクリーム(ボディローション)のラベルを読んでみまし…

  4. イエローマスタード

    パッケージのフランス語

    【第27回】マスタードをフランス語で?

    うちに転がっている製品の容器や箱のラベルの英語とフランス語を読み比べる…

  5. 大福

    パッケージのフランス語

    大福はフランス語で何というか? 【第17回】

    うちに大福(もどき)がありましたので、そのパッケージを読みました。…

  6. リキッドソープ

    パッケージのフランス語

    食器用洗剤をフランス語で? 製品ラベルを読むシリーズ第7回

    きょうはお皿を洗うときに使う洗剤のラベルを読んでみます。刺激の強い洗剤…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. 連絡:お問い合わせいただいたプッゼさん、返信メールが戻ってき…
  2. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。…
  3. クリスマスはいくつ?(Combien de Noëls ):…
  4. ドラマ、Dix pour cent (10パーセント)の予告…
  5. フランス語で知るハロウインの由来。
  6. ダンスに関係のある単語:かわいいフランス語(129)
  7. 伝説の歌手、シャルル・アズナブール、94歳で亡くなる。
  8. 私のおかしな人生についての歌(Chanson sur ma …
  9. シャネルを物語る5つの色(後編)
  10. 猛暑をフランス語でなんと言う?

おすすめ記事いろいろ

  1. 霧のコルヴィザール~フランソワーズ・アルディ(歌と訳詩)
  2. 映画『ココ・アヴァン・シャネル』の予告編でフランス語を学ぶ
  3. 七五三の由来~なぜ千歳飴は細長いの?
  4. 『みにくいアヒルの子』第10回
  5. インディラの Feuille d’Automne…
  6. 富士山頂の無料Wi-Fiサービスが外国人登山客に人気
  7. 映画:「タイピスト!」Populaire(ポピュレール)予告…
  8. 映画 Le Papillon(パピヨンの贈りもの)予告編のフ…
  9. シンプルだけどおいしいフィナンシエのレシピ:フランスのお菓子…
  10. フランス語の数字【第26回】41 – 50

おすすめのまとめ記事

  1. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その1(概要…
  2. ニュースの記事のまとめ(1)
  3. フランス語のニュースの記事のまとめ(3)
  4. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話
  5. フランス語のことわざ~目次 その3
  6. かわいいフランス語、教えます~目次 その2
  7. フレンチポップスの訳詞をしている記事のまとめ:その5
  8. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
  9. かわいいフランス語、教えます~目次 その4
  10. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. フランス語の日めくり
  3. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP