マヨネーズ(ヘルマンズ)

パッケージのフランス語

【第26回】マヨネーズをフランス語で?

うちの冷蔵庫にあったマヨネーズの容器を読んでみます。

「マヨネーズ」という響きからなんとなく想像がつくように、この言葉は元フランス語(sauce mayonnaise)です。

スペルは mayonnaise

発音はこちら⇒ ▶をクリックすると音声が始まります。

発音もほとんど同じですね。英語のスペルも同じです。今回は楽勝です。



英語

BRING OUT THE BEST 最高の品をお届け

HELLMANN’S ヘルマンズ  これは商標

REAL 本物

MAYONNAISE マヨネーズ

これだけです。
BRING OUT THE BESTの隣に、

登録商標のマーク

と小さく書いてあるのですが、これはREGISTERED ということで、登録商標してある、という意味です。

このマヨネーズの名前が「リアルマヨネーズ」なのです。
ちなみに、15ml 大さじ1杯)で100カロリーです。

フランス語

意味は同じなので書きません。

FAITES RESSORTIR LE MEILLEUR

faire ressortir ~ で ~を明白にする、強調する、ということ

faites < faire ~させる ressortire 生じる この単語は re + sortir で、もともとは「再び出る」という意味です。 le meilleur 最高のもの VRAIE 本物 フランス語のほうはRマークの代わりに、MC とあります。 Marque de commerce の略で、ケベックで使われているマークです。

マヨネーズの起源

マヨネーズは、マヨネーズソースのことで、卵黄とサラダ油とお酢(またはレモン汁)を混ぜて、乳化させたソースです。

なぜ、マヨネーズというのか、諸説ありますが、一番有力なのは以下のもの:

18世紀の半ばごろ、当時、イギリス領だったスペインのメノルカ島という島をフランス軍が攻撃しました。軍を率いていたリシュリュー公爵がマオンという港町のレストランで、このソースに遭遇。

気に入ったので、パリに帰ってから「マオンのソースMahonnaise(マオンネーズ)」としてこのソースをみんなに紹介したそうです。それがMayonnaiseという名前になりました。公爵はレシピを聞いて、再現したのでしょうか? 

では、このマオンのレストランにあったソースはどこから来たのかというと、それ以前にアイオリ(aïoli)ソースの一種として、西ヨーロッパのどこかで生まれたようです。アイオリソースはニンニクと卵黄をオリーブ油とレモン汁を混ぜて作るソースです。

mayonnaise は略して mayo とも呼ばれます。

マヨネーズの作り方

マヨネーズは食べる前に、家でちゃちゃっと作ったほうがおいしいです。

■家庭で作る簡単なマヨネーズの作り方

※YouTubeで見る方はこちらから⇒家庭で作る簡単なマヨネーズの作り方(フランス語)

ボールがぐるぐる回っても気にせず、かきまぜます。
いくつか作っている動画を見てみたのですが、フランスの人はみんなマスタードを入れてました。マスタードが豊富な国だからでしょうね。



ヘルマンズ

 
HELLMANN’S はアメリカやヨーロッパ、オーストラリアやニュージーランドにシェアを持っているマヨネーズメーカーの老鋪です。

1905年にドイツ人のヘルマンという人が奥さんの作ったマヨネーズを売りだしたのが始まりです。

ヘルマンズのマヨネーズは日本のマヨネーズに比べると味がなるいというか、酸味が少ないです。最初はこれになじめなかったのですが、マヨネーズとは違う種類の何か、というふうにパラダイムシフトをしたら、そこそこおいしくいただけるようになりました。

■ヘルマンズのコマーシャル

■フランスではこのマーユというメーカーのマヨネーズが有名だと思います。
マーユのマヨネーズのコマーシャル

■このシリーズの目次はこちらです⇒「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1

いかがでしたか?マヨネーズも国によって、微妙に味わいが違うでしょうね。






ピックアップ記事

  1. 2018年版、フランス語と英語の勉強用カレンダーのご紹介。
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. 小麦粉

    パッケージのフランス語

    小麦粉のラベルのフランス語を読んでみる【第13回】

    家にある小麦粉の袋の英語とフランス語を読んでみました。オールパ…

  2. フエキ動物のり

    パッケージのフランス語

    工作用のりをフランス語で?【第19回】

    パッケージのラベルを読むこのシリーズ、トレーシングペーパーをフランス語…

  3. ブラウニー

    パッケージのフランス語

    【第24回】チョコレートチップブラウニーをフランス語で?

    元旦に家に売りにきたブラウニーの箱の表記を読んでみます。どこかの青少年…

  4. ボディーバター/ピンクグレープフルーツ

    パッケージのフランス語

    ピンクグレープフルーツの香りのボディバターの容器のフランス語【第11回】

    ザ・ボディショップのボディーバターの容器を読んでみました。ピン…

  5. パッケージのフランス語

    ミニドーナツはフランス語で何というか?【第1回】

    いろんな商品の包装に表記されているフランス語を読んでいくシリーズを開始…

  6. ブルーベリーベーグル

    パッケージのフランス語

    ヘルシーでおいしいブルーベリーベーグル【第10回】

    ブルーベリーベーグルの袋を読んでみました。ブルーベリーもベーグ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. ルノーの電気自動車、ZOE(ゾエ):CMのフランス語
  2. イスラム教徒が断食する月、ラマダン(ラマダーン)とは?
  3. ローマ数字の復習。1から100まで読めるようになろう。
  4. ダリダの Le temps des fleurs (花の時代…
  5. フランス人は働くことが好きなのでしょうか?
  6. シリアのドゥーマで何が起こったのか?
  7. 13日の金曜日の迷信、あなたは信じますか?
  8. 動物の名前:かわいいフランス語教えます(125)
  9. Dommage (ドマージュ):ビッグフロー・エ・オリー、歌…
  10. ペッパ・ピッグで学ぶフランス語2:春(エッグハント)の巻、前…

おすすめ記事いろいろ

  1. モン・クール・モナムール~アナイス(歌と訳詞)
  2. フェット・ド・ラ・ミュジーク(音楽祭)の起源
  3. 60年代のアイドル、フランス・ギャル、70歳で亡くなる。
  4. パトリシア・カースのMon mec à moi(モン・メック…
  5. 静かな決意~masausa、penのおまけコーナー【最終回】…
  6. マキシム・ル・フォレスティエのサンフランシスコ(歌と訳詞)
  7. 簡単イースターケーキの作り方:フランスのお菓子(21)
  8. クロック・ムッシュとクロック・マダムの違いは?
  9. フランス革命記念日に起きたニースのトラックテロ事件の象徴する…
  10. L15 フランス人が待ち合わせに使う噴水

おすすめのまとめ記事

  1. フレンチポップスと訳詞の記事のまとめ:その4
  2. かわいいフランス語、教えます~目次 その1
  3. フランス語の名言の記事の目次
  4. フランス語のことわざ~目次 その1
  5. クリスマス関連記事の目次 2013年版
  6. バレンタインデーとチョコレート関連記事の目次
  7. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その3(48…
  8. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話
  9. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
  10. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その2(1課…

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 2018年フランス語日めくりカレンダー
  3. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

  1. 4月の魚

    フランスの暦、年中行事

    4月の魚(フランスのエープリル・フール)の起源
  2. pen、街頭インタビュー

    フランスのことわざ

    紺屋の白袴(こうやのしらばかま):フランス語のことわざ13
  3. クロッカス

    かわいいフランス語

    形容詞 (1)かわいいフランス語教えます~その28
  4. 線路

    フランス語を読む練習

    学校からでてきたら:ジャック・プレヴェールの詩を読んでみた
  5. パリの桜

    虎と小鳥のフランス日記

    真夏に小春日和について考える~「虎と小鳥のフランス日記」第46話
PAGE TOP