トレーシングペーパー

パッケージのフランス語

トレーシングペーパーをフランス語で何という?(第18回)

娘のお絵かきグッズの中からトレーシングペーパーを見つけました。

今回はこの商品の表紙にある英語とフランス語を読んでいきます。

トレーシングペーパーとは?

トレーシングペーパーは薄い半透明の紙です。原図の上に置いて、線をトレースするのに使う紙です。



英語の説明

英語から読んでいきましょう。

トレーシングペーパー

Hilroy これはメーカーの名前

Lightweight transparent paper 軽量の透明の紙
Smooth yet durable surface for clean erasing スムーズだが、丈夫できれいに消せる。

44 sheets 22.9X30.5cm 44枚 

STUDIO これは製品の銘柄

Tracing Paper トレーシングペーパー

紙の重量は重さというより厚みと考えたほうがいいと思います。ライトウェイトとありますが、ダラーストア(100円ショップ)のものとくらべると、厚みがありしっかりしています(その分、高価です)。

サイズが半端なのはもとがインチだからです。この紙の大きさをインチで表すと、9インチ X 12インチです。

長さをインチで表すのは私はいまだにピンと来ません。インチで書かれているものはいつも計算機でメートル法に換算しています。

フランス語の説明

次にフランス語を読んでいきます。意味は同じなので書きません。

Papier léger et transparent
Surface douce mais durable qui s’efface facilement

léger 軽い

douce :douxの女性形 手触りのよい、なめらかな、やわらかな
ほかの例:
なめらかな肌 peau doux
柔らかいマットレス metalas doux

s’efface < s’effacer 消える、消え去る

facilement 簡単に

Feuilles
feuille はミルフィーユ(millefeuille)のフィーユで、葉っぱですが、用紙という意味もあります。

Papier à décalque

papier 紙 パピエ
papierの語源はこちらの記事を見てね⇒クリスマスの単語 その7 クリスマスカード

à ~用の

décalque (カーボン紙、トレーシングペーパーなどによる絵、デッサンの)複写、転写 動詞:décalquer

Hilroyについて

Hilroy はカナダの文具メーカーです。日本でいえばコクヨみたいな感じでしょうか。ただし、この国のメジャーな文具メーカーはここだけです。

1918年、Roy Corson Hillという人がHilroyの前身の会社をおこしました。オフィスは、ふつうの家の二階で、社員は自分を含めて6名でした。

ヒルさんは、社長兼セールスマン、商品の受け渡し係とほぼ何でもやっており、夜な夜な、自分で紙を切っていました。

朝の7時から夜の11時まで全身全霊で働いたおかげで、会社はどんどん大きくなりました。

ホームページはこちらです⇒Hilroy | All the brands you love

サイトでは、ろんな用紙をダウンロードできます。罫線の入ったノートやカレンダーはもちろん、野球のバッティングオーダーとか(書いていてそれが何かわかっていませんが)、ハングマン、五線紙などなど。

ゲームもあり、全体的に学生をターゲットにしたサイトになっています。

今、こういうふうにいろいろダウンロードして自分で印刷できるので便利ですね。

ただし、紙とインクの消費がはんぱではありません。



ここからpenの日記

娘はやたらいろんなものをトレースしていました(写真参照)今は別のことに関心がうつったようですが。

私の住んでいるあたりは学校の夏休みは7月、8月の二ヶ月です。

娘は9月から高校生なので、学校のロッカーにあったいっさいがっさいを持って帰り、すべてが、居間の机やら何やらの上で山をなしています。

過去のノートは2,3年ぐらいはとってあるのですが、あまり見返すことはありません。でもごくまれに、「あれに書いてあるはずの◯◯が見たい」と大騒ぎするので、うっかり捨てていると大変です。

家の中に嵐が吹き荒れます。でも、高校に行けば、中学のノートなどはたぶんもういらないでしょう。

何もかも処分してすっきりしたいところです。

そういう学校用のノートや学用品以外に、うちにはお絵かきグッズやクラフト用品がたくさんあります。

小さいときから、お絵かき、ぬりえ、工作が大好きだったため、娘はその手の用品専用の小さな棚を持っており、もちろんここもケオスと化しています。

これらも整理しなければなりません。掃除の夏になりそうです。






関連記事

  1. ブラウニー

    パッケージのフランス語

    【第24回】チョコレートチップブラウニーをフランス語で?

    元旦に家に売りにきたブラウニーの箱の表記を読んでみます。どこかの青少年…

  2. ゴミ袋

    パッケージのフランス語

    ゴミ袋をフランス語で?【第20回】

    きょうはゴミ袋のパッケージを読みます。黒い可燃ごみ用の袋です。…

  3. トライデントガム

    パッケージのフランス語

    【第21回】ガムをフランス語で?

    商品のラベルを読むシリーズ、今回はガムのラベルです。歯医者さんでもらっ…

  4. リキッドソープ

    パッケージのフランス語

    食器用洗剤をフランス語で? 製品ラベルを読むシリーズ第7回

    きょうはお皿を洗うときに使う洗剤のラベルを読んでみます。刺激の強い洗剤…

  5. 小麦粉

    パッケージのフランス語

    小麦粉のラベルのフランス語を読んでみる【第13回】

    家にある小麦粉の袋の英語とフランス語を読んでみました。オールパ…

  6. ジャムのイラスト

    パッケージのフランス語

    【第25回】ジャムをフランス語で?

    うちの冷蔵庫にあったジャムの瓶を読んでみます。ジャムのフランス…

コメント

    • maukoro
    • 2013年 7月 03日

    今さらながら、なのですが、penさんはフランス在中なんですね。
    いいなあ!うらやましいです。

    そして、フランスにも”100円ショップ”がある、ということですね。
    しかも、ダラーショップと呼ばれているとしたら、、、

    フランス人もどんどん、英語化してきているのかなあ、とおもいました。
    Papier à décalqueな感じで、フランス的な”100円ショップ”を表現してほしかった、
    と個人的には思いますけど、ダラーショップの方がかっこいいのでしょうね。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 7月 03日

      maukoroさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      いや、私は在仏じゃないです。
      これまで在仏だなんて、一言も書いてないのですが、
      なぜかそう思ってる人が多いみたいなんです。不思議ですね?

      カナダ(英語圏)に住んでいるんです。カナダは英語とフランス語が公用語なので
      いろんな商品に両方の言語で表示しなければならないならないので、
      そういう表示を読んでブログにたまに書いています。
      ダラーショップもカナダの100円ショップにあたるものです。

      それから、フランスにはいわゆる100円ショップ(チェーン店)はないそうです。
      フランス語脳プロジェクトの在仏の人に聞いてみました。
      地方にたまに1ユーロのお店があるらしいんですけど。
      それから3ユーロショップというのもあるそうです。

      では、これからもよろしくお願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事いろいろ

  1. 勢いづく中国の映画産業、ハリウッドは中国市場を意識した映画作…
  2. 恋人に捧ぐバラッド:Ballade pour toi(ミッシ…
  3. リ・オ・レ(ライスプディング)の作り方:フランスのお菓子(1…
  4. ステイシー・ケントの「3月の水」(歌と訳詞)
  5. レペットでダンス用の靴を買う~「虎と小鳥のフランス日記」第6…
  6. チョコレートを運ぶ娘~リオタール~18世紀のチョコレート続き…
  7. すごく簡単なりんごケーキの作り方~フランスのお菓子(4)
  8. 7月から9月の言い方~フランスの暦(8)
  9. フランス語の数字【第12回】1(アン)~10(ディス)の復習…
  10. イギリスの欧州連合(EU)離脱はどんな影響をもたらすか?

新しく書いた記事です。

  1. 犬の名前、特に短い名前(2音節)特集:かわいいフランス語教え…
  2. 8月13日は左利きの日。なぜ左利きの人がいるのか?
  3. 家庭で作る簡単アイスクリーム4種:フランスのお菓子(26)
  4. シャーベットができるまで。カルカソンヌのアイスクリーム工場ル…
  5. 趣味に関する単語:かわいいフランス語教えます(117)
  6. パリのエッフェル塔の楽しみ方。
  7. フリーダ・ボッカラ、Cent mille chansons …
  8. 第二次世界大戦で起きた奇跡の救出作戦、「ダンケルクの戦い」と…
  9. アラン・ドロンのダーバンのCMでフランス語を学ぶ。
  10. エモーティコン(絵文字)は言葉の世界を変えるか?

おすすめのまとめ記事

  1. フレンチポップスと訳詞の記事のまとめ:その4
  2. 数字の記事のまとめ その1 0から18まで
  3. 猫に関連する記事の目次~猫好きさんに捧ぐ
  4. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3
  5. かわいいフランス語、教えます~目次 その3
  6. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…
  7. 動画教材『不思議の国のFrance』関連記事の 目次
  8. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(4)
  9. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2
  10. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その1

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. 星の王子さまの本
  3. 黒板
  4. penのイラスト
  5. ペンディクテ中

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

  1. 緑の葉っぱ

    虎と小鳥のフランス日記

    復興への願いをこめて~バイオリンと『雨ニモマケズ』
  2. 色見本

    フランス語の語彙

    2014年春夏のトレンド・カラー~その2
  3. pen 安来節

    フランスのことわざ

    フランス語のことわざ63~ささいな恥はすぐに忘れ去られる
  4. ファール・ブルトン

    百合のFranceウォッチング

    L47 ブルターニュ名物~海の幸、ゲランドの塩、ガレットブルトンヌ(お菓子)
  5. フランス国立図書館

    虎と小鳥のフランス日記

    フランソワ・ミッテラン図書館(BFM)~「虎と小鳥のフランス日記」第55話
PAGE TOP