ヴェルサイユにある彫像

フランス映画・テレビ・動画

映画『マリー・アントワネットに別れをつげて』予告編のフランス語~後編

マリー・アントワネットに別れをつげて』の予告編のフランス語。きょうは後編です。マリーアントワネットが出てくる映画では、たぶんいちばん新しいものですね。



スクリプトと和訳

まず予告編をごらんください。これはアメリカむけ予告編なので、英語の字幕が入っています。

56秒から最後まで。

Vous connaissez pas la nouvelle ?
Le peuple a pris la Bastille.
La Bastille ?

知らせをお聞きになりましたか?
バスティーユが陥落しました(←人々がばスティーユを取りました)。
バスティーユが?

Plus rien ne tourne rond dans ce château.
Mais que va-t-il nous arriver, Monsieur Moreau ?

もうこの城では誰も踊りますまい。
でも、私たちはどうなるのですか、モローさん?

Voilà ce qui circule librement au château.
Liste des 286 têtes qu’il faut couper.

城で、出回っているものです。
ギロチンにかけられる286人の名前です。

Mais qu’allez-vous faire ?
Je resterai auprès de la reine tant qu’il le faudra.

あなたは、どうするのですか?
王妃が望むかぎり、おそばにとどまります。

J’ai peur pour elle.
Refusez ce que la reine va vous demander.
Je ne peux rien refuser à la Reine.

王妃のことが心配だわ。
王妃にたのまれたことは断らなければ・・。
王妃にさからうなんてできないわ。

単語メモ

auprès de ~のすぐ近くに

tant que + 直接法 ~する間は、する限り
彼がいる間は、すべてうまくいくだろう。
Tant qu’il sera là, tout ira bien.

映画の説明は前編で⇒映画『マリー・アントワネットに別れをつげて』予告編のフランス語~前編

きょうの豆知識その1:バスティーユ

バスティーユは14世紀に要塞として作られましたが、17世紀にリシュリューという宰相(さいしょう)が、おもに国事犯の牢獄にしました。

バスティーユ 1715年
1715年のバスティーユ(奥の建物)の絵

そのうち、国王が自由に逮捕状を発行し、政治犯や宗教犯など、当時の政治上、王政にとって不都合なことをする人をどんどんここへ送り込みました。

1789年7月14日、パリ市民が、国王の権力の象徴であったこの場所を襲撃。市民の手に。

国王のルイ16世やマリー・アントワネットはギロチンで処刑されました。

現在のバスティーユには、7月革命記念碑が建っています。



きょうの豆知識その2:レア・セドゥ

主演のレア・セドゥ(Léa Seydoux)(1985年生まれ。28歳)は最近人気の、フランスの若手女優です。

●出世作 2008年「美しい人」これでセザール賞に初めてノミネート
La belle personne 予告編

●代表作 
今年、2013年のカンヌ映画祭でパルムドールを獲得した「アデルの人生(La vie d’Adele)」2012年

レア・セドゥは20歳ぐらいから映画に出ていますが、日本では公開されていないものが多く、それほど知られてないかもしれません。

アメリカ映画にもちょこちょこ出ています。たとえば、アメリのオドレイ・トトゥ(1978-)は英語が苦手で、あまり英語圏の映画には出ないのです。レアはその点、大丈夫らしく、プラダの香水のCMで英語をしゃべっています。

また、有名カメラマンの被写体にもよくなっています。スタイルいいですからね~。ちょっとしもぶくれの顔も可愛いですね。

美人すぎないので、いろんな役どころができるんでしょうね。これからますます活躍して、国際的なスターになるかもしれません。

レア・セドゥが主演した映画はこちらでも紹介⇒「美女と野獣」(2014)予告編のフランス語

「アデルの人生」はティーンエイジャーの女の子同士の恋愛がテーマ。レア・セドゥはエマ(青い髪のほう)の役です。もうひとりがアデル。

原作はジュリー・マロウ(Julie Maroh)が描いたバンデシネ(Bande dessinée、BD)の、Le bleu est une couleur chaude(青は熱い色)。

作者のサイトで抜粋など見ることができます
Les coeurs exacerbés

この作品は英語では Graphic Novel と呼ばれているのですが、漫画というより、文学的な劇画という感じでしょうか? フランスではバンデシネは 9番目の芸術(neuvième art)に指定されています。

バンデシネ(Bande dessinée)は実際の発音は ボンデシネ に近いです。「盆ですね?」と覚えましょう。






ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。

関連記事

  1. ウエディングケーキ

    フランス映画・テレビ・動画

    ヴェルヌイユ家の結婚狂騒曲(2)~予告編のフランス語

    「ヴェルヌイユ家の結婚狂騒曲」というフランス映画の予告編のスクリプトを…

  2. 娘と母親

    フランス映画・テレビ・動画

    Maman a tort (ママは間違っている):予告編のフランス語

    映画の予告編を使って、フランス語になじむシリーズ。今回は、20…

  3. マリー・アントワネット

    フランス映画・テレビ・動画

    映画『マリー・アントワネットに別れをつげて』予告編のフランス語~前編

    『マリー・アントワネットに別れをつげて』という映画の予告編を勉強しまし…

  4. サンタクロース

    フランスの暦、年中行事

    サンタクロースがやってきた:ペッパピッグで学ぶフランス語(3)

    おしゃまな豚の女の子が主人公のかわいいアニメ、ペッパピッグで学ぶフラン…

  5. 教室

    フランス映画・テレビ・動画

    学級崩壊したクラスに赴任した歴史の先生はどうしたか?:Les Heritiersの予告編のフランス語…

    フランス映画の予告編のスクリプトでフランス語を学習するシリーズ。今週か…

  6. 家の前のブランコ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. ジンジャーマンクッキー(パンデピス)の作り方:フランスのお菓…
  2. 12月1日は世界エイズデー。AIDSに関する理解を深めよう。…
  3. フランスのあいさつ、ビズはどうやるのか?
  4. ディリリとパリの時間旅行:予告編のフランス語。
  5. なぜボジョレー・ヌーヴォーは人気があるのか?
  6. 11月19日は世界トイレの日。
  7. 月の花:フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)
  8. 1918年の11月11日に起きたこと。
  9. サンジェルマン・デ・プレの歴史と名所
  10. いろいろな箱やケース:かわいいフランス語教えます(140)

おすすめ記事いろいろ

  1. フランスの電力と電気料金事情
  2. フランス語学習で大切な3つのPとは?
  3. パリのエッフェル塔の楽しみ方。
  4. Toi + Moi(トワプリュスモア)グレゴワール:歌と訳詞…
  5. 序数(4)~フランス語の数字【第45回】
  6. それってやばくない?~ベルラン(逆さ言葉)について
  7. ジャン・ギャバンとミッシェル・モルガン~「霧の波止場」
  8. ガレット・デ・ロワの歴史と作り方~フランスのお菓子(3)
  9. 歌と訳詞:『水夫、友だち、恋人、または夫』 Marins, …
  10. ハロウィンにまつわる単語 その1

おすすめのまとめ記事

  1. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3
  2. ニュースの記事のまとめ(2)
  3. かわいいフランス語、教えます~目次 その1
  4. かわいいフランス語、教えます~目次 その3
  5. かわいいフランス語、教えます~目次 その4
  6. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その1
  7. フレンチポップスと訳詞の記事のまとめ:その4
  8. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話
  9. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(1)
  10. 『タイトルのフランス語』の記事の目次

フランス語の勉強法とか

  1. フランス語の日めくり
  2. 黒板
  3. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP