セーヌ川

虎と小鳥のフランス日記

セーヌ川沿いのダンス「虎と小鳥のフランス日記」第113話

お盆休みも終わり、また「虎と小鳥のフランス日記」の配信が始まりました。きょうは第113話を見て勉強しましたよ。

今回は今の時期にぴったり。セーヌ川がたくさん出てきます。それと川沿いの美しい夜も。

久しぶりにサンプルビデオもアップされていました。セリフは入っていないのですが、川の風物がいろいろ見られます。特に橋の下なんて、実際に行かないことには見られないのではないかと思います。

ぜひごらんください。
39秒

★2015/01/24追記
「虎と小鳥のフランス日記」の配信が終了したため、サンプル動画も削除されました。あしからずご了承ください。

今回は、アントワーヌのナレーションの回でした。ナレーションのときは、ふつうの会話より聞き取りやすいです。また、短かったのでディクテ用教材にむいてます。

私もディクテしてみました。一箇所、壊滅的に書けなかった箇所が、今回のキーフレーズその1です。



作文に使える3つのキーフレーズ

その1 
パリのように、そこまで緑が多くない街では、

セーヌ川

Dans une ville comme Paris, où les espaces verts ne sont pas si nombreux que ça.

その2
そして、サルサ、ロック、タンゴ、民族ダンスなどあらゆる種類のダンスがあります。

ダンスフェスティバル

Et il y en a pour tous les goûts: salsa, rock, tango, danses folkloriques…

その3
忘れられない経験です←この経験は忘れられない

ダンスフェスティバル

…l’expérience est inoubliable.

キーフレーズの文法解説

1. où les espaces verts ne sont pas si nombreux que ça.

où は関係代名詞で、ここから続く文章が、前のParisを説明しています。

les espaces verts ne sont pas si nombreux que ça
これは比較の文の否定形
ふつうの文にしてみると
「緑がそれ(ça)と同じくらい多い」
これを否定に

「緑はそれほど多くない」

「緑はそこまで多くない」

çaは特に何かをさしているわけではありません。日本語でいう「きょうはそれほど暑くない」の「それ」と同じような使い方です。

2. il y en a pour tous les goûts
(あらゆる趣味の人のための音楽があります。)

enが登場しました。

実は、この文の前に、la musique et le rythme imposent leur loi (音楽とリズムがその場を支配します)という箇所があり、enはこの「音楽やリズム」をさします。

enについてはこちらを⇒「まいにちフランス語」29:L51 中性代名詞 en と y

文中の « :(deux points) » は「たとえば」という意味で、あとにいろんな音楽の例が続いています。

単語メモ

espace vert 緑の空間(緑地)

si とても、それほど

nombreux 多い

inoubliable 忘れられない(ほど素晴らしい)

in(否定する接頭辞)+oublier(忘れる)

どれも作文に使うと映えそうな表現ですね。

セーヌ川沿いでのダンス Paris Danses en Seine

今回のエピソードでは、セーヌ川沿いでやっているダンス・フェスティバルを映していました。

セーヌ河沿い
このように、踊るスペースがあります。

夏場に各地で行われる野外フェスティバルの一種ですね。

踊り好きな人が集って自由に踊るフェスティバルです。盆踊りみたいなもんでしょうか?

解説によりますと、ふだんはクールなパリジャンも、夏のこういったフェスティバルの場では、ラテン気質全開ということです。



セーヌ川の楽しみ方3つ

夏のセーヌ川ぞいではダンスだけでなく、ほかにも、楽しむ方法があります。

今回のビデオの最初のほうで3つ、紹介されていまいた。

…les quais sont un endroit idéal pour
河岸はこんなことをするのに最適です

1.respirer
ほっと一息つく

セーヌ川

2.se promener tranquillement
静かに散歩する

セーヌ川沿い

3.admirer les paysages
風景を楽しむ

セーヌ川沿い

どれもまったくコストがかかりませんね~。

これもセーヌ川が美しいままでいてくれるからですね。

今回、川が好きな私には、とても楽しかったです。あなたも、少しは涼しくなったでしょうか?

それでは、次回の「虎と小鳥のフランス日記」をお楽しみに。






ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。

関連記事

  1. サント・ジュヌヴィエーヴの丘

    虎と小鳥のフランス日記

    サント・ジュヌヴィエーヴの丘「虎と小鳥のフランス日記」第4話

    毎週1つずつ見ている「虎と小鳥のフランス日記」のエピソード、きょうは第…

  2. バルザックの彫像

    虎と小鳥のフランス日記

    「虎と小鳥のフランス日記」第26話 バルザックの家 その1

    毎週土曜日に届くフランス語の教材「虎と小鳥のフランス日記」ですが、最新…

  3. パリ

    虎と小鳥のフランス日記

    フランス語で「ブロンズになる」とは~「虎と小鳥のフランス日記」第46話

    先週にひきつづき、虎と小鳥のフランス日記のバックナンバー、第46話を学…

  4. マルシェグルネル

    虎と小鳥のフランス日記

    理想的な日曜日・その3~「虎と小鳥のフランス日記」第61話

    きょうは「虎と小鳥のフランス日記」の第61話を復習しました。受…

  5. コーヒー豆

    虎と小鳥のフランス日記

    ムフタール通りのマルシェ「虎と小鳥のフランス日記」第5話

    虎と小鳥のフランス日記のバック・ナンバー、今週は第5話です。こ…

  6. サンマルタン運河のカミーユ

    虎と小鳥のフランス日記

    カミーユとアントワーヌのパリ再発見~「虎と小鳥のフランス日記」第140話

    「虎と小鳥のフランス日記」最新エピソード、第140話の受講メモです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. レオナルド・ダ・ヴィンチ、天才のひらめき
  2. 8月13日は左利きの日。なぜ左利きの人がいるのか?
  3. ベーキング・お菓子作りに関係のある言葉:かわいいフランス語教…
  4. ムッシュ・アンリと私の秘密:予告編のフランス語
  5. アルフォンス・ミュシャ、ベル・エポックのイコン。
  6. ガレット・ブルトンヌ(厚焼きクッキー)の作り方:フランスのお…
  7. Pupille(後見人のいる孤児):予告編のフランス語
  8. そこへ行くために(Pour en arriver là):ダ…
  9. なぜプラスチックのストローの使用が禁止されるのか?
  10. アクサン・シルコンフレックスになじんで語彙を増やそう。

おすすめ記事いろいろ

  1. シンプルだけどおいしいフィナンシエのレシピ:フランスのお菓子…
  2. 原爆投下から70年、広島の平和祈念式典のニュース~2度と繰り…
  3. 初公開~私の名詞の性別例外ノート
  4. ジャン・ギャバンとミッシェル・モルガン~「霧の波止場」
  5. モン・クール・モナムール~アナイス(歌と訳詞)
  6. 『100歳の少年と12通の手紙』(後編)~予告編のフランス語…
  7. お便り紹介:読者の皆さま、今年も読んでいただき、ありがとうご…
  8. 分数~フランス語の数字【第50回】
  9. 序数(1)~フランス語の数字【第42回】
  10. みんなめがねをかけている~アルフレッド・ド・ミュッセ(名言そ…

おすすめのまとめ記事

  1. かわいいフランス語、教えます~目次 その1
  2. フランス映画の予告編の記事のまとめ
  3. 『タイトルのフランス語』の記事の目次
  4. フレンチポップスと訳詞の記事のまとめ:その4
  5. バレンタインデーとチョコレート関連記事の目次
  6. フランス語のことわざ~目次 その3
  7. かわいいフランス語、教えます~目次 その2
  8. 翻訳者養成講座関連記事の目次
  9. フランス語の名言の記事の目次
  10. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(4)

フランス語の勉強法とか

  1. フランス語の日めくり
  2. 星の王子さまの本
  3. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP