セーヌ川

虎と小鳥のフランス日記

セーヌ川沿いのダンス「虎と小鳥のフランス日記」第113話

お盆休みも終わり、また「虎と小鳥のフランス日記」の配信が始まりました。きょうは第113話を見て勉強しましたよ。

今回は今の時期にぴったり。セーヌ川がたくさん出てきます。それと川沿いの美しい夜も。

久しぶりにサンプルビデオもアップされていました。セリフは入っていないのですが、川の風物がいろいろ見られます。特に橋の下なんて、実際に行かないことには見られないのではないかと思います。

ぜひごらんください。
39秒

★2015/01/24追記
「虎と小鳥のフランス日記」の配信が終了したため、サンプル動画も削除されました。あしからずご了承ください。

今回は、アントワーヌのナレーションの回でした。ナレーションのときは、ふつうの会話より聞き取りやすいです。また、短かったのでディクテ用教材にむいてます。

私もディクテしてみました。一箇所、壊滅的に書けなかった箇所が、今回のキーフレーズその1です。



作文に使える3つのキーフレーズ

その1 
パリのように、そこまで緑が多くない街では、

セーヌ川

Dans une ville comme Paris, où les espaces verts ne sont pas si nombreux que ça.

その2
そして、サルサ、ロック、タンゴ、民族ダンスなどあらゆる種類のダンスがあります。

ダンスフェスティバル

Et il y en a pour tous les goûts: salsa, rock, tango, danses folkloriques…

その3
忘れられない経験です←この経験は忘れられない

ダンスフェスティバル

…l’expérience est inoubliable.

キーフレーズの文法解説

1. où les espaces verts ne sont pas si nombreux que ça.

où は関係代名詞で、ここから続く文章が、前のParisを説明しています。

les espaces verts ne sont pas si nombreux que ça
これは比較の文の否定形
ふつうの文にしてみると
「緑がそれ(ça)と同じくらい多い」
これを否定に

「緑はそれほど多くない」

「緑はそこまで多くない」

çaは特に何かをさしているわけではありません。日本語でいう「きょうはそれほど暑くない」の「それ」と同じような使い方です。

2. il y en a pour tous les goûts
(あらゆる趣味の人のための音楽があります。)

enが登場しました。

実は、この文の前に、la musique et le rythme imposent leur loi (音楽とリズムがその場を支配します)という箇所があり、enはこの「音楽やリズム」をさします。

enについてはこちらを⇒「まいにちフランス語」29:L51 中性代名詞 en と y

文中の « :(deux points) » は「たとえば」という意味で、あとにいろんな音楽の例が続いています。

単語メモ

espace vert 緑の空間(緑地)

si とても、それほど

nombreux 多い

inoubliable 忘れられない(ほど素晴らしい)

in(否定する接頭辞)+oublier(忘れる)

どれも作文に使うと映えそうな表現ですね。

セーヌ川沿いでのダンス Paris Danses en Seine

今回のエピソードでは、セーヌ川沿いでやっているダンス・フェスティバルを映していました。

セーヌ河沿い
このように、踊るスペースがあります。

夏場に各地で行われる野外フェスティバルの一種ですね。

踊り好きな人が集って自由に踊るフェスティバルです。盆踊りみたいなもんでしょうか?

解説によりますと、ふだんはクールなパリジャンも、夏のこういったフェスティバルの場では、ラテン気質全開ということです。



セーヌ川の楽しみ方3つ

夏のセーヌ川ぞいではダンスだけでなく、ほかにも、楽しむ方法があります。

今回のビデオの最初のほうで3つ、紹介されていまいた。

…les quais sont un endroit idéal pour
河岸はこんなことをするのに最適です

1.respirer
ほっと一息つく

セーヌ川

2.se promener tranquillement
静かに散歩する

セーヌ川沿い

3.admirer les paysages
風景を楽しむ

セーヌ川沿い

どれもまったくコストがかかりませんね~。

これもセーヌ川が美しいままでいてくれるからですね。

今回、川が好きな私には、とても楽しかったです。あなたも、少しは涼しくなったでしょうか?

それでは、次回の「虎と小鳥のフランス日記」をお楽しみに。






ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。

関連記事

  1. パリの田舎町

    虎と小鳥のフランス日記

    「虎と小鳥のフランス日記」vol.3 第51話~第75話

    「虎と小鳥のフランス日記」の3つのキーフレーズを書いた記事へのリンクそ…

  2. ロマン

    虎と小鳥のフランス日記

    フランスの舞台関係者の不定期労働~「虎と小鳥のフランス日記」第155話

    「虎と小鳥」の最新号の受講メモです。今週は全編、インタビューで…

  3. カミーユ@レコーディングスタジオ

    虎と小鳥のフランス日記

    TIPAのアルバム収録@モントルイユ~「虎と小鳥のフランス日記」第144話

    今週の「虎と小鳥のフランス日記」は今年の8月に発売予定のTIPA(ティ…

  4. La famille du duc de Penthièvre

    フランスにまつわるあれこれ

    マリー・アントワネットと18世紀のチョコレート

    マリー・アントワネットが愛好したチョコレートドリンクについて調べてみま…

  5. サント・ジュヌヴィエーヴの丘

    虎と小鳥のフランス日記

    サント・ジュヌヴィエーヴの丘「虎と小鳥のフランス日記」第4話

    毎週1つずつ見ている「虎と小鳥のフランス日記」のエピソード、きょうは第…

  6. マルシェ・デ・ザンファン・ルージュ

    虎と小鳥のフランス日記

    2014年 夏の思い出話~虎と小鳥のフランス日記第167話

    今週の「虎と小鳥のフランス日記」はカミーユが友だちとお茶を飲みながら、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新しく書いた記事です。

  1. サルバトール・ムンディ(ダ・ヴィンチ、最後の作品)の謎
  2. マルディグラ(カーニバル)の起源とお祝いの仕方(2020年版…
  3. カーニバルはいつ始まったのか?
  4. 冬に関係のある単語:かわいいフランス語教えます(141)
  5. Saint Valentin (ヴァレンタインデー):Zaz…
  6. パルミエの作り方:フランスのお菓子39
  7. 日本語由来のフランス語
  8. 2月2日のシャンドルールにクレープを食べる3つの理由。
  9. Les filles d’aujourdR…
  10. 中国の新年の祝い方。

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事いろいろ

  1. 水林章先生の「メロディ」~翻訳講座第11回前半
  2. 2013年春夏ファッションのトレンドその1~和柄
  3. 私がお酒を飲む理由~フランソワーズ・サガン(名言その13)
  4. 月の花:フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)
  5. フランス語のことわざ46~不幸は1つでは済まない
  6. エリザベス女王2世が在位最長記録更新、記念コイン発売へ
  7. かわいいフランス語、教えます~その1自然篇
  8. ヌーヴェルヴァーグの代表作、大人は判ってくれない:フランス映…
  9. かわいいフランス語教えます~その16 花言葉【第1回】
  10. 『屋根裏部屋のマリアたち』(2):映画の予告編

おすすめのまとめ記事

  1. フランス語の名言の記事の目次
  2. フランス語のことわざ~目次 その1
  3. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(2)
  4. フランス語のCMの記事のまとめ。ディクテに最適。
  5. フランス語入門日記~目次を作りました
  6. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その2(1課…
  7. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その3
  8. フレンチポップスの訳詞をしている記事のまとめ:その5
  9. かわいいフランス語 目次 その5:ネーミングの参考に
  10. 猫に関連する記事の目次~猫好きさんに捧ぐ

フランス語の勉強法とか

  1. 日めくりとpen
  2. 黒板
  3. 星の王子さまの本

スポンサーリンク



お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP