化粧品

フランスにまつわるあれこれ

フランスのお土産におすすめ:イヴ・ロシェのコスメ

フランスの化粧品のメーカー、イヴ・ロシェについて調べてみました。



イブロシェはフランスのオーガニックコスメ

日本には店舗がありませんので、まず知られていないです。実は、北米に進出していますが、ここでもそんなに有名というわけではありません。

2017/04/09追記:いつのまにかアマゾンで扱われるようになったみたいです。

フランスやヨーロッパではものすごく有名なメーカーです。

こちらは2017年のCMです。

フランスのホームページはこちら⇒Yves Rocher : découvrez tous nos produits de beauté en vente en ligne. Maquillage, parfums, soins du corps, soins du visage pour femme, pour homme et enfant.

Storelocator, Yves Rocher ::を見て、ざっと数えたところ世界60カ国に進出しています。

アメリカ大陸は、USA,カナダ、メキシコ、ヨーロッパほぼ全域、アジアでは中国や東南アジア、インドやトルコ。世界に1500店舗あるそうです。また、オンラインでも購入できます。

アメリカの経済誌フォーブスのサイトの2013年初めの記事によると、フランスではロレアルについで、マーケットシェアが第2位とのこと⇒France’s Cosmetics King, Age 34, Leads Family Behind Yves Rocher To Billion Dollar Fortune

フランス女性の3人に1人がこのメーカーの商品を使っていると言えそうです。

ホームページにはNo.1と書いてあるけれど・・・まあとにかく有名なコスメブランドです。

特徴は自然派であるということと値段もそんなに高くないことです。

イブロシェのホームページから化粧品の名前をピックアップ

たくさんの種類の商品を扱っています。

ホームページから製品の種類を読んでみました。

soins visage フェイシャル

maquillage メイクアップ

parfums 香水

corps & solaires ボディ用、日焼け止め

minceur スリミング

cheveux ヘアケア

bains & douches バス&シャワー

hommes 男性用

nutrition & bien-être 栄養と健康(サプリなど)

化粧品会社が扱いそうなものすべてを網羅していますね。

かの有名なプチ・バトーという衣料品ブランドを初め、いくつかのブランドもこの会社が持っています。

化粧品のフランス語はこちらでも集めています⇒かわいいフランス語教えます~その45 化粧品



イブロシェの歴史

社名の「イヴ・ロシェ」はこの会社の創業者である Yves Rocher氏(1945–2009)の名前からとられました。

1958年、13歳のイヴさんはブルターニュのモルビアン県、ラ・ガシリーLa Gacilly という村に住んでいました。

お父さんが早く亡くなったので、お母さんを手伝って、家の商売(テキスタイルを扱っていたそうです)を一緒にやっていたのです。

イヴさんは知人から薬草の療法を教えてもらい、地元に咲いているキンポウゲの一種をまぜた塗り薬を通信販売することを思いつきます。そして1959年、会社を設立。

バルカンキンポウゲというユーラシア大陸に咲く種類を使ったそうです。黄色い花が可憐です。そして、なんとこの花、葉っぱがハート型です。

キンポウゲ
Ramin Nakisa @Lesser celandine – Wikipedia, the free encyclopedia

現在は創業者の孫のまだ30代半ばのBris(ブリスだと思う)という人が経営。この一族が会社の株の96パーセントを持っています。

ちなみに、Brisのお父さんは、彼がまだ10代のときに、銃で事故死なのか自殺なのかよくわからない謎の死を遂げました。

このメーカーは今もラ・ガシリーの工場でほとんどの製品を作っています。つまりメイド・イン・フランスなのです。

トラベル用の小さなセット、かわいいコフレ、エコバッグなどもあるので、自然派のコスメ、イヴ・ロシェの製品は、フランスのお土産におすすめです。

ただし相手がイヴ・ロシェを知らないとロクシタンのほうがよかった、などと言われるかもしれません。






ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. La famille du duc de Penthièvre

    フランスにまつわるあれこれ

    マリー・アントワネットと18世紀のチョコレート

    マリー・アントワネットが愛好したチョコレートドリンクについて調べてみま…

  2. エッフェル塔のイラスト

    フランスにまつわるあれこれ

    パリの20の行政区~第4回~グランパリ計画

    パリの行政区めぐり、第4回です。前回は、なぜ、パリの区の番号が…

  3. 赤いばら

    フランスにまつわるあれこれ

    「ベルサイユのばら」の新作が週刊マーガレット創刊50周年記念号に

    70年代に連載されて一大ブームを巻き起こしたまんが「ベルサイユのばら」…

  4. ボンジュールと書かれたドア

    フランスにまつわるあれこれ

    どうしてフランス語はフランス以外の場所でも使われているのか?

    なぜ世界にはフランコフォニー(francophonie、フランス語圏)…

  5. カンヌ

    時事ニュース

    カンヌ国際映画祭にまつわる数字~期間中の市の人口は?

    カンヌ国際映画祭のニュースを子ども新聞から読んでみました。映画祭にまつ…

  6. 昔の教室

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. 連絡:お問い合わせいただいたプッゼさん、返信メールが戻ってき…
  2. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。…
  3. クリスマスはいくつ?(Combien de Noëls ):…
  4. ドラマ、Dix pour cent (10パーセント)の予告…
  5. フランス語で知るハロウインの由来。
  6. ダンスに関係のある単語:かわいいフランス語(129)
  7. 伝説の歌手、シャルル・アズナブール、94歳で亡くなる。
  8. 私のおかしな人生についての歌(Chanson sur ma …
  9. シャネルを物語る5つの色(後編)
  10. 猛暑をフランス語でなんと言う?

おすすめ記事いろいろ

  1. かわいいフランス語教えます~その45 化粧品
  2. 0から1000億の位までの復習~大きな数字の読み方のコツ:フ…
  3. 公園にある物~かわいいフランス語教えます(92)
  4. クリスマスの単語 その5 ビュッシュ・ド・ノエル
  5. 先祖伝来の宝~masausa、penのおまけコーナー【第4回…
  6. さじを投げてはダメ!フランス語のことわざ29
  7. オーストラリアのシドニー近辺、強風と集中豪雨に襲われ3人死亡…
  8. 『最強のふたり』(3): 逃げ出したいと思わないか?
  9. L51 ザーズ(Zaz)がお気に入り
  10. 「銃を打つ」という単語を覚えた日~第14回

おすすめのまとめ記事

  1. フランス語入門日記~目次を作りました
  2. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…
  3. かわいいフランス語、教えます~目次 その2
  4. masausaさんのカレンダー収録曲の記事の目次
  5. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その3(L51~L…
  6. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
  7. 猫に関連する記事の目次~猫好きさんに捧ぐ
  8. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(4)
  9. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで
  10. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その1(概要…

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. フランス語の日めくり
  3. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP